札幌オオドオリ大学

  1. Home
  2. ドリ大について
  3. 参加方法
  4. 授業・レポート
  5. 先生
  6. キャンパスガイド
  7. 支援サポーター

運営メンバー紹介

猪熊 梨恵 Inokuma Rie  札幌オオドオリ大学 学長

1985年、札幌生まれ。
札幌市立高等専門学校 インダストリアルデザイン学科 建築デザインコースを卒業後、同校、専攻科に入学。2008年春・修了。
学生の頃から、狸小路をステージとした移動型アートパフォーマンス”コン・プラ”をはじめ、北海道内の学生作品展”STEP”の初代実行委員として活動。
また、専攻科在学中にヘルパー2級を取得し、1年間休学しグループホームでヘルパーとして”介護”を体験する。
卒業後、2008年春から株式会社インプロバイドに所属し、ライジングサンロックフェスティバルキッズエリアのディレクションを2年間担当。他、ワークショップやトークショーのディレクションを手がける。
”クリエイターと企業をつなげる”ウェブマガジンmosslink・age(モスリンケージ)を担当し、企業や札幌のクリエイターへのインタビュー情報を配信。
2009年9月に退社後、札幌オオドオリ大学 学長として奮闘中。

服部 彰治 Hattori Shoji

1970年東京生まれ。世田谷区瀬田で育ち、大学から北海道に。北海道東海大学芸術工学部建築学科(旭川校舎)出身で、平成 7年よりCIS計画研究所にて景観計画、屋外広告物条例の策定などに携わる。
その後平成11年からC.S.P.T地域計画機構主任研究員として、札幌市はじめ各市町村の中心市街地活性化やまちづくりに従事。
2007年5月に退社し、大通地区まちづくり協議会専任マネージャーとして、大通地区のまちづくり活動に専従する。狸小路で実施したチャレンジショップ事業、市民参加型の取り組みを展開する札幌都心にぎわいづくり事業、さっぽろシャワー通りのリニューアルコーディネートなど大通地区の大小に係るまちづくりを実施。
現在は、札幌大通まちづくり株式会社取締役統括部長、中心市街地商業活性化アドバイザー(協議会)、札幌中心部商店街活性化協議会アドバイザー、green bird sapporoチームリーダー。

佐々木 信 Sasaki Shin 札幌オオドオリ大学 企画

1974年北海道生まれ。2004年3KGを設立。国内外を問わずブランディングおよび、印刷・ウェブ・映像のディレクションやデザインを手がける。AIR DOのイメージキャラクターや札幌市交通局のICカード「SAPICA」のデザインを担当。2004年にアメリカで放送開始されたテレビアニメシリーズ「Hi Hi Puffy AmiYumi」ではスタート時の番組宣伝の制作を手がけた。
2007年、ロングライフな商品を扱うデザインセレクトショップD&DEPARTMENT PROJECTの考えに賛同し、フランチャイズ第一号店となる札幌店をオープン。ショップ、カフェ、イベントスペース、デザイン会社が同居するビルを運営しながら、デザインについて考え、実験、実践するデザイン活動を行っている。
2008年銀座松屋で開催された「デザイン物産展ニッポン」では、会場で提供されたiPod touchによるガイダンスを制作。
2009年、日本をデザインの視点で旅するためのガイドブック『d design travel』の創刊に携わる。

小林 元 Kobayashi Hajime

1983年北海道札幌生まれ。2007年7月にIMPROVIDE Co.,Ltd設立。 ウェブ・グラフィックを軸に企業やNPO、団体個人問わずコミュニケーション活動をデザインする。
2009年より札幌オオドオリ大学授業コーディネーター。2011年より札幌市立大学非常勤講師。
2012年より北海道月形町のNPO法人サトニクラス理事。

松本 宏美 Matsumoto Hiromi  札幌オオドオリ大学 授業コーディネーター

ART education programまほうの絵ふで 主任講師。札幌生まれ。
1995年から子どものアート活動を行うまほうの絵ふでのスタッフとして活動に関わり、98年より専任。主に子どものアートプログラム開発を手掛け、2007年より外に向けたデザイン・アートに関する活動を開始。
デザイナー、イラストレーター、写真家など北海道内外のクリエイターを招いたコラボレーション活動のほか、屋内外での教育普及活動、札幌・大通地区での活動はロードアート「プール」「ツリー」など。

石川 大峰 Ishikawa Taiho 札幌オオドオリ大学 授業コーディネーター

1980年、札幌生まれ。北海道を拠点に活動するデザイナー。 YORMA代表。the IMAGIKAL主宰。
札幌市立高等専門学校 インダストリアルデザイン学科 視覚デザインコース卒業。
在学中、札幌駅北口再開発で空いた物件を活用した学生と社会人の接点となる場、GREEN HOUSEを主宰する。
工房、クラブ、飲食店経営、デザイン会社、地場大手企業を渡り歩き、持ち前の好奇心旺盛雑食的なスタンスで 様々なイベント/店舗/ミュージシャンのアートディレクションを担当し、グラフィックデザインにとどまらない、 独自な視点と始点による活動を展開中。
主な活動としては毎年北海道にて行われている野外音楽フェスティバル”Rising Sun Rock Festival”にて 3年連続でGREEN OASISというエリアの演出を担当し、北海道のローカルで良質なアートを発掘し、紹介している。

渡辺 保史 Watanabe Yasushi 札幌オオドオリ大学授業コーディネーター

北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP)特任准教授
1965年生まれ。函館出身、札幌在住の文筆家/構想家。大学で西洋史学を学んだ(というのは表向き。実はサークルでの映画制作や自主上映やフリーペーパー編集に明け暮れた)後、東京の零細業界紙で取材記者を務め、90年代からゼロ年代はフリーランスで過ごす。
大人の社会科見学的なノリで、軍事から宇宙開発、ロボット、環境、ウェブ、教育、アートなどありとあらゆす分野を取材する傍ら、情報デザイン系のプランニング/コンサルも手がける。
中でもウェブ黎明期に関わった「センソリウム」(Sensorium)はいまだに思い出深い仕事。97年には住居を東京から函館に移し、情報デザイン的発想での地域実験を繰り返した(今も一部継続中)。
08年4月より現職。社会人20年目を転機として、自分の仕事が「学び」にシフトしたことを日々実感しつつ、オオドオリ大学にも関わる。

北川 陽稔 Kitagawa Akiyoshi  札幌オオドオリ大学授業コーディネーター

1978年札幌生まれ。東京にて映像作家として活動し、短編映画の制作等を行う。
作品はアンディ・ウォーホルやガス・ヴァン・サントらが名を連ねるアメリカの映画祭 Ann-Arbor Film Festival において入選、調布映画祭にて入賞。
近年は映像ディレクターとしての業務に携わる傍ら、北海道のラムサール条約登録湿地 「ウトナイ」と、その周辺地域に長期滞在し、写真やドキュメンタリー映像に取り組む。

ドゥヴィーニュ仁央   札幌オオドオリ大学授業コーディネーター

1977年函館生まれ。札幌在住。
大学卒業後は花屋、小学校の教員を経て、現在は編集・ライターとして活動。
2007年より『WG』というフリーペーパーを制作・発行しております。

池端 宏介 Ikehata Kosuke  札幌オオドオリ大学授業コーディネーター

コピーライター。
1978年北見市生まれ。小学生時代を札幌で過ごす。
上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒業。
日本デザインセンター、エルグを経て東急エージェンシー北海道支社所属。

佐々木 美和 Sasaki Miwa  札幌オオドオリ大学授業コーディネーター

コピーライター。
1968年札幌生まれ。藤女子大学卒業後、高校教員として6年間勤務したのちコピーライターに転身。(有)三浦広告事務所を経て2009年秋からフリー。札幌コピーライターズクラブ運営委員、札幌オオドオリ大学授業コーディネーター。
好きなものは旅、音楽、酒、沖縄。2002年頃から三線(サンシン)を弾きはじめ、琉球音楽民謡協会優秀賞というマイナーな肩書きも持っていたりする。

金山 敏憲 Kanayama Toshinori

札幌大通まちづくり株式会社
さっぽろ大通コワーキングスペース ドリノキ 店長
NPO法人北海道冒険芸術出版 理事兼事務局長
1971年11月19日(金)生まれ。札幌市豊平区出身。北海道札幌平岸高校・小樽商科大学商学部卒業。大学在学中はAIESEC(国際経済商学学生協会)に所属し、同大委員会委員長を務める。大学卒業後、札幌の広告代理店、北海道新聞社グループの企画会社勤務を経て現職。
前々職での東京勤務から帰札後、札幌の住みやすさを改めて実感し、札幌の様々なコト・モノを見直す中で札幌オオドオリ大学に関わる。2008年10月に第10回札幌シティガイド検定に合格して、さらに札幌についての知識欲が増す日々。座右の銘は「暗いと不平を言うよりも、進んで明かりを点けましょう。」

佐々木 未江 Sasaki Mie 

札幌大通まちづくり株式会社 にぎわい企画部
1982年12月3日生まれ。苫小牧生まれ、札幌育ち。
中学時代より自分と仕事との接点を考えるため、国際交流、福祉、教育などの様々なジャンルのボランティアに携わり、北海道を駆け巡る。
日本の最北端にある稚内北星学園大学でプログラミングを学び、デジタルではない生身のふれあいの尊さを知る。
卒業後、生まれた街のコミュニケーションづくり場に関わりたいと思い、「さっぽろパフォーマンスカーニバルだい・どん・でん!」「恋するシャワー通り」など、大通地区のまちづくりに携わる。
green bird 札幌チーム、オオドオリ番長。

野原 邦彦 Nohara Kunihiko

1978年生まれ、札幌出身。千葉工業大学プロジェクトマネジメント学科卒。
大学卒業後、メーカ系企業にシステムエンジニアとして勤務。2006年11月に姉妹校であるシブヤ大学と出会い、生徒として参加していく中で、人との繋がりなどと言った面白さを感じ、ボランティアスタッフとしても参加するようになる。
休日の半分をシブヤ大学のキャンパスライフとして楽しんでいた中、札幌オオドオリ大学のメンバと出会い、携わるようになる。

沢田石 誠 Sawadaishi Makoto

1979年、北海道札幌市生まれ。
北海道大学大学院文学研究科修士課程修了。在学時はフランス文学を専攻して、西洋の文学、思想、歴史、芸術、映画などを研究。趣味の美術館巡りが高じて学芸員資格も取得。静かで落ち着ける空間を求めて喫茶店やカフェに興味を持ったのが「まち」を考えるようになったきっかけ。
某プロバイダーのウェブ関係の仕事を経て、北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP5期生)にて、サイエンス・カフェ札幌や北大の広報誌『リテラポプリ』製作に携わる。
現在は、研究者のインタビュー取材や編集、各種創作・批評活動などライター業に邁進中。北海道日本ハムファイターズファンクラブ会員。

古川 泰人 Furukawa Yasuto

地図情報技術者。1974年奈良生まれ。大学で動物生態学などを学んだのち、地図情報技術者となる。その後、北海道大学CoSTEPて科学技術コミュニケーションを学び、札幌オオドオリ大学と関わりはじめる。また長男誕生をきっかけに子どもや社会についても関心が高まっている。好きな言葉は"金槌を持つ者にはすべてが釘に見える"。特技は薪割り・解剖・家事全般。

一條 亜紀枝 Ichijo Akie

1975年生まれ、生まれも育ちも神奈川県秦野市。1999年に北海道に移住。
上智大学・大学院で日本史を専攻。農業団体の事務員、人材会社の派遣コーディネーターを経て、コピーライターとして活動。
興味をもったことは、ひとまず何でもやってみる。
札幌オオドオリ大学との関わりは、学生としての参加がはじまり。その後、サポートスタッフとして、授業当日の運営やレポートを担当。2012年から授業コーディネーター。授業をつくるときのキーワードは、動物・自然・歴史・観光・北海道の文化・リテラシー・バックヤード。

金田 はずみ Kaneda Hazumi

札幌生まれ札幌育ち。
札幌の限られた地域にずっと住み、人にも恵まれすくすくと育つ。
のほほんと過ごしてきたが、突然大学時代にやってきた就職氷河期という荒波に揉まれ転職を繰り返すことに。
知らぬ間に自分自身がロストジェネレーションと呼ばれ、ワーキングプアの代表になっていることに気付く。
その後、この経験を活かし同じように悩んでる人の為に仕事がしたいと思い、キャリアカウンセラーの資格を取得。
(結局その後も転職は続くが、)現在(も)、日々働くことに関するあらゆる相談を受ける仕事をしている。

紀國 聡 Kinokuni Satoshi

株式会社アンタス ITソリューション部部長/ドリ農部 部長
1976年札幌生まれ。北海道大学ロシア語ロシア文学専修課程卒業後、システムエンジニアとして東京で6年勤務したのちに札幌にUターン転職。以降、「有機王国」「LOHABUU」など地域活性化を支援するITシステムの開発・運営に携わる。
ドリ大には学生として参加していたが、2010年7月の農業授業をきっかけに同8月にドリ大初の部活となる「ドリ農部」を発足。以降、農と食に関わる部活動を毎月継続して実施している。
得意技はジャズドラム。定期的に市内ジャズバーにて演奏活動を行なっている。

冨田 哲司 Tomita Tetsushi

現代美術家
1977年札幌生まれ。札幌在住。札幌市立高等専門学校でグラフィックデザインを専攻。芸術工学士取得。2000年から1年間スカラーシップで渡英。マルチメディア専攻、BTEC National Diploma取得。2009年映像制作会社勤務後、現在はグラフィックデザイン、写真、モーショングラフィクス、アニメーション、ペインティング、立体など複数の表現手法・媒体を用いて、舞台演出、空間インスタレーションなどの制作活動を行う。

上田 亮 Ueda Ryo

滋賀県信楽町生まれ。COMMUNE inc. 代表・アートディレクター。
札幌・東京・ストックホルムを拠点とし、アートディレクター、デザイナー、バイヤー・家具リペア・ブログエディターを中心に構成されたクリエイティブコレクティブとして、企業や商品のブランディング、広告・グラフィックデザイン、パッケージデザイン、ウェブサイト、プロダクトデザインなどを手がける。最近では、韓国のたばこブランド「THIS」シリーズのパッケージや、スウェーデンの日本茶ブランド「Yuko Ono Sthlm」のブランディング、アートプロジェクトRibbonesiaのアートディレクション、東北楽天ゴールデンイーグルスのシーズンチケットなどを手がける。最近の主な受賞歴としては、NY One Show Design 2012 Silver Pencil、Tokyo TDC 2012 TDC賞ノミネート、Graphic Design in Japan 2011 JAGDA賞・新人賞ノミネート、SAPPORO ADC 2011 グランプリ・パッケージ部門 金賞・銅賞・会員審査賞、Tokyo TDC 2011 TDC賞ノミネートなどがある。

高崎 克秋 Takasaki Katsuaki

コピーライター。
1961年稚内生まれ。北海学園大学経済学部卒業後、道職員等を経て、コピーライターに。2011年コピーライターユニット「カゼソラ text & project」を立ち上げる。札幌コピーライターズクラブ運営委員長。NPO法人北海道冒険芸術出版理事。「札幌まちあるき博物館」に関わっています。フリーペーパー「まちのモト」の編集・制作しています。好きなものは、走ること、音楽、酒。