2010/02/25

3月の授業参加受付が始まります!!

オリンピックではカーリングが盛り上がりましたね。

2月の授業で体感された方は、”クリスタルジャパン”の一員として、

身を持って応援されていたのではないでしょうか?

そんなオリンピクの熱気からなのか、、今日はとっても春の様な気温!10℃!!

また、来週から冷え込むみたいですが、ちょっとお先に春気分です。

そして、、

明日は3月の授業受付開始となります!

写真

-

まずは、

【コトバ】ひとことで書いてみよう〜短いコトバで思いを伝えるテクニック教えます!

左側は先生の長岡晋一郎さん

北海道博報堂のコピーライターさんです。

歯舞漁業協同組合「はぼまい昆布しょうゆ」TV-CM、

野村仏壇ギャラリー 縁Enishi ポスターなど、、

みなさんも1度は目にしたことがある「グっ!」とくるコピーを書いていらっしゃいます。

右側は、今回が初の授業コーディネーターとなる、池端さん!

言葉の魔術師が2人も〜〜〜!!

「短いコトバで思いを伝えること。」

最近、みなさん手紙って書きましたか?

パソコンや携帯で文章をつくることはあると思いますが、

思いを込めて、思いを綴ることでの発見がこの授業では見えてきそうです。

授業イメージの絵はなんと!

長岡さんのイラストなんです。

コレ↓

1

無茶を言って、こんなのを描いてもらいました。

SYUKAKU

学長 いのくま が、野菜を収穫しています。 笑

今回の授業は”野菜”が教材となります。

美味しい授業になりそうですね☆

(長岡さんイラストシリーズは、また後ほどBLOGでお披露目します!!)

-

そして!もう1つの授業はコチラ!!

4人の恐竜博士と2億年前へタイムスリップ!〜入門編から最新の研究まで、未来に役立つ恐竜の世界って?〜

先生が4人もいます!!

IMG_1513-

左から、カナダで発掘調査をしている千葉謙太郎さん。

真ん中は、ステゴザウルスを研究している林昭次さん。

右側は授業コーディネーターの仁央さん。

彼女の目の先には、、、

-

IMG_1510-

恐竜類や鳥類,爬虫類などの卵・巣化石を専門に研究している田中康平さん!

授業をつくっている中で、授業コーディネーターは何度も先生と一緒に、

時間を共有していくのですが、、

恐竜の先生たち、、あっついです!!笑

4人が4人、恐竜の話をし始めると、リアル炎上する様な感じです。

昨日もこんなニュースがありましたね。コチラ⇒

恐竜には”夢”がつまっています。

授業を通してこの”夢”を発掘していきましょう!!

-

恐竜好きのみなさま!是非、授業応募してくださいね!!

-

*3月の授業、もう1つ追加予定です!コチラはおとな〜な授業です。お楽しみに!!

2010/02/22

シブヤ大学・つくり方学科 卒業式編

2月20日(土)シブヤ大学・つくり方学科 卒業式編へ参加。

東京へ行ってきました。

-

IMG_1534-

沖縄・広島・東京にしがわ・福岡・鹿児島・大阪・札幌の7校が、プレゼン大会。

札幌オオドオリ大学は最後の発表。

事務局長 服部さんのフォローもあり、無事、みなさんの前でプレゼンをしてきました。

-

7校の中で開校しているのはドリ大のみ。

このプレゼンがある事を受けて、なにを姉妹校のみなさんと共有したかな?と考え時に思った事は、、

「私たちは夢を持ってこのプロジェクトに挑んでいる。」という事。

運営資金や組織だったり悩む事はたくさんある。

それは当たり前。(がんばるぞ!)

でも”夢”があるから、このプロジェクトに”希望”を持ち、立ち向かっているんだと思う。

そんな大きな夢を持っている仲間に出会えた事が、私たちの財産だなぁと。

なんだか感動をしたのです。

-

写真2

-

36人からもらったメッセージは私たちの”勇気”になりました。

(ありがとう!!)

くりかえしになりますが、課題はたくさんあります。

でも、決してあきらめることなく、前を向いて進んでいくこと。

見えない道も見えてくると思うのです。

(って奇麗事だけ言ってられないですね。これを事実にしていかねば!)

-

写真-

今回のプレゼン資料。

コピーライター池端さんパワー満載です!!

私の想いを”言葉”にしてくれました。

-

写真1

-

この一瞬の”今”が未来をつくっている。

2010/02/16

バレンタインデー

みなさま今年は何個チョコもらいましたか?

私はすてきなメッセージ付きチョコクッキーをいただきました。

-

写真-

グリーンバードで出会ったあみちゃんからのプレゼント☆

「学長さんへ」とメッセージ付き!!

これにはもう嬉しくて嬉しくて、 【twitter】でつぶやいちゃいました。

あみちゃん!ありがとう。たくさんの勇気の味がしました。

パワーをたくさんもらったので、素敵な授業をつくっていきたいと思います!

3月の授業をお楽しみに!!

また授業で、そしてグリーンバードで会いましょう☆

2010/02/15

宇宙の謎 ブラックホールにハマる レポート

開校式の3つ目の授業は、、、

【宇宙科学】

宇宙の謎 ブラックホールにハマる〜好奇心旺盛なあなたは、出てこられないかもしれません。〜

でした。

この授業は定員25名だったのですが、募集を開始したとたんに大人気、

倍率は4倍ちかくまでとなりました。

開催した場所がまたスペシャル。

0206_JRT_S34

こんな奇麗な夜景が見えちゃう、札幌のてっぺんである、

JRタワー・T38 展望室での開催でした。

-

もう1つスペシャルな事は、事前にお伝えすることができなかったのですが、

この授業のファシリテーター(司会役)としてAIR-G’のDJ龍太さんに参加していただいた事です。

-

BH01

-

<左側>DJ龍太さん<右側>先生の早崎さん

雰囲気のありまくるお2人が宇宙について、そしてブラックホールについておしゃべり!!

-

生徒のみなさんも真剣にメモをとっています!

-

0206_JRT_S28

-

トークの途中からはじまったのは、「ブラックホールを描く」という事。

生徒さん1人1人が夜景(銀河)を見ながら妄想お絵描きです。

早崎さんの「科学はイマジネーションが大切」という所から、描く事が授業内に取り込まれています。

-

BH03-

早崎さんは2008年、銀河同士が衝突合体する過程を解き明かすカギとされる「双子ブラックホール」のまわりに、

特徴的なガス円盤ができることを計算によってはじめて説明した、凄い人!

なのですが、

それも自分のイマジネーションが大きな鍵となっていったそうです。

-

BH02-

BH04-

BH06-

先生たちもブラックホールを描き描き。

あ!早崎さんとDJ龍太さんには共通点があったのです。

お2人ともサーファー。意外な共通点!

-

早崎さんは海などの自然から研究のインスピレーションを受けるんだそうです。

なので、今回の妄想ブラックホールお絵描きもお手のもの??

-

0206_JRT_S32-

描いた後は先生2人が絵をみて

「これは○○ですね〜」「これは××に似てますね〜」とコメント発表。

みなさんの発想はもちろんそれぞれ。

各々の妄想がたくさんです。

-

BH08-

夜景を背景に、「ハイ!ポーズ。」

-

早崎先生の「研究とは、自分の世界感を表現すること。」

生徒の皆さんの描いた”世界感”はお互いに刺激的なものとなったのではないでしょうか?

-

なんだか”研究”という事が堅苦しいものではなく、誰もが触れる事ができるものだと思いました。

2010/02/12

オリンピック選手に学ぼう〜カーリング編〜 レポート

もう、明日がバンクーバオリンピックの開会式ですね。

はじまりましたね。冬の一大イベントオリンピック!

カーリングの授業は長野オリンピク選手だった佐藤さん直々に愛のあるカーリングレッスンでした。

ka-ring05

この授業に参加された生徒さんはカーリングでオリンピックを目指している方から、

カーリングってどんなの?でも興味があるの!という方々まで、様々な方が集まり行いました。

まずは、佐藤さんからカーリングのルール、歴史を。

みなさんだんだんとTVで見ていたカーリングがリアルになっていった様です。

リンクに上がる前は準備体操。

ka-ring06

長野オリンピックの時に実際にやっていた体操です。

久々に身体を動かす私はもうこれで満足?!

ka-ring07

大勢の人数なので、チーム分けをし、

北大のカーリングサークルの方々が1チームに一人先生がついてくれました。

(なんて贅沢!)

もちろんカーリングのリンクは貸し切りです!!(スポーツ財団のみなさま!ありがとうございます!!)

ka-ring08

ka-ring09

片足にスライダーをハメ、氷の上へ。

まずはリンクの上を歩くことから始め、さっそくストーンを投げる練習から。

みなさんこの状態で試合はできるの??と不安そうでしたが、、、笑顔でカーリング。

転ばないように。まっすぐ投げるように。ストーンに回転をかける様に、、。

練習は続きます。

そして、さっそく試合です。

もちろん公式のルールは難易度が高いので、ミニゲーム。

ka-ring10

ka-ring12

通常よりも短い距離を腕力と勢いを調整して、ストーンを投げます。

これが難しい!!

強すぎると、同心円の「ハウス」から出てしまうし、

弱すぎると手前で止まってしまう。(もちろん作戦として相手のストーンを防御する事もあります。)

ka-ring13

チームは4名(+先生)見ず知らずの面々がアイディアを出し合って、

意見を伝え試合は進んで行きます。

そうです。

カーリングはコミュニケーションのスポーツ!

チームワークが大切です!!

ka-ring19

ハウスでのストーンの動きが変わる度、歓声が起こっていました。

スポーツってこんなに人の距離を縮めるのですね。

ka-ring20

この中から次の冬期オリンピック選手が生まれるかもしれませんね!

札幌は2012年に月寒にカーリング場がつくられるという構想が出て来ています。

小学生からお年寄りまで会話を楽しみながら、

笑顔でできるこのスポーツが札幌でもっと広がるかもしれません。

今回お世話になりました、佐藤先生をはじめ、札幌カーリング協会のみなさま、

北大カーリングチームの方々、美香保体育館スタッフのみなさま。

ありがとうございました。

2010/02/12

雪まつり授業+開校式 レポート

2日前からスタッフ内で噂になっていた【2月6日(土)の天気予報は暴風雪警報!!】

という天気予報でしたが、、当日は晴れ模様!

午前から午後にかけて外での授業・開校式だったので一安心。

まずは、【社会見学】雪に命を吹き込む〜自衛隊員に学ぶ雪まつり

040

受付ではスタッフが最終確認。

さぁあ。生徒のみなさんと対面です。

まずは、大通公園西13丁目の札幌市資料館へ集合。

085

今回の授業はさっぽろ雪まつり会場で
雪像をつくっている陸上自衛隊第11旅団の隊員の方を先生に迎え、
雪像の技術や表現方法についてお聞きします。

授業の流れを説明していると、、、そこへやってきたのはシロクマさん。

シロクマさんからは、地域コミュニティの新しい雪まつりや創造的な共同作業として根付き、

広く市民に活用され普及してくことを目指す「SapporoⅡ」のお話を伺いました。

124

さぁ。

これから雪まつり会場を歩きます。

多くの他の見物者の方々と共に足下を確認しながら、雪像を見ながらと、忙しいです。

DSC_0087

「10年振りの雪まつりだよ〜」「こりゃ大きいねぇえ。」とおしゃべりしながら、

雪像をチラリ。

まず、私たちが向ったのは7丁目会場にある自衛隊広報ブースへ。

157

ここでは、陸上自衛隊 第11旅団司令部 広報室長の田中先生から、制作技術について教えていただきました。

今回、自衛隊員の方々が制作をした4丁目、7丁目、8丁目会場はそれぞれ制作工法が異なります。

・北の動物園(4丁目)/削り出し 多重レイヤー工法

・フラウエン教会(7丁目)/削り出し シャーベット工法

・韓国 百済王宮(8丁目)/アイスブロック工法

これにはみなさん。「知らなかった〜」と驚きです。

また、自衛隊員の方々が素手で雪像を磨いている姿もあり、波ならぬ雪像への情熱に、

みなさん雪像への目線が一気に変わった様です。

その後、開校式会場へ。

会場は雪まつり4丁目会場・北の動物園 ステージ上!!

全国的に注目を集める北海道の2つの動物園、

札幌市の円山動物園と旭川市の旭山動物園の人気者たちが雪像になっています。

100206_オオドオリ大学開校015

この時の私の緊張はドピークを迎え、、、。

なんだか開校宣言っぽい状況に、、、。

これには司会をしきっていた服部さんも思わずつっこみそうでした。笑

212

その後の札幌の街の代表 上田市長からは、

私が話すべきであろう、札幌オオドオリ大学の概要をしっかりと

お伝えしていただき、、、。

市長!ありがとうございます!!

100206_オオドオリ大学開校058

その後、シブ大 左京学長からエールをいただき、

3人でがっちりと握手。

100206_オオドオリ大学開校063

開校式後、ステージ上では引き続き公開授業を開催。

陸上自衛隊第11旅団に所属する「棟梁」こと広瀬英之技術小隊長に先生になっていただき、

100206_オオドオリ大学開校066

市長と共に制作の工夫や疑問点をお聞きしました。

「ユキヒョウに黒い模様を付けるため、表面に50センチほど穴を掘り陰影を出している」や、

「目を立体的にする為にまずは雪を掘って、奥行きを出して作っている」などなど。

100206_オオドオリ大学開校091

100206_オオドオリ大学開校089

真っ白なこの雪をどんどんと立体にしていく。

そして生き生きとした動物たちの表情に感動しました。

細かいディティールもこのステージ上だから見える特権です!

その後

生徒のみなさんと移動し、今回の雪像、雪まつりがどうだったか。

意見交換を行いました。

DSC_0124

これが予想以上に盛り上がり!!

みなさん、久しぶりの雪まつりが一気に身近になったり、

自衛隊員の方の想いが詰まっているものだと再認識したり、

そして雪まつりへのアイディアも出ていましたね。

DSC_0135

来年の雪まつりも今から楽しみです!

*写真協力

・岡田梢

・札幌てくてく

2010/02/08

+1

今日は臨時ドリ大MTG。

開校式授業の反省と、今後の運営についてがメイン議題でした。

授業をコーディネートしてはじめて解った事がたくさんだし、スタッフとしての気付きもたくさん。

意義のある反省会でした。

今後の授業へは今回での反省がきっとたくさん反映される事となると思います。

3月の授業も少しづつ見えてきました。

(明日はさっそくその下準備に出かけてきます!!)

ドリ大の授業。ほんと触れ幅が大きいものになりそうです。(みなさん!お楽しみに!!)

DSC_0167

DSC_0169

MTGの一コマ。

今日、28日で学長 猪熊が 25歳となりました!!

すてきなドリ大メンバーに囲まれて!!

この一年もたくさんの笑顔を共有したいです。

DSC_0174

泣き虫25ベアーを描いてくれた企画 信さんと。

DSC_0175

泣き虫ではないんです。

かんどーしーやなんです。

2010/02/08

特別な日だけど、いつもの様に。

2月6日(土)

札幌オオドオリ大学が開校しました。

また、開校授業として3つの授業を行いました。

写真

私たちは札幌オオドオリ大学を通称“ドリ大”と呼んでいます。

このプロジェクトのはじまりを友人に話をした時、

「ドリ大のドリはドリームのドリだね。」と素敵な言葉をもらいました。

その時、これから築いていくドリ大が自分の中で整理され、

ドリ大を通して“夢”を持って関わっていける可能性を感じたのです。

「3年後の自分がみえてきた」「友達100人つくりたい」「札幌をもっと好きになりたい」

・・・授業を通して、札幌のまちに多くの“夢”を持つ方たちが増えていく。

そんなことを夢見ています。

開校準備を進めて半年、10月の札幌時計台での学校説明会を皮切りに、

12月のオープンキャンパスでは2つの授業、三吉神社でのキックオフパーティーを開催してきました。

これから毎月第2土曜日をドリ大の日とし、オリジナルの授業を展開します。

「夢は叶えるもの。」幼い頃に先生が言っていたこの言葉が今でも心に残っています。

写真は開校式を行った、雪まつり4丁目会場をつくっている、自衛隊員の方々。

真っ白な雪にこんなにもストーリーを感じられる雪像がつくられていくなんて!

と感動しました。

札幌オオドオリ大学もこの雪像と同じ。

真白な所からどんなカタチにして、どんな深みができていくのか。

そして、多くのこのまちの方たちと思い出をつくる様に、

授業をつくっていきたいと思います。

2月6日はドリ大にとって特別な日。

でも、いつもの様に笑顔でみなさんと会えたこと。

とても嬉しく思います。

(*開校式や開校授業は追ってレポートしますね。)