2012/05/25

競馬授業

6月の授業は実施日がどれもバラバラです。

なので、私自身もすべての授業にじっくりと関われそうです。

さて、6月第一弾は”競馬”授業!

2012年に成りたての頃、ドリ大がNHKに取材していただき、

朝の番組で放送されたことにはじまります。

その当時のことを私もBLOGにしたためているのですが、⇒こちら☆

その放送を見て、BLOGを読んでくださった、北海道庁の方からの1本の電話からはじまりました。

「競馬の授業、やりますか?!」と。

その出会いをきっかけに幾度と打ち合わせを進め、

競馬好きの金山さん、高崎さんが授業コーディネーターとなり授業ができあがりました。

-

th_写真1

-

事前会場下見の時には馬券を買いましたよ。(初めての馬券!!)

買い方や馬券の種類も知らないなりに、感でぐりぐりと鉛筆で数字を選択していきます。

-

th_写真2-

会場のAibaは異空間で、そこにいるみなさんが真剣すぎて、びっくりでした。

見事、ビギナーズラックもなく、、、

授業でのビギナーズラックに期待です☆

-

th_写真3-

この画面の見方も教わりました。

馬の体重や、騎手の名前、こういった情報を基に、

みなさん自分の好きな馬番号に想いを添えて馬券を購入。

【社会】あなたの知らない競馬の世界 〜 血と知と地のドラマ

2012年06月05日(火) 19時00分 ~ 21時00分

教室:ホッカイドウ競馬 Aiba札幌駅前(札幌駅前場外発売所)

授業では競馬新聞の読み方や馬券の買い方も教えてくれるそうです。

平日開催となりますので、お仕事終わりに是非ともご参加ください☆

*今週末はGIですね。自分なりに競馬、楽しんでみようと思います!

2012/03/29

スイートルーム授業

4月25日(水)平日開催となる授業情報がHPにアップされました。

【おもてなし】

スイートルーム夜話~札幌のおもてなし レ・クレドールって?

-

th_スイート1-

先日、授業コーディネーターの冨田さんと、

グランドホテルの岡西さんと授業の最終確認をしに伺いました。

-

th_スイート2-

受付の側にあるコンシェルジュの机。

ここからお客さまの要望や相談を伺い、実行していく。

ドラマが始まる机ですね。

岡西さんとの出会いは、札幌市の観光振興プラン会議で隣の席だったということからでした。

札幌市のこれからの観光振興プランを考える会議ですから、

ほとんどの出席者が観光のプロフェッショナルな方達。

そこへ私がちょこんと参加させてもらっていました。

そこで認識したのは、私たち札幌市民は「札幌が観光の街だ」という意識が、

とっても薄いということ。

なんでだろう?と考えたときに、実際にこの札幌という街自体を観光したことが無いからこそ、

おもてなしの気持ちや札幌の歴史を体感できていないのでは?と思ったのでした。

今回は岡西さんから、

そんな「札幌の観光」の1ページを教えてもらえたらと思っています。

2012/01/31

「君の椅子」が繋ぐ3つの町

th_写真-

先日、「君の椅子」プロジェクトに参加している、東川町、剣淵町、愛別町へ行ってきました。

その町に行くと、当たり前ですがその町の人がいます。

会って、話をして、同じ風景を見ると、その町が好きになりもっと知りたい。

となるのは、なんでなんでしょうね。

今回、3町に伺ってこの気持ちになりました。

そして、3町を繋げてくれた「君の椅子」がとっても愛おしいものだということが、

はっきりと解りました。

===

3月に「君の椅子」プロジェクトと3町の協力によって授業を実施します。

実際に今回の様に現地に伺います。

無理のないこの”やわらかいつながり”を一緒に共有できたら嬉しいです。

*コーディネーターのニオさんが、今回の日帰り3町下見について綴っています。

2012/01/25

環境がつくる味

th_写真-3-

目的地はちゃんとあるのかな?と不安になりながらも深い雪道を車で進む。

-

th_写真11-

無事、江別にある米村牧場・米村チーズプラッツへ。

2/11 (土)働く授業の先生として参加していただく、米村常光さんにお会いしてきました。

先代が畑作農家として今の場所を開拓し、米村さんは2代目。

今は息子さん家族と一緒に乳牛を育てながらチーズをつくっています。

-

th_写真-

江別で初めてチーズ作りをし、販売をしている米村さんですが、

チーズをつくるきっかけは奥さまの千代子さんがチーズの勉強会で持って帰ってきた、

(その時は名前が解らなかった)美味しいコンテチーズ。

このチーズの味を求め、ヨーロッパに行きチーズを食べ歩き、工房へも伺ったそうです。

今あるご自分の環境を最大限に活かして、農作業の合間を見てチーズづくりをして約6年目だそうです。

-

th_写真-5-

先代のお父さんと一緒に江別レンガを使用して作った(当時)家を、

今はチーズの工房、販売所、喫茶スペースとして活用されています。

-

th_写真-1

-

th_写真33-

th_写真-2-

チーズはどうやって食べるのがおすすめですか?

と伺うと、「うちはお茶と一緒に食べるのよ〜」と、千代子さん。

以前、米村さんのところで働かれていた方のご実家が作られている静岡の美味しいお茶と、

チーズをいただきました。

これがとってもあと味よくて、合うんです。

-

th_写真-6-

すっかり米村夫妻のファンになってしまった私、

美味しいチーズをしっかりと購入して帰ってきました。

-

th_写真-4-

米村さんのご自宅を背に見えた景色。

この環境がつくる豊かな人の心が、味となって私たちの食卓に届くことの

幸せを感じた風景でもあります。

>>>交換留学のページに米村さんのインタビュー記事がありますのでこちらもご覧ください!

-

2012/01/24

自分の体と対話する

th_写真-4-

土曜日はマクロビお菓子授業でした。

バレンタインのための〜 という告知だったためか、女の子だらけの授業となりました。

-

th_写真-1-

白いお砂糖は使わずに、てんさい糖を溶かしてシロップ状にしたものを使用。

粉は全粒粉(小麦の表皮胚芽胚乳をすべて粉にしたもの)を、

また、バターも使用しません。今回はグレープシードオイルを、

ベーキングパウダーの代わりに重そうを、

スポンジなどには卵の代わりにお豆腐(有機)を使用しましたよ。

・とうふのキャロブケーキ

>キャロブ(コーヒーやココアの代用(カフェイン0)として使用されるイナゴ豆のパウダー)を使用して、

見た目はチョコの様なクリームでデコレーション!

・米ぬかココアバー

・マクロビブラウニー  の3品をつくりました。

-

th_写真-2-

th_写真-

いきなり出会ったメンバーとの制作は多々難しいこともあったかと思いますが、

みなさんイイチームワークで手際良くつくっていました。

-

th_DSC_2275-

th_DSC_2307-

理江さんとの出会いは知人に教えてもらった彼女の営む足裏マッサージURATSUBOでした。

施術中にしてくださるお話から多くの学びをもらっていたのですが、

マッサージ後にいつもくださる、マクロビおやつがとっても体に染み渡り美味しくて、

先生になっていただけないかお願いをしました。

-

th_DSC_2332-

最後はみんなで♡

私自身、自分の体の不調(にきびや生理痛)に悩む時期が長くありました。

理江さんに出会ったことで自分の体の調子は日々気にかけることで、

バランスがとれるものなのだ と気づかされました。

私自身、この授業をきっかけにもっと自分の体と対話していきたいと思います。

2012/01/05

授業宣伝<ドリ大トゥルー・ストーリーズ>

ということで、

新しい取り組みやってみます。

明日、抽選の授業ではありますが、

1月14日(土)に実施する授業

【国語】

世にも不思議なお話交換会 ドリ大トゥルー・ストーリーズ

のコーディネーター沢田石さんと先生の島崎さんによる、

授業宣伝!

-

th_写真-

明るい光を浴びながらできたのが、この映像!

http://youtu.be/LgOduB-hZgw(左記のURLをクリックしてください。)

みなんさんの「え”?!」っとなったことのある経験話を持って、

是非とも授業にご参加ください☆

2011/11/29

先日、北海道神宮で行われた新嘗祭(にいなめさい)に出席してきました。

神宮4-

神宮3

神宮で神宮マーケットを実施していたこともあり、

今年の収穫の感謝をしてきました。

厳粛な御祭りに圧倒されつつ。

直会でおいしいお酒とご飯もいただきました。来年の神宮マーケットも楽しみです!

そして、この日は祝福すべきお二人が!

きのくに夫妻

そうです。

ドリ農部の紀國部長と雪子副部長!

嬉しいことに、お二人婚約されました!

おめでとう!!

お二人にお会いしたのは、昨年7月農業授業。

授業から部活となる際の帰りのバスで手を挙げてくださったお二人。

その瞬間から、赤い糸が私は見えていた!(と言いたいとこですが、)

お二人が一生懸命ドリ農部を楽しまれていた姿に、刺激をもらっていたので、

お二人が今後家族として畑を耕している姿を楽しみにしています。

どんな幸せな野菜が収穫できるのか、

来年の新嘗祭までにもたくさんの鮮やかなドラマが生まれること期待しています。

そして、二人を祝福したい!!!!と

心臓から手が出るほど思っている方は多いと思うので、、

紀國夫妻!お楽しみにね☆

===

ドリ農部がちょっとまじめに授業をします。

【生活】福島と北海道で、これからの生き方を考える。

まじめなドリ農部。

2011年12月17日(土) 15時00分 ~ 17時00分

教室:大通コミュニティカフェ コグマ

2011/11/10

布ナプ チクチク♪

今週12日土曜日はドリ大授業でー。

3つの授業が行なわれます。

-

写真4-

私がコーディネートしている、布ナプ授業。

http://odori.univnet.jp/subjects/detail/71

優しい空気の先生2人と、

チクチク縫う布ナプの形を決めたり、

布ナプまめ知識を共有したり、打ち合わせ。

授業当日は女子会と化してしまうこと間違い無しです。

-

今まで知りたかったけど、なかなかきっかけが無かった。

布ナプ。

自分の生活や身体と対話する時間になりそうです。

2011/11/01

12月授業を少しづつ紹介

12月3日に実施される授業「おさえておきたいリアルなギャル学」

授業申込がスタートしました。

FaceBookでもお伝えして、みなさんからも色々な反応をいただいているのが、

面白いです。みなんの思っている「ギャル」のイメージ是非とも教えてください。

-

さて、12月はギャルの授業だけでなく、他にも授業をもちろん実施しますよ☆

m2_small

紅葉の綺麗な小樽に授業コーディネーターの松本さんと

行ってきました。

(山の上からの景色は最高!車を駐車してつかの間の撮影タイム!!)

目的地は山の上。

しめ飾りの先生に会いに行ってきました。

m3_small

打ち合わせでは、じっさいにつくりかたを教えてもらい、

素材である”スゲ”の素材を触らせてもらいました。

繊維にそってさわると指通りがいいのですが、

繊維に逆らうと、手が切れるほどの鋭さを持っていました。

m4_small

飾りも自分たちのオリジナルでつくることとなりそうです。

授業は、まほうの絵ふでさんとの共催となるので、

こどもたちの元気なパワーをもらいながら、

今年の”〆”をつくることができそうです。

2011/06/08

まちのポスターができました。

5月14日に実施した授業、

【クリエイティブ】

まちのポスターをつくろう
〜写真と言葉をお見合いさせて〜

でこんなにすてきなポスターたちができました。

ポスターデザイン協力は市立大生の木村さんと藤原くん。

まずは、木村さんがデザインしてくださったポスターから紹介します。

==========

dokodemo

<1>狸小路1丁目のクマがなんだかつぶやいていますよ。

==========

yorimichi

<2>まちには魅力がたくさん。だからなかなかおうちに帰れないのかな。

==========

chika

<3>まちには地下歩行空間や地下街がある。なので、地下と地上をいったりきたり。

==========

ototonioi

<4>ちょうどこの日は三吉神社の例大祭でした。市電の音と美味しいかおりと。

==========

ojichan

<5>言葉と写真が引き合う時ってあるんですね。これぞお見合い。

==========

nonnki

<6>いつもみている大通公園。カメラを持っていくと少し違う景色にみえるのはなんでだろう。

==========

joshi

<7>どこだか解りますか?最近できた創成川公園。ライラックのつぼみが僕も頑張るから!と声をかけていそうな感じ。

==========

poroporo

<8>さっぽろぽろってかわいい響き。

==========

pari

<9>さぁ。ここはどこでしょう?コピーの通り。なんだか異国にきたみたい。

==========

souda

<10>上を見上げると大きな空が待っている。そんな札幌が好きです。

==========

次は藤原くんデザインポスターです。

==========

Simpact

<11>札幌人なら1度は見た事あるはず。赤ふん軍団!若いパワーたっぷりです。

==========

Sirassyai

<12>そうそう。とうもろこし ではなくて、とうきび。なんですよね。

==========

Sitsumono

<13>散歩が旅になる瞬間。ってありますよね。

==========

Sitsumonohuukei

<14>ポスターを見ていると、テレビ塔はいろんな表情を持っていますね。

==========

Sjiman

<15>銀太は今日もまちを闊歩する。

==========

Skomomachi

<16>おかわりしたくなる街って、食いしん坊だね。

==========

Smachinosita

<17>地下歩行空間は雪が降っても雨が降ってもあたたかい道ですね。

==========

Smidori

<18>もうすぐ札幌はミドリで溢れる季節ですね。

==========

Sodori

<19>今日からYOSAKOIですもんね。大通は踊りたい気持ちにさせるのかしら。

==========

Ssapporo

<20>半纏の大通、まちを背負って生きていく姿。

==========

Syosomi

<21>札幌の最深積雪は1939年2月13日:169cmだったそうです。

==========

<数字>の横のコメントは私が勝手に、

このポスターを見たまんまの感想を綴っています。

この授業、レポートをみていただくと解る様に、

まずは各々が街に出て写真を撮り、コピーを綴り、戻ってきてから、

お見合いをして作り上げました。

同じ街を歩きながら、

まったく違う写真と、なぜかフィットしてしまうコピー。

そんな出会いたっぷりなポスターづくりは最後まで、

生徒のみなさんと作り上げたたった1枚のまちのポスターとなりました。

視点を変えると、知らなかったことがこの街にはまだまだ

あるのだなぁ。と思う授業となりました。

この授業の気持ちを忘れずに、旅をしている気分で、

札幌をみつめたいな。