2010/05/31

今日の朝、ふれた 風

tannpopojpg

土日で曇り空の東京に行ってきました。

なので、今朝の雲1つない札幌の空に思わずにんまりしてしまいました。

この2日間で自分の大切にしたいことを改めて想い、理解し、みつめた時間を過ごすことができました。

大通へ出て行くための地下鉄までの道を、

優しい風に触れながら歩いていきました。

私がこの2日間で触れたものは、この風に似ていた。

心地よくて前向きになるものだった。

2010/05/26

図書館の不思議

「たった一枚のサッポロ」の授業を開催する場所は、

みなさんも1度は足を運んだことがあるんじゃないでしょうか!

札幌市中央図書館!!

私の記憶の中では受験勉強をしに行ったり、学生時代は資料をみつけに行った記憶があります。

スペース

そして、今回は3階の講堂をお借りしての授業となり、

生徒15名では大きすぎるくらい贅沢な空間です!!

===

今回の教室が図書館となったきっかけは、

5月の「みんなの神社 〜実はとても身近な存在です。神社とまちとの深い関係〜」の授業で、明治時代の三吉神社の写真を中央図書館の司書さんが発見してくれたことに始まります。

そう。図書館といえば、新書が借りれるとか、気になる本だあるかも、とかそういう動機で来られる方も多いかもしれませんが、

それだけではありませんでした。

サッポロの歴史が揃う場所が図書館だったのです。

その証しは地下の書庫にありました。

(普段、利用者は入れないのですが、授業の打ち合わせで、特別に見学させていただきました。)

IMG_2761

左はこの授業が初授業コーディネーターとなるミワさん!

右は図書館の浅野さん。

お2人が見ているものは、、、

こちら!

IMG_2763

新聞の北海道、さっぽろに関する情報のみをスクラップしたものたち!!

この写真を見ても、昭和30年代のものが揃っていますね。

他にも雑誌「太陽」がぜーんぶ揃っていたり、戦前の本もあったりと、、、

ここの書庫に1日居れることができたら、なーーんて幸せなんだ!

と思ったのでした。

IMG_2773

こちらも魅力的でした。

地下の食堂のユニークなメニューたち。

あじがあるポップです。

授業前の準備はここでご飯をしっかりと食べたいと思います。

「たった一枚のサッポロ」は満員締切となりました。

みなさんの100枚!楽しみです☆

2010/05/25

社会の中で起こっていること。

昨日は札幌地方裁判所にて、刑事裁判の傍聴に行ってきました。

6月12日に行う授業「裁判員になってみよう」の予習でした。

傍聴を共にしたメンバーは、、、

傍聴

左から、教育文化会館の桑原さん、山下さん。ドリ大の金山さん。私。

+写真を撮ってくださった、山下さんのお友達 ミカワさん。

5人とも傍聴するのは初体験。

裁判の予定表(開廷表)で確認して、目的の裁判へ。

「傍聴人入口」から中に入り,傍聴席に座って傍聴したのですが、、、

約1時間の裁判。

検事さん、弁護士さん、裁判長、そして被告人のやり取り、、、。

このたった1時間で刑という未来が確定していく姿が目に焼き付きました。

===

「なんでこのメンバーで傍聴しに行ったの?」と思われ方もいるかと思いますが、、、

この授業の説明の最後にある一行を確認されたでしょうか!!

実演には、○○の方々も登場します。彼らの熱演にも要注目です!

お気づきの方もいらっしゃるでしょうか?!

彼らがこの授業に重要な”役者”たちなのであります!!

栗山さん

こちらは爽やかなお2人。

左から、ボラスタの栗山さん。そして授業コーディネーターのニオさん!

今回は栗山さんが素敵な役者となって、この授業を盛り上げてくれます!!

6月12日まで何度か演技練習+リハーサル!!

追って、この進行状況もお伝えできればと思います!!

お楽しみに!!

2010/05/23

「たった一枚のサッポロ」

写真を撮るの好きな人ってけっこういると思います。

自分に置き換えてみると、BLOG用の写真だったり、旅行での記念写真、そして何気なく撮る風景。

今回、6月12日に行う授業の1つ「たった一枚のサッポロ」では、

生徒のみなさんに宿題として新たに、改めてサッポロを100枚をデジカメで撮ってきていただいてからスタートします。(授業内では撮るというコトは行いません。)

そして、授業ではそれを「たった一枚」にするのです。

自分の心と対話をしながら、

自分のサッポロを見つめ直す授業。

先生は東京から”こどもごろこ製作所” 軽部 拓さん、井口 雄大さんのお2人。

そして、札幌からは写真家の佐藤雅英さんが先生です。

写真

佐藤さんは北海道在住芸術家・文化人の肖像写真をまとめた「北の貌」や、長年撮りためた約160枚の札幌の自然と人たちの写真集、「愛 札幌」を出されています。

写真を通して感じる、考える札幌。

あなたの「たった一枚のサッポロ」はどんな風景、どんな風がふいているのでしょうか?

⇒【社会】たった一枚のサッポロ

2010/05/22

5月15日はすてきな日でした。

5月15日のこと覚えていますか?

札幌はとっても奇麗な青空で、前日までの寒さを忘れるくらいの温かさでした。

サクラもこんなにキラキラと咲いていました。

sakura

515日は広島でひろしまジン大学」通称:ジン大の開校式だったのです。

ドリ大チームはなかなか出向くことができませんでしたが、

名古屋からは「大ナゴヤ大学」の学長シンヤスくんが参加。

どんな様子だったからは、彼のBLOGから追って知ることとなりました。

開校式では、ジン大の学長 笑顔が素敵すぎる平尾さんのお父さんが挨拶された様で、あたたかい開校式だったのだなぁ。と。

私も2月のドリ大の開校式を思い出し。

原点を振り返りました。

今回、ジン大の開校式に参加したいという想いはもちろんあったのですが、

札幌で大切なお祭りのお手伝いをさせていただいていたので、

参加は断念となりました。

コチラのお祭り、「三吉神社例大祭」もとっても素敵なものとなりましたよ。

doridaisei

はじめての半纏(はんてん)姿。

私は第一祭典区 本府 を背中に白い半纏。

ドリ大の生徒のみなさんも坂本さんと一緒に白い半纏を着せていただきました。

そして、ミエちゃんは四番街商店街 祭好会の半纏。

さぁ。みんなこれから御神輿を担ぐのです!!

IMG_2531

5月の授業

【みんなの神社 〜実はとても身近な存在です。神社とまちとの深い関係〜】で学んだように、三吉神社の本山は秋田。行列の中にはなまはげも居ました。

さぁ。鳥居をくぐって出発です!!

IMG_2556

三吉神社は市電沿線にある神社。

御神輿を担いでいると、市電が。

これも印象深い風景となりました。いつもの景色があっという間に”ハレ”の景色へ。

IMG_2568

途中、女性中心に担ぐ場面が。

私も一緒になって「オイサー」「オイサー」とかけ声をかけながら、

肩は正直、まだまだなれないので担ぐ場所が悪く痛かったのですが、時々、担ぎ手の意気が合うと、ふっと軽くなるのです。

「意気が合う」「足並みが揃う」ってこういうコトなのかぁ。と。

札幌のまちの中を5.5キロ練り歩きましたよ。

IMG_2664

今回の三吉神社例大祭に関わらせていただいて、やっとまちの1人として生きていることを実感しました。

このまちの歴史を知り、そしてこの歴史を引き継いで行くこと。

まちの景色はこんなにも有機的でたくさんの人に見守られていることに、なんだか感動した一日でもありました。

2010/05/21

5月の授業を振り返る3>女子会

女子会好きの猪熊です。今回のテーマは”エイズ/HIV”。

教室はTO OV cafe(ト・オン・カフェ)さんをお借りして、

美味しい飲み物をいただきながらの開催となりました。

DSC_0407

まずは、NPO法人レッドリボンさっぽろ 事務局長 宮武さん、

札幌市立山鼻中学校 養護教員 小林さんにエイズ/HIVについてお聞きしました。

私自身、中学・高校以来の性との向き合い。なんとなく知ってはいたものの、目をそらしてなかなか真剣に考えることが無かった問題。

「札幌市の10代でエイズ以外の性感染症(クラミジアなど)に感染している割合は全国の3.6倍もあり、性感染症にかかっている人はHIVウイルスへの感染リスクが4〜5倍に高まる。」というコトに衝撃がはしりました。

DSC_0414

後半はグループにわかれてテーマごとにおしゃべり開始!

〈テーマ1〉「コンドームをつけて」と相手に言えますか?
〈テーマ2〉友人から「エイズになった」と告白されたら、どんな言葉をかけますか?
〈テーマ3〉今日この場を体験して、どのように生きていきたいと思いましたか?

制限時間があっっという間に来てしまう様な、おしゃべりがあちらこちらから聞こえてきます。

最後はみんなで振り返り、私はある生徒さんの「なんでもまぁいいっかぁ。は辞めようと思う。」という言葉にとってもしっくりきました。

DSC_0445

授業後は生徒の方が残られ女子トークが続く姿がありました。

またやりたいな。この授業。今度は男の子も一緒に。エイズのコト、HIVのコト知っていきたいな。

2010/05/21

5月の授業を振り返る2>みんなの神社

miyoshi_jinja (15)

まちの中にある三吉神社。

通称「さんきち さん」。そう、人名では無いのに”さん”ってついちゃうほど、

愛されている神社です。

miyoshi_jinja (17)

まずは着物姿がお奇麗な授業コーディネーターのニオさんから、先生紹介。

左から、祭好会の松田さん、権禰宜の佐藤元昭さん、権禰宜の原田年雅さん、そして札幌四番街商店街振興組合副理事長 坂本晴則さん。

どんな授業がはじまるのか、ドキドキわくわく。

厳かな凛とした空気の中で授業が始まります。

miyoshi_jinja (21)

まずは社殿にて玉串拝礼を行う為に練習です。

間違っちゃいけないんじゃないかと、これまたドキドキ。

玉串拝礼の作法は

1.神職から玉串を渡されるときに軽く会釈をし、

2.右手で榊の元(根本)の方を上から、左手で先の方を下から支え胸の高さに、やや左高に、少し肘を張って持ちます。

3.玉串の先を時計回りに90度回します。

4.左手を下げて元を持ち、祈念をこめます。

5.右手を離して、玉串をさらに時計回りに回し、

6.玉串の中程を下から支えます。

7.玉串の元を神前に向けて、玉串捧げる机(案)の上に置きます。

8.二拝二拍手一拝し再び一揖して退きます。

スタッフの見本を見て、ふむふむと。

miyoshi_jinja (25)

そして、社殿に入ります。

入る前は手水にて手を清めます。

残念ながら、社殿内は撮影禁止の為、お見せできませんが、

祝詞には札幌オオドオリ大学の願いをたくさんつめていただきました。

miyoshi_jinja (36)

社殿を後にし、後半は、

三吉神社の歴史、そしてまちの歴史がスタートです。

三吉神社の起源は、西暦673年(白鳳2年)に役小角(えんのおづの)が秋田県太平山に創建したと伝えられています。
札幌の三吉神社は、秋田県から移住した人々によって明治11年に建立された民社です。
毎年5月15日に行われる三吉神社の例大祭は、神様に氏子(地域に住んでいる人)の町内を見てもらうためのお祭りです。その際に神様が乗るのが、御神輿です。

そして、秋田県がベースとなっている為、なまはげも出陣するのです!!

miyoshi_jinja (48)

坂本晴則さんからは、札幌の歴史です。
SLがホームに入ってくる札幌駅のプラットホームや、駅前交差点に市電が走っている様子など、現在の札幌駅からは想像もできない映像を見ながら、当時のエピソードを語ってもらいました。


知られざる札幌の姿が次々と。

その度に、生徒のみなさんからは歓声が聞こえます。

miyoshi_jinja (66)

最後は佐藤元昭さんが例大祭に着用する正装に着替えてくださり、集合写真。

miyoshi_jinja(1)

なんだか大家族の集合写真の様ですね。とってもあたたかい授業でした。

「photo: tsuguAugust11」

2010/05/21

5月の授業を振り返る1>50人でオオドオリお掃除!

なんだかんだで、あっという間に5月後半;;;

5月8日の授業を振り返ります!!

IMG_2427

今でこそ、春らしい気温になってきましたが、5/8はまだまだ寒かった!!

雨の中集まってくださったみなさまありがとうございます!!

スタッフが太陽になって満面の笑みでお出迎え。

50人集まってからは、5レンジャーの先生それぞれに分かれて、各コースへ。

5レンジャー・赤 服部彰治チーム  シャワー通り→日産ギャラリー→カナリヤ周辺
5レンジャー・青 伊関洋チーム   札幌駅〜大通りの地下工事現場→北洋銀行→創成川公園
5レンジャー・黄 佐々木未江チーム 狸小路7丁目→狸小路1丁目
5レンジャー・緑 吉住実チーム   二番街→時計台
5レンジャー・桃 芝田亜実チーム  大通公園3丁目→大通公園6丁目

DSC_0320

狸小路へ行くチームもあれば、

DSC07838

大通公園の桜の下をお掃除!

DSC07848

黄色いお花もキレイです☆

DSC07850

街の中にこのミドリのビブスを着た、50人が街の中へ放たれました。

50人どれぞれにゴミを拾いながら、まちのこと、人のこと、そしてごみのこと、を対話をする時間になったのではないでしょうか。

DSC_0336

本当は大通公園でお花見をしながらの振り返りだったのですが、急遽屋内へ。

DSC_0358


「頑張ってください」、「ありがとね」と挨拶された。うれしかった。

観光客や外国人の方がゴミを袋に入れてくれた。
思ったよりもゴミが落ちていなくて、札幌はキレイな町だと実感した。

などなど。

DSC_0375

各チームから1人づつ集まり、新しいチームへ。

それぞれが感じた「まち」「ひと」「ごみ」の意見交換。

DSC_0396

最後はみんなでゴミゼロの「0」マーク!!「ポイ捨てなんてかっこ悪いぜ!」って。

授業の様子はコチラのレポートもご覧ください!!⇒http://odori.univnet.jp/subjects/detail/19

2010/05/06

50人でオオドオリをお掃除! 街のゴミを拾いながら考えるゴミのこと、街のこと、人のこと

みなさん、GWはいかが過ごされましたか?

私は畑を耕したり、山菜を採りに山に登ったりとアクティブに動いていました。

今週末は5月の授業です!!

(そして今日は授業申込〆切日/夜12時です!!まだ参加可能な授業がありますよ!!⇒コチラ!

今回、チャレンジする50人で行う授業!

「50人でオオドオリをお掃除! 街のゴミを拾いながら考えるゴミのこと、街のこと、人のこと」

毎月第2・4土曜日に行っているグリーンバードのみなさんとの授業です。

私も4月24日のグリバに参加してきましたよ。

DSC_0045

ちょうどこの日は、ベロタクシーの出陣式。

今週末お世話になる三吉神社の宮司が祈願祭を行っていました。シャワー通りが厳かな空気に!!

その後は2チームに分かれて、約1時間みんなでお掃除です。

DSC_0137

みんなでお揃いのビブスを着て、お散歩気分☆

いつもと同じまちの道。

でも、心に”ゴミあるかな?”と思っていると、いつもと違う道に早変わり!!

あんなとこにも!こんなとこにも!ゴミが落ちている〜〜。

DSC_0173

ドリ大のミエちゃんはグリーンバード札幌チームの自称「大通番長」

そして、土曜日は5レンジャー・黄となります!!

DSC_0184

最後はみんなで集合して、一言感想!!

ゴミを拾うこともそうですが、1時間まちを歩く事で、こんなところに素敵なお店が!とか、

ここのビルのカタチ変わっているのね!!と、、発見がたくさんありますね。

DSC_0198

最後はみんなで記念撮影☆

この日誕生日だった5レンジャー・桃を囲んで!!

みんなすっきりとしたいい笑顔です☆

最後に5レンジャー・赤に質問しました。

Q:「今回の授業50人というドリ大としては大規模な授業ですが、

赤レンジャーとしては、この授業に参加する方たちに発見してもらいたいことはどんなことですか?」

A:「まず、グリーンバードの取組みは、「ポイ捨てはかっこ悪いぜ」という事を、

まちのなかを掃除することで、気づいてもらうというのがポイントになっています。

なので、何気なく普通に通り過ぎているまちのなかを改めて歩いてみて、

「ゴミ」というひとつの気づきを探して頂ければ、ポイ捨ては、出来なくなると思います。

それと、グリーンバードでは、ゴミを拾うという1つの目的で集まった仲間のコミュニケーションを深めていく「場」だと思います。多いに会話を楽しんで頂ければと思います。

あと、最後にまちを改めて見る機会になっています。「知っている」ではなく、知らない事の方が多いんです。なので、固定観念ではなく改めて、まちを見つめ直して欲しいと思います。」

5レンジャー・赤もやる気満々!!

みなさんも一緒にまちのお掃除を通して、新しい発見があるかもしれません!!