2011/04/25

日曜日の朝・ごはん

日曜日の朝ご飯は卵ご飯。

主役の卵は、石狩のノーザンノーサンのイコロラン。

ドリ農部が土曜日に見学で行っていて、お土産でいただきました☆)

前回の石狩・交換留学で見学をした、

佐藤水産魚醤工場で使われている鮭のカスをエサとして、

育てられた鶏の卵。

もちろん鮭醤油をかけていただいた。

キレイな黄色。キレイなかたち。

朝から美味しい元気をいただきました。

===

tamago

2011/04/22

札幌から新しい物語がはじまった<2>

ということで、

ラジオドラマの授業は続きがありました。

なんと!

ラジオのブースに入ってドラマを収録したのです。

===

DSC_0194

===

DSC_0203

===

そして、今回協力していただいた、

AIR-G’WORKS ディレクター 坂田太郎さん

本当にありがとうございます!!

言葉が物語になって、音になって私たちに伝わってくる。

その一連の流れを教えてくださいました☆

===

DSC_0205

===

授業に参加された全員の参加は難しかったですが、

みなさんの力で作品が作られました。

DSC_0221

では、

さっそく聞いてみましょう!!

===

DSC_0234

===

[ドラマB]

http://soundcloud.com/bangchoo/dramab

札幌から新しい物語がはじまる 〜ドリ大ラジオドラマ『時計台の鐘の音』

【出演】

観光客A 森口絵梨

観光客B 對馬千恵

サラリーマン 月館彰人

ナレーション 小松瑞歩
脚本  森口絵梨  月館彰人  小松瑞歩
制作 札幌オオドリ大学
協力 AIR-G’ FM北海道

===

DSC_0229

===

[ドラマC]

http://soundcloud.com/bangchoo/dramac

札幌から新しい物語がはじまる 〜ドリ大ラジオドラマ

『あの鐘を鳴らすのはあなた』

【出演】

男1 高畑陽馬

男2 中橋嘉孝

ナレーション 小熊規子
脚本  中橋嘉孝  野口香苗  對馬千恵
制作  札幌オオドリ大学
協力  AIR-G’ FM北海道

2011/04/22

札幌から新しい物語がはじまる<1>

札幌から新しい物語をつくる。

この授業は2月の1周年のプレゼンの際に、

銀賞を受賞した沢田石さんの提案授業。

「ドリ大ラジオドラマ」をつくりたい!という沢田石さんの想いが、

すてきなカタチになりました。

===

DSC_0023

===

先生の島崎さんのシナリオのつくり方、

AIR-G’の坂田さんからディレクターの視点でお話を聞いたあとは、、、

===

DSC_0037

===

座学だけでなく、今回の醍醐味は、

この時計台の”音”をキーに、ドラマをつくるということ。

===

DSC_0049

===

10:00になる前はロケハンならぬ、シナリオハンティング!

シナハンです!!

観光客気分で記念写真☆

時計台の周りにはいろんなできごとが起こっています。

札幌の人もいれば、観光客のかたも。

タクシーも並んでいれば、周りはビジネスビル。

さぁ〜この情景からどんなストーリーが生まれるのでしょうか?!

===

DSC_0052

===

島崎先生の良い笑顔もいただきました☆

さぁ〜 そろそろ、10時の鐘がなりそうですよ!!

===

DSC_0080

===

教室に戻ってからは各チームでシナリオづくり。

鐘の音は忘れずに、

意見が飛び交っています。

===

DSC_0085

===

最後は各チーム配役を担当して、

ラジオドラマを演じます。

よかったチームに投票をして、、、

上位2チームのドラマを実際に録ってみよう!ということに!!

もちろん授業はこの日だけ、シナリオを作ることに集中したので、

日を改めての収録、さて、一体どんなドラマがつくられているのでしょうか?!

===

DSC_0107

2011/04/15

ドリ大・交換留学

4/16は交換留学。

1

1番最初の留学先は石狩!

バスに乗って40人でわいわいガヤガヤと大移動。

魚醤工場、資料館、石狩鍋、石狩浜!と

ボリュームたっぷり。

留学生たちが見たこと、知ったこと、驚いたことは、

交換留学の特設ホームページ(http://koukan-ryugaku.com/で様子が解ります。

===

1_small1===

パソコンの前、スマートフォンで見ているそこのあなたも、

留学生たちの知り得たこと、まちの情報を是非とも

覗き見してみてください!!

2011/04/14

今週の土曜日は石狩・交換留学/最終チェックで石狩へ。

その時に寄った石狩浜はとても静かで、優しい時間が流れていた。

隣町のこと、知らなかったことがたくさんあって、

行く度に新しい発見があります。

”留学”する気持ちでまちを見ると、「ヒト、モノ、コト」が

自分事して思えてくる。

石狩のことを持っと知って欲しくなるし、

石狩のあの人が気になってくる。

石狩のあの場所が好きになった。

===

aihara

===

石狩鍋発祥のお店「あいはら」さんでは、

とっても美味しい石狩鍋を堪能!

もちろん授業でもいただきます☆

優しい味は、相原さんしかつくれない愛情がたっぷりです。

===

umi

===

石狩浜はとても優しく、私たちを待っていてくれました。

土曜日の海も楽しみ。

2011/04/06

新しいこと

4月からの新しいこと。

はじめようと思ったのは、「認知症グループホームのお手伝い」です。

グループホームのお手伝いは、学生時代に1年間勤めていた母の施設へ。

週に2度。朝7:00〜9:00の2時間のお手伝い。

久々に入居者の方と顔を合わせて笑顔の元気をもらいます。

私のおばあちゃんも居るのですが、

私の顔をみても”わたし”だと認識してくれません。

なので、当分の目標は「梨恵ちゃんキレイになったね。」と言ってもらうこと。

おばあちゃんとゼロから、顔を合わせて、顔見知りになって、ちゃんと孫になろうと思います。

===

kutsu===

私は私のできる速度で、

周りに笑顔の連鎖をつくっていきたい。と思います。

こんなときこそ。もそうだけど、

いつもの様に。

2011/04/04

ふるふるつもってまたとける

4月なのに、昨日は吹雪いていた札幌。

4/1は嘘は一つもつかないで終わった。

4/2は札幌ビエンナーレ・プレ企画「美術館が消える9日間」オープニングで近代美術館へ。

ニオさんの旦那さまのぎっちゃん(ギオームさん)に久々再会し、

ニオさんにパチりと撮ってもらったり。

若い方から年配の方まで、多くの方があつまっていました。

===

写真2

===

9日の授業での

「キュレーターって何をする人?」も大人気です。

今回はこの展示会場が教室です。

===

4/3は近代美術館で「編集」のおしゃべり。

スケルツォの加賀城さん、UHBの後藤さんとご一緒させていただきました。

お2人とも面識があったので、

2人の「編集」について、個人的にとっても興味がありました。

この日は吹雪いていた札幌。

===

写真1

===

このトークが終わってから、自分の頭で情報整理。

まるでこの景色のごとく、

言葉が浮かび、真っ白になって自分の中に溶けていく。

2011/04/01

ジャンプ!

4月1日。

新しい気持ちで迎えました。

===

ドリ大の新しい取組みとしてスタートしたのが「ドリ大・交換留学」

札幌広域圏組合のみなさんとの協同プロジェクトです。

昨日はニオさんと江別に行ってきました。

江別への交換留学をつくる前準備として、

歴史や風土、人とふれあいどんな留学になるのか、楽しみです。

留学をする為には、

心の準備が必要ですよね。

行く場所の空気感をしっかりと前勉強せねば!です。

===

写真1

===

写真2

===

えべチュン かわいいキャラ。

(今度江別にいったら、ソフト素材のえべチュンキーホルダーをゲットしたい!!)

れんが工場がある江別。

この子はレンガ鳥という種類らしいです。

でも、

サブレになったえべチュンは江別の小麦でできていて、サクサクっ っと一気に食べてしまいました。

(固くなかったです。)

===

写真3

===

江別市郷土資料館に行ってきたのですが、

解説員の安藤さんに運命的な出会い!!

屯田兵の末裔ということで、初めてリアル末裔の方とお会いしました。

(写真は川でやつめうなぎを獲る為の網カゴ)

そして資料館目の前、

煉瓦造の円形校舎「江別第三小学校」も

歴史を感じさせるものでしたよ。

安藤さんが言うに、昭和32年につくられたとのこと。

===

札幌に帰ってきてからは、

ドリ大の1年大反省会!なる職員会議。

みんなの気持ちを根っこの部分から聞けて、

想いを共有できたのが嬉しかった。

もっともっと頑張れると思った。

これからのドリ大。

もっとみなさんに見える様にしていきたい。

===

写真6===

職員会議の後は4/1HBのハジメさん、4/3HBの池ポンに

サプライズケーキ!!

おめでとーーうぅう!!

3月31日は自分の中でいいジャンプをした日となりました。

なんだかスッキリした気持ちの今日。

この気持ちを忘れずに、またこの1年おもいっきり楽しくしていきたい!