2009/10/28

札幌オオドオリ大学ーWeb OPEN!!!ー

こんにちは。

札幌オオドオリ大学 学長 いのくまです。

今日は記念すべき日。WebがOPENしました!!

ninnin

事務局長の服部さんも「いいね〜〜♪」

さぁ。どんなページになっているかというと、、、。

web

http://odori.univnet.jp/

「シルバー」と「ブルー」を基調とした札幌カラーでお出迎えです。

そして、札幌のロゴも確定しました!

ドンっっっっ☆

ドリlogoblog

以前、「札幌の色はどんな色かな?」と考えていましたが、結果

雪をイメージする”シルバー”となりました。

時計台とクラークさん、そして雪だるまが!! あぁあ もうこれは札幌限定でございます!!

*****

Webがオープンしたことをきっかけに、

みなさまとコミュニケーションがとれる様にしていきたいと思います。

最後に、Web制作にお力を注いで頂いた、東京のTさん、札幌のKさん本当にありがとうございます。

これからの更新も是非、よろしくお願いいたします!!

2009/10/19

北海道の50の元気 〜1/50〜

9月に札幌オオドオリ大学の事務局長である服部さんが発信している、

インターネット放送プログラム Sapporo Web radio で色々とおしゃべりしました。

DSC_0186

スタバ前で。

札幌オオドオリ大学(準備室) 学長としてというおしゃべりはもちろんしましたが。

今まで、自分がどの様な活動をしてきたか、

学生時代の話、ウェブマガジンの編集の話 などなど、盛りだくさんな1時間。

DSC_0176

おしゃべりをしながら過去を振り返り、未来を語る。

そんな時間でした。

DSC_0194

お時間がある時に聞いてみてください☆

2009/10/14

ConCarino(コンカリーニョ)

先週は札幌・琴似にある、まちとアートをむすぶコミュニティ拠点。

コンカリーニョにおじゃましました。

IMG_7411

私とコンカリーニョの出会いは高校生時代、友人が参加していたミュージカルを観に行ったのが最初でした。

まだ、石造りで古い遊休倉庫を改装した”場”は自由を感じるアートスペースで、

「ここではいったいどんな事が起こっているのだろうか??」と思った記憶があります。

JR琴似駅北口地区の再開発に伴い、2002年8月に、その空間での活動を休止しされ、2003年に斎藤ちずさんを理事長とするNPO法人コンカリーニョを設立、

2006年5月、今の姿である待望の新生コンカリーニョが誕生しました。

IMG_7406

NPO設立の2003年から建物ができた2006年の約3年間。

全力で走り、多くの支援者の方々にサポートされている現在、

今後も新たな事にチャレンジしていく姿は刺激的でした。

IMG_7407

(〆は若者?ピースで??)

昨年のコンカリーニョでのchelfitsch以来、演劇に触れていなかったので、

久しぶりに演劇を観たい欲が出てきました。

次は演劇を観に、遊びにいきまーす!

2009/10/08

10月に入って

10月6日(火)付けの朝日新聞にも札幌オオドオリ大学、取り上げていただきました!!

パチパチ〜〜!!

この日はファイターズがリーグ優勝を逃した日。

写真付きの記事は、ドリ大の伝えたいことを奇麗にまとめていただきました!!

記者のAさんありがとうございました!!

読者の方には設立支援サポーター募集に気付いてくださり、

お問合せしてくださる方もいらっしゃいました。

⇒設立支援のサポーターの詳細はコチラをご覧下さい。

まだ見えぬものに支援してくださる。という気持ちにとても嬉しい喜びと、

責任を感じています。

来年の春開校予定なので、約半年の設立準備期間。

”札幌オオドオリ大学”のプロジェクトの土台となるこの期間を大切に、

毎日毎日を過ごしています。

今後は、ミーティングの風景やこんな人にお会いしました〜と

ブログを通してみなさまにご報告させていただければと思っています!!

2009/10/06

駆け抜けていった9月、、、。

こんにちは。

学長 猪熊です。

今日は10月6日。9月は”あっっっという間”に過ぎ去っていきました。

そんな中、9月24日の北海道新聞に札幌オオドオリ大学について記事が載りました!

「じゃじゃーーん!!」

そして、よーく見ると、、、

お天気の下にも情報が!!

そしてなんと2面ニュースとして掲載してくださいました!

記者のKさんどうもありがとうございました!!

そして、この記事によって事務所には多くの方からのお問合せがきました。

「先生をやってみたい。」

「実際にどんな授業があるの?」

「応援していますよ。」

「授業ができたら参加したいんです。」

みなさまからの声援を胸に。

来春設立を目指すのみです!!