2010/06/30

チームプレー

昨日のサッカーW杯!

サムライJAPAN!私も見ていました!!

チームで”勝利”という1つの目標に向って、戦う姿に感動しました。

===

昨日は、7月の授業

【クリエイティブ】

会って、書いて、発行するヨロコビを実感〜
オオドオリの夏を取材して
フリーペーパーをつくろう

IMG_3215

授業コーディネーターは池端さん。(左端)

そして、3人の先生たちは、池端さんと面識のあるクリエイターの方々。

普段は一緒にお仕事をされている、まさに”チーム”。

IMG_3219

”ドリペ”というフリーペーを制作するという1つの目標を持ち、

授業で出会った生徒のみなさんと共に楽しくつくり出すことができそうです。

読者という見えない相手のことを考え、

取材させていただく方のことを考え、

制作を一緒に行なうチームのことを考える。

たくさん、考える要素がありますね。

サッカーと一緒。

自分が良いシュートを蹴りたいから。

ではなく、

チームと一緒に勝利という感動をつかみたいから。

こう、綴っていくと、、、

ものづくりって、意外と体育会系ですね。

IMG_3222

(写真:渋谷さんのお仕事を拝見させていただきました。)

わたし個人としては、

カメラマンの渋谷文廣さんの熱血指導が気になります。

「ビアガーデンの歴史を知りたい!」「狸小路の奥深さを聞きたい!」という方や、
「取材してみたい! 文を書いてみたい! 写真を撮ってみたい!」という方は
ぜひ参加してみてください。

お待ちしています!!

※7月1日(木)は、サーバー移転の為、ホームページにアクセスできない可能性があります。
ご注意ください。

2010/06/28

祭りだワッショイ!part2

連日天気のいい札幌。

気温は連日30度ちかく。真夏ですね。

そして、ここ札幌にはこの季節が似合う方がいらっしゃいます。

7月の授業祭りだワッショイ! 御神輿をかつごう!の先生、

神輿会 札幌四番街祭好會 副頭 松田尚実さんです。

-

matsuda_san

-

笑顔がすてきな松田さんに、御神輿のこと、祭好會についてうかがいました。

-

●御神輿を担ぐきっかけは何かあったのですか?

-

私は田舎育ちですが、地元の祭りでは神輿を見たことも担いだこともなかったのね。

20代のある年、札幌の街中で、たまたま神輿渡御を見たときに、

なんだか胸が熱くなってくる感覚があって「お神輿ってどうしたら担げるんだろう?」と漠然と思っていたら、ある日、四番街で、半纏を着たお兄さんとお姉さんに「お神輿担ぎませんか?」と声をかけられたのが始まりです。

ワケも分からず当日を迎え、ただ汗だくになって担いでいたら、祭好會の方々が、とっても温かくてね。

「大丈夫か?」って気を遣ってくれて、意識が朦朧となってきた私を神輿から引っ張り出してくれたり、直会では、向かいに座ったオジサン(現副会長)が、盛んに酒を勧めてくれて神輿について熱く語ってくれたり、なんか都会のど真ん中で、ずいぶん田舎的な温もりに触れたような感じがしました。

で、神輿の後の高揚した気分と酒に酔ったせいで、その直会の席で、祭好會の女性の袢天にビールかけちゃった。

そしたら当時の小頭に、も~身体が竦み上がるくらい叱られた。「神輿担ぎにとって袢天がどれだけ大切なものか解るか!」ってね。

そんで「まぁ今回は初めてだから許してやるけど、お前、元気あまってそうだから祭好會に入るか?」と・・・

首を縦に振るしかないでしょ。

-

IMG_2671

-

(副頭はムードメーカー。御神輿を担いでいる時に副頭が見えると安心します。)

-

●御神輿を担ぐことで印象深い思い出があったら教えてください。

-

先輩たちに教わった神輿のいろは、今でも思い出しては反芻してるよ。

「神輿のハナ(担ぎ棒の先頭)に入ったら1分でも30秒でもいいから自分の力で上げろ」

「どんなに苦しくても笑って担げ」

技術の前にまず心意気や見栄が、祭りでは肝心なんだってね。

そうして、少しはいっぱしの担ぎ手になったつもりで神輿を担ぎに行ってて、

小樽の潮まつりの渡御で、ハナを担ぐチャンスが巡ってきて、目一杯担いでいたつもりだったんだけど、

すすきの北祭會の大ベテランの方に、ポンポンって肩を叩かれて「おつかれ」って早々に出されちゃった。

情けなくて悔しくてね。

力量不足ももちろんだけど、もひとつ「神輿は顔で担ぐんだよ」って教えも思い出した。

俺はまだまだ顔売ってないやと。

それからできるだけあちこちの神輿に行って担がせていただくようになってね、

そうするといるんだね、名前も知らないけど、この袢天のコイツと一緒に肩入れると妙に合う!って奴が。

身長はもちろん、振幅やリズムが同調すると、神輿を上げる時ふっと軽くなる感じ。

その感覚が来たときは、もう脳内モルヒネ出まくり! この瞬間が少しでも長く続いてくれーって思うよ。

それがさらに4本の棒でそろったら、そういう時は、傍から見ても神輿は粋で綺麗に上がってるもんさ。

「どうだい!」ってもんだね。

-

IMG_2707

-

(右側の”ハナ”を担いでいるのが松田さん)

-

●御神輿を担ぐとこんないいことが!なんてありますか?

-

年寄りが元気なことかな?

祭好會には10代から70代まで幅広い会員がいるけど、特に年寄りが元気だね。

俺も来年50歳だけど、まだしばらくは現役の担ぎ手でいたいんだよね。

神輿は何年やっても上手くなったり下手になったり一進一退。単純なんだけど飽きないんだよ。

祭好會の仲間は、世代も仕事もいろいろだけど、損得関係ないところで付き合って単純なことを馬鹿みたいにやって一緒に汗流してるでしょ。

それを毎年、何年もやってると、ただの友達とも違う関係ができてくる、そういうコミュニティっていいよ。

札幌の中で、愛着を持てる街ができたってのも良かったな。

四番街で生まれ育ったわけでも、商売やってるわけでもないけど「自分の街」って思ってるもん。

それは祭好會をつくった四番街の方々のおおかげでもあって、札幌っていう薄っぺらな都会の中で、そのド真ん中で、伝統や人との関わりを大切に守っていこうとしてらっしゃる。

どんなに商業ビルが建ち並んでいても、あそこはやっぱり商店街で、気概のあるおじさんが頑張ってて、それを継ぎ繋ごうとする人もいる。

そんな生きてる街に、ほんの一端でも関わらせていただいてるのが、誇りだね。

もちろん日本の伝統文化に関わって、神社のことを学んだり、礼節や作法など、日本人が本来持っていた心を再認識できたのも良かったね。

神輿の話になるとつい長々と語っちゃうんだけど

一番はさ、

やっぱり神輿の後のビールが、めっぽう旨い!ってこと。

-

=============

-

御神輿を通して、まちに触れている松田さん。

まちに触れている、そして人にも触れているんですよね。

御神輿を担ぐというシンプルな目的を、目標をもって行なう。

そこにはあたたかな人情がたくさん感じられますね。

-

まだまだ語り足りていない!ということで、この続きは是非、授業で、

そして、11日の直会(なおらい)で語っていただくことにします。

-

そして。この授業の締め切りをちょっとだけですが6/30(水)まで延長します。

-

ちょっとでも気になったら、

是非、授業にお申し込みください。

-

【文化】

祭りだワッショイ! 御神輿をかつごう!

*写真は今年5月の三吉神社例大祭の時のものです。


2010/06/24

作業して、採って、食べて、売ってみよう

昨日、7月の授業がもう1つアップされました。

【農業】

美味しい野菜の生産者さんとつながる
マルシェな1日
〜作業して、採って、食べて、売ってみよう〜

この授業はドリ大初の試み、生徒のみなさんとバスで出かけます!!

行き先は石狩にある「はるきちオーガニックファーム

代表の小林卓也さんの言葉には心を打たれる、野菜への想いを感じます。

小林さんの言葉は⇒コチラ

そして、この授業には野菜のプロがもう一人!!

HOKKAIDO LIFE DEPARTMENT マルシェのプロである、後藤弘樹さんです。

先週は、後藤さんのお店「The Life Stock」のレセプションに、

ドリ大メンバーで行ってきました。

zentai

おしゃれな3階建て!!

スタッフのみなさんも、すてきな笑顔でお出迎えです。

そして、そこには美味しい野菜たちがたくさん!!

野菜

こんなに立派なアスパラにかぶりつきました!!

ニオさん

アスパラをかぶりつくニオさん(後ろ姿)。

「食べるだけではなく、つくるレストラン」というコンセプトのもと、

たくさんの展開が「The Life Stock」で行なわれそうです。

Marche’はフランス語で市場のこと。

授業の最後にはマルシェのプロ、HOKKAIDO LIFE DEPARTMENTの後藤さんと

当日開催されるPIVOTマルシェで野菜を販売も行ないます。
小林さんから聞いた話をたくさんのお客さんに伝える。

生産者の想いを伝えることこそ、マルシェの醍醐味です。

さぁ。7月12日は早起きして畑にでかけましょう!!

「The Lie Stock」

〒064-0820
札幌市中央区大通西23丁目1-2
TEL 011-631-1233 FAX 011-631-1232
営業時間 11:00〜23:00 定休日 水曜日

HOKKAIDO LIFE DEPARTMENT
http://www.hokkaidolife-d.com/

2010/06/23

祭りだワッショイ!

夏らしい気温がつづいている札幌。先週は北海道神宮もありましたね。

私は7月の授業の予習として、御神輿を担ぎましたよ。

半纏

大通のど真ん中、4丁目交差点で、祭好会の半纏を着て。

祭好会は、昭和578月創立。

昭和525月、四番街商店街組合が製作した「樽御輿」を北海道神宮祭に担ぐべく、四番街御輿会」が発足。

その後、浅草「宮本」にて製作した「四番街繁昌神輿(初代)」をお披露目。

そして昭和57年「四番街神輿同好会」が53名の有志により発足。

後に「札幌四番街・祭好會」となったそうです。

私が生まれる前から愛されている御神輿。

御神輿

7月10日(土)11日(日)に開催される、

四番街まつり」では背中に「街」の文字を背負い、

御神輿を担ぎます!!

11日の直会はなーーんと、「北海しゃぶしゃぶ」にて、ラムしゃぶ食べ飲み放題・会費無料!!

嬉しい計らいです。

みなさん!

御神輿担ぎましょう!!

【文化】祭りだワッショイ! 御神輿をかつごう!

2010/06/19

6月の授業も無事終了

連日、天気のいい札幌。

先週の授業もとっても天気が良くて、それだけで100点!

なんて思っちゃいました。

【社会】裁判員になってみよう

DSC01799

【社会】シェアするこころ”サイクルシェアリングしよう”

P6122735

【社会】たった一枚のサッポロ

IMG_3105

じゅんじゅんに授業のレポートも公開されていくので、お楽しみに!!

2010/06/11

授業準備の景色

明日は6月の授業。

今回の授業は全て【社会】がテーマとなりましたが、切り口は様々。

それぞれの視点での社会と繋がる出来事を考える内容となっています。

03

(左:コーディネーター みわさん・右:中央図書館 浅野さん)

たった一枚のサッポロの教室は札幌市中央図書館の講堂。

とっても広いお部屋を貸していただき、音響設備や映像設備も色々とお世話になっています。

明日はどんな授業の物語ができるかな。

東京からも「子どもごころ製作所」のみなさんが来ます!!

05

鮮やかな自転車 POROCLE(ポロクル)

シェアするこころ”サイクルシェアリングしよう”授業コーディネーター ハジメさんの目の先には、、、

06

今回の授業の協力者。ドーコンの須田さんと渡辺さん。

授業でのポロクルコースを確認する為に10分くらい乗ったのですが、

初夏の札幌の風はとっても優しかったです。

明日もさわやかな、笑顔な風に、みなさん吹かれてくださいね。

ドリ大 企画統括 信さんのお店(D&DEPARTMENT SAPPORO by 3KG)での

展示「NIPPON VISION 3のオープニングにでかけると、、

そこには!

01

あ!

イケメン弁護士発見!!(思わず記念撮影 笑)

ちょうど「裁判員になってみよう」の授業リハーサル後にお会いしました。

なんだかとっても楽しかった!とのこと、、

リハーサルで楽しいって、、、授業はどこまで面白いのか?!

ワクワクは止まりません!

04

信さんは12日はお店でトークイベント15:00〜16:30

(これはもうすでに授業ですよ!!)

気になった方は是非、授業後におでかけください。

展示もとっても面白くて、日本の様々なお土産シーンを見ることができます。

(そして買えちゃいます!)

写真には松本さんも写ってる!!

いつもと違うシーンでドリ大のメンバーと会うと、嬉しさ倍増する私がいました。

さぁ。明日は授業でみなさんとお会いできること、

楽しみにしております!!

2010/06/04

ポロクルに乗ってみた。

6月の授業:【社会】シェアするこころ”サイクルシェアリングしよう”

で実際に乗る自転車「ポロクル」に乗ってきました。


IMG_4098

って、NHKさんの取材を受けました。リポーターはBizスポの鹿沼健介さん。

IMG_4099

実際に使用するのはこの時が初めて!

コントロールパネルにICカードまたは携帯電話をかざし、

ランプが点灯している自転車ラックのランプボタンを押すと、自転車のロックが解除されます。

とっても簡単な操作で気軽にポロクルをゲット!

IMG_4104

ブルーの自転車をみつけたらそれはポロクルですよ。

私が興味を持ったのは、”自転車をシェアするということ”

平日は私たちの様に、大通周辺で仕事をしている人たちが利用し、休日は観光客の方が気軽に使用することを想像しました。

また、”シェア”をする。ということになったら、きっと丁寧に使う様な気もします。

札幌のまちの中を自転車に乗って、新しい発見をたくさんしたくなりました。

天気が良い日には円山へ、札幌駅方面へ、このポロクルを使って、打ち合わせ場所へいきたいなぁ。と企んでいます。

興味がある方は、まずは授業で触れてくださいね☆

====

この取材の模様は、

6月25日(金)のBizスポ

PM10:55〜11:50で放送予定です!!

2010/06/01

おとなってなんだろう?

「あなたは大人ですか?」

って聞かれてしまうと、悩んでしまう自分がいます。

どちらかと言うと、今の私の答えは「大人の階段を登っています。」が素直な気持ちかも。

-

26日(土)は渋谷の”たばこと塩の博物館”で【おとな学科】おとな学科全国会議に参加してきました。

「おとな学科」は、JT日本たばこ産業株式会社とのコラボレーション授業です。

シブヤ大学、大ナゴヤ大学、ひろしまジン大学、札幌オオドオリ大学 、そしてJTの社員の方々があつまってアツイ3時間がスタートです。

まずは、シブ大 おやびんがJTさんとシブヤ大学との出会いについて語ってくれた後は各校(4大学)の授業コーディネーターから、「おとな学科の定義」「授業案」の発表です。

ikepong_1

ドリ大からは池ポンこと、池端さんが参加。

おとなってなに  を 色んな切り口で伝えてくれました。

この授業の様子は、

大ナゴヤ大学 シンヤス学長

ひろしまジン大学 平尾学長

がBLOGで伝えてくれてます。

おとなの道にはゴールが無く、

成長をしつづけていくことなのかもしれない。

生活のなかで”ある出来事やモノ”につき合うことによって成長していくこと。

「嗜む」ということもそういうニュアンスが含まれているのではないかと思います。

これから、おとな学科の定義が創られ、

そして、各大学で授業がはじまります。

さぁ。私もこの授業を通して、もう一段大人の階段を登りたいと思います。