2013/09/25

ノルウェー旅行記(1)

2013年9月2日〜10日までノルウェーのオスロへ行ってきました。

今回は、福祉や教育の現場にいくことを目的に、様々な施設や学校を伺いました。

同行したメンバーは18名。福祉関係の仕事をしている方や行政のかたたちと共に。

実践者が側にいることで、日本との違いも理解でき、改善できることや考えたいことが瞬時に話題にできることは嬉しいことです。

th_IMG_7292

th_IMG_7308

飛行機で約16時間の移動後、出迎えてくれたのはオスロの夕日。

建設ラッシュが起こっている市内は仕事がたくさんで、多くの移民の方たちが入ってきているとのこと。

奇抜なデザインもあり勢いを感じます。

th_IMG_5683

コチラはオスロ市庁舎。

ノーベル賞の授賞式が行われる場所です。訪れた期間は丁度・選挙期間中で、中はみることができず。

th_IMG_5690

th_IMG_5694

th_IMG_5702

th_IMG_5703

th_IMG_7391

レリーフや壁画もとてもすばらしいもので、外観だけで満足できてしまう。

そして、建物の目の前はロータリーになっているので、バスで移動するとけっこうな頻度で前を通ることとなり、滞在中は自分がどこにいるかの目印になっていました。

th_IMG_5708

街に目をやると、こんなちっこい車が!

電気自動車とのことで、停車しつつ充電されていました。(電気自動車は駐車が無料だそうな)また、電気自動車は多くの企業が採用していて、広告棟のごとく車にはメッセージが入っています。

th_IMG_5709

オスロ市内では多くの方が自転車で移動していましたが、もちろんレンタサイクルもありました。こちらのポートもオスロのあらゆる場所にあり、常に目につく存在です。

と、こんな感じで少しづつですが、今回の経過を綴っていきたいと思います。

2013/07/16

夏の日々

m5

札幌の短い夏を満喫するべく、時には知事公館でランチピクニックをしました。

とても綺麗な芝生の他に立派な木々がここを守っています。

事務所の近くに緑が多いと、目も心も癒されますね。

ino

ロゲイン授業、北大で出会ったのは「猪熊新聞」というものでした。

北大の応援団のみなさんがつくっているそうですが、記念の一枚。

ロゲインは大人のサタデーテーリングの様なものですが、こうやって、今まで出会うことの無いスポットに行けることが面白いです。

hokuhoku

北大でロゲイン授業で出会ったのは、「猪熊新聞」というものでした。
北大の応援団のみなさんがつくっているそうですが、記念の一枚。
ロゲインは大人のサタデーテーリングの様なものですが、こうやって、
今まで出会うことの無いスポットに行けることが面白いです。

北大のみどりもとっても綺麗。家族連れも学生も、近所の方も集う場所。

すてきな大学だなと改めて思う。

nonosan

神宮マーケットで再会したのは、絵本授業ののの先生。

3年生だったののさんは、今は6年生。そして生徒会長もされているとのことで、

立派な名刺をいただきました。これからもよろしくね☆

2013/07/12

夏といえば、ま・つ・り!!!

m1

先日の日曜日、札幌市の中心部大通りは四番街まつり。

御神輿の会・祭好会の御神輿である「四番街繁盛神輿」を担ぎます。

この日は他の御神輿会のみなさんも「街」と背中に書かれた半纏を着用します。

m4

背中に「街」を背負うこと。

1年の中で、自分と街の関係を考える時間がこの渡御かもしれないな。と、

改めて感じる時間です。

道路は歩行者天国にもなっているので、出店やイベントが開催。

PARCOの前には雪ドリ部のメンバーが「美唄自然エネルギー研究会」のみさんと一緒に、雪の中にお宝(ゼリー)探しを企画。

m2

30度ちかくあったこの日は、こどもたちに大人気の場所に。

m3

元気なくまともツーショット。

さぁ。やっと夏がやってきた!!今年もおもいっきりこの季節を楽しみたいと思います!

2013/07/04

自分の名前がパンになったら、、

今年の冬にドリ大コーディネーター松本さんに連れていってもらった、、、

ここ、「しげぱん」

shige1

店内に入ると、クロワッサン・フランスパン・あんぱんという名前ではなく、、、

「しげる」「かまやつ」「恵子」、、など人の名前が、、、

ということで、ここのパン屋さんはパンの内容を考えたお客さんの名前が全ての商品についているとのこと!

トレーの上に「佑治」や「恵子」をのせるだなんて、、と考えるとくすくすと笑えてきますが、味も抜群に笑顔になれる美味しさです。

shige2

縁あって、今年の11月にはちょっと変わった授業として、まちの先生としてジャージ姿の店主「しげる」さんに登場していただくことになりそうです。

美味しい発見、お待ちください☆

2013/06/25

その時代の生活

先日、南区の芸術の森へ授業の打ち合わせへ。

その後に開催していた、「ロベール・ドアノー」展へ。

http://www.stv.ne.jp/event/robert-doisneau/index.html

geimori01

圧倒的な作品の質と量に満足しました。

第二次世界大戦中から、戦後のパリ、著名人のポートレート、ファッションフォト、こどもたちの写真は、どれも観る側に委ねながらも多くのストーリーを想像させてくれました。

モノクロの印象が強いドアノーの写真ですが、高齢になってから撮影されたカラーのパリの様子は構成的で、近代の技術が風景を画一的にしてしまった様子を捉えています。

展示は7/7まで、芸森もとても緑が心地のいい時期なので、野外彫刻も同時に観るのがオススメです。

geimori02

芸森の象徴的、マルタ・パンの彫刻はこの時も気持良さそうに水の上を漂っていましたよ。

2013/06/17

今日の空、

tv

昼前の札幌。

空を見上げたら、たくさんの雲たち。

札幌のまちにずっと住んでいると、その時間分だけの思い出がたくさんあります。

嬉しいことも、悲しいことも、悔しいことも、笑ったことも。

場には物語がたくさんあるんですよね。ビックリするくらい。

==

ドリ大 授業コーディネーターの渡辺保史さんが、先日・くも膜下出血を煩い、亡くなられました。

正直、まだ信じられません。

ドリ大開校前2009年の秋・時計台での学校説明会。

ドリ大がなんなのか、なにをしようとしているのか、つくっている私たちもなにが正解とも解らず、

一つの形をつくれたのは、渡辺さんが居てくれたからだと思います。

http://odori.univnet.jp/blog/blog/?p=140

あの時に「ドリ大の成長が楽しみ。きっとみんなが参加したくなるものになるね。」と勇気をくれたのも渡辺さんでした。

今もこうやって楽しくドリ大を進められるのも、あの経験を共にしたからこそだと思います。

あれから4年。

ドリ大の活動では授業以外にも「2050年の札幌の街の未来像を勝手にわりと具体的につくってしまうゼミ」や「ジオ部」、

「北大の授業との連携」にも関わってくださり、たくさんの仲間との出会いをもらいました。

しっかりと、この出会いの種、育てていきたいと思います。

もちろん、渡辺さんが出会わせてくれたたくさんのみなさんと一緒に。

==

PEOPLE GET READY

2013/06/15

”好き”を考える時間

kawaranai

”好き”を考えた。

そうすると、自分の原点は学生時代の記憶に戻る。

学生時代から、狸小路8丁目のFABcafeにいくと、「なにかしたい!」と思えた。不思議なこの気持ちは今も生まれてしまう。

学生時代に仲間とここで会議をしたこと、大人になってもここでたくさんの人とおしゃべりしたことは忘れない。

変わらずに、「そこにある」という空間に、多くの人が行き交い、たくさんの記憶が記録されていく。

カフェという場所はそういう場所なんだな。そういう場所が好きなんだなと思う。

2013/06/14

変わらないものと、変わるもの

sora

天気は変わる。昨日はとてもいい天気だったのに、今日は雨。でも今日の久々の雨は心を穏やかに、きっと植物たちは喜んでる。

天気は変わる。私たちが臨んでいない天気にだって、勝手に気ままに変化する。

昨日はとってもいい空の下、ドリ大で出会った年下の女の子とおしゃべり。

「自分の心のままに札幌に来た。」と、今は大阪を拠点にしている彼女が素直に伝えてくれた。

自分も心のままに動きたいと改めて思った瞬間。ありがとう。

2013/01/14

体調不調からの脱出

年末は風邪を引き、年始は胃腸の調子が悪い、、

という状態にさらに私にカウンターパンチである生理痛が追加、、。

写真1

この薬がなければ復活できませんでした。

私の生理痛は腹痛、貧血、過呼吸、、という立ち上がることも辛い状態に成ってしまうため、

学生時代はよく寝込んでいました。

今もあまり無理をしない(というか無理すらできない)ということを学び、

ひたすら静かに過ごしたりしています。

自分がこういう体質だからこそ、女性の悩みとして「布ナプキンの授業」や「エイズの授業」や「マクロビお菓子の授業」が生まれたと思います。

これからも自分ごとの授業をしていきたい。そう思った時間を過ごしました。

写真2

年末の出会いをきっかけに、ある人の弟子として様々な場面を見させてもらっています。

会話を積み重ねるごとに、ワクワクを感じているので、きっと面白いことが起こるはず。

今までの殻から抜け出せそうなそんな感じ。

写真3

冬空の下。

大きな星空の制作に参加しました。

まほうの絵ふでチームはいつもまっすぐで関わる身として、学びが常にあります。

今回の「冬のロードアート:冬のほし」もとっても心地のいい活動でした。

これから出来上がってくるムービーもとても楽しみ。

2013/01/08

2013年スタート

あけましておめでとうございます。

今日(1/7)から、仕事をスタートされている方も多いと思います。

(*1/7に書きかけで、途中で具合悪くなり、1/8に再度書き足しております、、、。)

私は昨年末は風邪をこじらせ、そして年始後は胃腸が弱るという、、、

なんだか体の不具合を感じる年明けとなってしまい、今年のテーマの1つは”健康”にしなければ!と思っています。

写真1

1月1日・2日は、母の施設(認知症のグループホームなど)に同行して、お茶を点ててきました。

母の見よう見まねなので我流ではありますが、甘い生菓子とお抹茶の組み合わせは目が覚める美味しさ。

2日間で50人ちかい方々に飲んでいただきましたが、そこで生まれる会話は刺激的。

人生の先輩たちからの言葉は私にとってプレゼント。

写真2

新しい手帳は「星の王子さま」

これから出会うたくさんの出来事に今からワクワクします。

今年は友人たちの結婚式ラッシュ! 嬉しいことです。

東京、京都、と違う街での開催も嬉しい。友人たちからもらった機会をきっかけに、視野を広げていこうと思います。

写真3

実家にいるホタル(犬)は、新年になっても元気そのもの。

「おわりは、はじまり」では無いですが、

昨年出会ったたくさんのきっかけを、今年は1つづつ紡いでいこうと思います。

自分を信じる という自信を今までよりもちょっと持って、

今年は「実行」していきます。ことを起していきながら、また1つづつ紡いでいく。

そんな1年にしていきたい。

さ〜 今日はもう8日。

そして、大好きな友人の誕生日!カンボジアで頑張っている彼女のことを思い出すと、体の不調ばかり言ってられませんね。

元気に笑顔で進んでいきます。

これから出会うたくさんのみなさんと、笑顔の交換・楽しみです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2013年1月8日 猪熊梨恵