2011/08/31

近くのあの空間

遠いものを見ようとして、

近くのものを見逃しているあの感じ。

最近、自分の足下を見直す機会があった。

===

IMG_6407-

<円山>

月に2日間実施している神宮マーケット。

3:30という過酷な早起きは、自分の生活をリセットするタイミングをくれました。

8:00くらいから、さすがに眠くなってしまうのですが、

マーケットに訪れる、多くの楽しい笑顔から、

元気をもらってのりきっています。

先日のマーケットでは常連のおばちゃんとおしゃべり。

「6時の神宮の太鼓の音を聞きに1時間歩いてくるのよ〜」と。

おばちゃん、元気すぎです!!

マーケットに来てくれた学生時代の友人は、

かわいい元気玉みたいな子供を連れてやってきた。

これからどうやって活き活きと生きていくのか、

自分たちの子供がどんなものを食べ、

どんなところで遊んで大きくなっていくのか、

私はまだ体験できていないことを一生懸命考えていた。

-

写真2-

写真3-

<桑園>

昨年から始まった、

ミニ大通お散歩まつり。(9/11(日)開催)

グリーンバードとして、お掃除しに行ってきました。

木々の下を自分たちのペースで、まだまだ暑い日に

汗をかきながら。

おまつりの看板はこの場所で拾った、木々や葉っぱや栗のイガイガ。

こども、おとなも真剣に。

最後はみんなでミニ大通の真ん中で、

とうきびとスイカをいただいた。

-

写真-

<澄川>

初めて、しかも札幌でキウイがなっているのを見た。

実家から歩いて3分のこの近場で26年間知らなかった。

ご近所だと判明した「アートNPOエイド」などの活動をされている

宮浦さんのお父さんの果実園へ。

私は自分の生まれ育ったこの場所のことを

あまりにも考えていなかったなぁ。

と宮浦さんとおしゃべりをすると思うのです。

私たちが小学生時代にはもっとこどもたちがいたんじゃない?

雪かきできていない家が増えてきたかも?

と、もっと自分の足下をみると、

新しい発見や解決しないといけないことがたくさんあるんですよね。

===

円山も桑園も大通も、

知れば知るだけ多くの魅力を感じます。

でも、こうやって自分の生まれた”場”にも

たくさんの好きなものや魅力的なものがあることを

再認識した最近でした。

この気持ちを持ちながら、多くの場での出会いを大切にしたいとより思うのです。

2011/08/26

新しいこと はじめてみます。

DSC_0003-

昨日はUHB・新蔵博雅社長を訪ねて、お話をお聞きしました。

そうです。

インタビューです。

これからインタビューをまとめるのですが、

社長の考えや今までのエピソード、

そして未来のテレビのありかた、

ドリ大への率直な質問。

たくさんの考えるきっかけをいただきました。

インタビューアップは9月上旬を予定しているので、

お楽しみに!!

-

写真-

帰り際には「U型テレビ」の収録現場へ。

初めてスタジオに入りました。

予想以上に静かなスタジオで、出演者のみなさんの声が響きます。

丁度コーナーを担当していたのは、

以前、ドリ農部の「やおやさんマップ」をピックアップしてくださった、

鈴木亜梨沙さん。

元気いっぱいで是非ともドリ大の授業へ参加して欲しい!!

そして、外では中継を待つ、ドリ大先生、菅井貴子さんにも再会しました☆

嬉しい再会も重なって。

インタビューしっかりと作らねば!と気合いが入ります。

2011/08/22

ミセナカ書店始まりました!!

misenaka1-

札幌ブックフェス2011

「ミセナカ書店」8 月 22 日(月)~9 月 11 日(日)が始まりました!!

ブックフェスは3回目、ミセナカ書店は2回目。

今回はなんと82店のカフェやギャラリー、美容室、アパレルなどの

お店のみなさんに参加していただいております。

-

マップを片手に、

本を通してまち歩き。

-

本を通して知ることができるその人。

ドリ大メンバーの元さんとは、

「最近どんな本読んでるの?」の意見交換。

しっかり答えよう、と最近は勉強してます。(きっと、、)

-

陽射しがまだまだ強い札幌ですが、

もう少したったら外で本と読むのも気持ちい風がふきそうですね。

みなさんも本を通して、まち歩き是非してみてください☆

2011/08/20

100歳・大通公園

写真-

東西約1.5キロのミドリが連なる「大通公園」。

1911年(明治44年)に逍遥地として整備されてから、

今年で100年を迎えます。

この街なかのオアシスには、

なんと!92種、約4700本の木々が生きているんだそうです。

テレビ塔のある西1丁目から西12丁目までは、

「花」「つどい」「フロンティア」「オアシス」「交流」の

5つのテーマとゾーンで構成されているんだそうです。

この写真は2丁目。

最近は盆踊り会場として ちゃんこちゃんこちゃんこ〜♪と

音楽が流れていました。

季節と共に変わる景色を常にみせてくれる場所。

そして、私にとっては、

今は亡き祖父と大通公園でとうきびを食べたり、

雪まつりにいったり、大通西9丁目の鯨の森で遊んだり、、、

(鯨の尾をイメージしたあの白い大きい滑り台は、

何度滑ってもキャッキャしちゃいますよね。)

そんな記憶を思い出します。

札幌に住んでいる方ならば、

必ず一つはもっているだろう大通公園での思い出。

9月には100歳になる大通公園の誕生会も企画しています。

みなさんも一緒に大通公園の歴史を振り返りながら、

次の100年を見つめる機会がつくれたらと思います。

2011/08/17

瓦Re:KEYHOLDER in RSR2011

今年も行ってきました。RSR2011。

そこで出会ったのが、「瓦Re:KEYHOLDER 」

-

IMG_6356-

詳しく説明をしてくれたのは、

東日本大震災後、岩手県陸前高田市を中心に支援活動をしている、

中田源さん(HAND MADE)です。

源さんの活動はBLOGに綴られており、<是非読んで欲しいです。⇒☆

札幌からでも直接支援できる術を生み出してくれています。

現場にいるからこそ解る現状、暮らしている方々の想い、希望。

-

今回、RSRで販売されたのは、

瓦礫を使ったグッツ。

処理に困る瓦礫を少しでもポジティブな使い道へと。

カラフルなものから、木の破片まで瓦礫に

ヤスリがかけられ、キーホルダーへ大変身☆

-

IMG_6357

-

IMG_6359-

IMG_6360-

IMG_6361

-

写真-

1つ500円。(私は水色の瓦礫をセレクト。)

震災で職を無くした方へも賃金として渡っているとのことです。

この心のこもった活動が、

少しづつ貯まって活きる道へ繋がっていくのですね。

これからも、源さんとは何かできないか、

情報交換していきたいです。

-

BLOGでは被災地にTシャツと雇用を届ける

「2 piece for preace」というプロジェクトも動いています。

残りの夏。

このTシャツを着て乗り越えたいと思います。

-

源さんとの繋がりは、”音楽”だったので、

RSR会場で再会できたのはとても嬉しかった。

これからも源さんの元気なリズムで、

周りを笑顔にさせてください☆

2011/08/11

札幌ブックフェス2011

今回で3回目となる、「札幌ブックフェス2011」が近づいてきました!!

-

ブックフェス1-

ブックフェス2-

ブックフェス3-

ミセナカ書店:8/22(月)〜9/11(日)まで、82店舗が参加。

本をきっかけに、街をぐるぐる。

9/3(土)・4(日):シャワー通りでブックマルシェ。

9/9(金):ユーカラでビブリオバトルの決勝大会!

9/10(土):実行委員長である「堀直人と行く札幌ブックツアー」

9/10(土):地下歩ワン・デイ・ブックス

9/11(日):アフターパーティー

と盛りだくさんです。

9/10(土)実施の「地下歩ワン・デイ・ブックス」は、

今年の3月に開通した地下歩行空間が、この日だけ本屋さんが出現します。

8/21(日)まで参加者募集中なので、

みなさんも興味があったら、是非ともチェックを!!(詳細はコチラ)

===

この”本”をキーにしたイベントですが、

仙台、東京、名古屋、福岡など、全国各地で

行なわれています。

今後は札幌だけでなく、全国と繋がることも出てきそうです。

ちなみに、この全国のイベントとの繋ぎ役となるであろう、

堀くんの企画、「堀直人と本とさんぽと」は、

どんなものになるのか、、。参加しようか、迷い中。

2011/08/09

高校生からの取材

housou-

新しい出会いがありました。

札幌旭丘高校放送局のみなさんです。

(左から、松本さん、笹原くん、矢藤さん)

これからの高文連にむけての、「ラジオドキュメント」制作に向けて、

「ドリ大を取材したい。」とのことでした。

ディレクターの笹原くんを中心にドリ大のことを

お話させていただきました。

ドリ大には10代の生徒さんが少ないので、

なかなか10代とおしゃべり機会がなく、

彼等と出会えたことがとても嬉しく楽しい時間となりました。

10月までに作品をつくり出す!とのことなので、

これからも何回か顔を合わせることがでてきそうです。

授業にも参加したい!と言ってくれているので、

みなさんと顔を合わせることもありますね☆

===

8/12(金)午前9:25〜10:15に

平成23年度 第58回NHK杯全国高校放送コンテストの

上位入賞作品が放送されるそうです。

詳細はコチラ

なんと、札幌旭丘高校放送局は

「創作ドラマ部門」で堂々の優勝!!

みなさんも是非ともご覧下さい☆

2011/08/08

鹿児島・旅行記<2>

IMG_6164-

鹿児島3日目。

移動が多かったこの3日間。車中、姉妹校あるある的なトークから、

各姉妹校の現在取り組んでいる事ごとを情報交換。

総じて、みんな同じ様な感触と悩みを持ちながら、

前に進んでいる感じ。 そして、これからもっと姉妹校としての

動きが見えて来たら〜 という未来的なおしゃべりは、

俄然やる気をそそられます。

-

IMG_6161-

ここでお別れの二組。

仕事課 課長 堀田さん改め、ホッチェルに見つめてもらったり。

(パワー注入中。)

-

IMG_6170-

SUN三の榎本夫妻にいじっていただき。

くまおも大満足。

-

IMG_6185-

居残り組メンバーで、マルヤガーデンズへ。

平日だったので目立った活動などは無かったですが、

各フロアにある「ガーデン」では、

鹿児島の人が自由につながれる場として利用できるとのこと。

サクラ島大学もスタッフミーティングで使用したこともあるそうです。

-

IMG_6188-

キッチンスペースがあったり。

-

IMG_6195-

ミーティングスペースがあったり。

-

IMG_6199-

手にとって心地よかった「CHIN JUKAN POTTERY」の器。

400年の歴史を持つ、薩摩焼を代表する沈壽官窯

ランドスケーププロダクツが共同でスタートした 巧みな職人たちの技術と新しい発想によるサツマウェア。

確実に積み重なった技術を手に触れたことが嬉しかった。

-

IMG_6201

-

私の一番のお気に入りは、7階の屋上庭園ソラニワ。

暑い陽射しを受けながら、ミドリの間から優しい風がふいてきました。

-

IMG_6204-

ここで、京都カラスマ大学のマキさんとお別れ。

鹿児島中央駅の観覧車をバックに。

新幹線で京都まで〜〜!

マキさん 今度は京都の猪熊通りに行かねばです!!

また笑顔で再会しましょ〜〜う!

-

IMG_6206-

その後、念願のしょうぶ学園へ。

入口を入ってから、ワクワクが止まりません。

パン屋さん、おそば屋さん、パスタ屋さんが続きます。

良いにおいと、良い距離感。

-

IMG_6208-

写真syoubu

-

社会福祉法人太陽会そうぶ学園では、

障害を持つ人たちの感性あふれる創作姿勢に魅せられ、

工芸・現代アート芸術・音楽を中心に創造的な活動を行っています

グッドネイバースジャンボリーでは、otto&orabu(しょうぶ学園)

出演決定!! YOUTUBEでも彼等の演奏を聴くことがありますが、

熱い演奏に心打たれます!!

-

IMG_6214

-

IMG_6221

-

この壁面の絵 どこかで見た事があるな〜 と思ったら、

この本の表紙の方と一緒なんだそうです。

-

IMG_6216-

ギャラリーショップもあったりと、

身近に作品を手にとれます。

私もすてきなTシャツをゲットしてしまいました。

-

IMG_6222-

IMG_6223-

IMG_6236

-

活き活きとした空気を感じられる場所。

パスタ屋さんで使われている器もテーブルも椅子も全部、

しょうぶ学園でつくられたもの。

とても味わいがあり、ぬくもりがありました。

そして、時にはクスッと心くすぐられる作品もあり、

笑顔を与えてくれます。

なかなか見ることができない!!像と熊のツーショット!

-

IMG_6242-

IMG_6244-

さぁ。飛行機の時間も迫ってきましたが、

なーーーんとしても、達成したかったアレが残っています!

鹿児島の街を走って走って向かった先は、、、

-

IMG_6246-

IMG_6247-

やっと会えました☆

念願の本場白熊さんです!!!

-IMG_6251-

これで小さいサイズです。

特製のミルクシロップがさっぱりしていて、

一気に汗がひきました。

ところどころに入っているフルーツも飽きない秘訣です。

-IMG_6252-

私を「小さいおっさん」と命名した、

シブ大マップ隊ののんちゃんもパクリ☆

この後、飛行機の時間は迫り、

鹿児島中心部からバスでは飛行機の時間に間に合わないことが判明、、、

大ナゴヤ大学のしんやすくんと別れて、

サクラ島大学、久保学長と、さくらちゃん、私、そしてのんちゃんの4人で

飛行場へ向かいました。

(大変お世話になりました!!!ありがとう!!)

笑顔で鹿児島に行く!と決めた今回。

たくさんの笑顔と再会して、

まだ形にならない想いをたくさんもらってきました。

札幌に帰ってきては、

ドリ大の開校後のことを振り返り、原点に戻っています。

でも、もう本当のゼロには戻れない。

ならば自分たちのペースで前に、そして深く”しんか”していきたいと思います。

鹿児島への旅路をくれた、

サクラ島大学 学長 久保くん、本当にありがとう。

また、たくさんのおしゃべりをできることを願っています。

2011/08/07

鹿児島・旅行記<1>

IMG_5841

鹿児島へは、相棒の木彫りの熊と共に。

この熊、、いしかり浜サンドパークの砂像のモデルとしても

活躍した働きものです。

さぁ。こころからは、この熊の木彫りの、、くまお(今、名前を命名。。。)

と、愉快な姉妹校メンバーが登場します。

そして、鹿児島の街なみ、久保学長がシークレットでおもてなしを

してくれた、私の鹿児島レポートをお送りします。

-

IMG_5860

-

開校式会場での、サクラ島大学の安藤アンディ。

謎の集団「タピオカトンネルサクラ島大学 写真班

優しさ満点☆ステキな視点。

久保学長の開校式後の日記にある写真は

アンディの写真。

-

IMG_5914-

開校式後でのイケメン2人と共に。

左は福岡テンジン大学 岩永学長と、イケメンスタッフ青柳さん!

って、福岡チームは開校式打ち上げにて車で帰宅。

(学長が運転!おつかれさまでした。)

学長の代わりにイケメンスタッフがイイイイイイ飲みっぷりしていました!

-

IMG_5898-

まちの中にはゴミステーションならぬ、

桜島の灰ステーション。

私たち札幌は雪かきをしますが、

鹿児島のかたたちは、日々、桜島の火山灰と隣り合わせ。

タクシーの運転手さんからは、桜島大根は地熱によって育てられるから、

大きいものが収穫できるんだよ。と伺いました。

-

IMG_5924-

IMG_5929-

IMG_5939-

IMG_5950-

IMG_5951-

次の日は朝一でサクラ島大学の事務所へ。

海近くの石蔵には「グッドネイバーズ」の文字。

1階にはPlaymountain KAGOSHIMAやCAFE、DJブースなども

完備されており、開放的な空間です。

2階はSOHOとして機能しており、久保学長の机がありました。

ギャラリー(この時は伊藤桂司さんの作品が展示されていました。)も併設されており何かが起こっている空間。

-

IMG_5966-

IMG_5971-

IMG_5973-

IMG_5978-

漁港の食堂で朝ご飯を食べてから、

みんなでフェリーで・いざ!桜島へ向かいます。

桜島は”島”なの?”山”なの?

久保学長に地図を見せてもらうと、

陸続きになっている桜島。1914年の噴火によって、

大隈半島と陸続きになったそうです。

-

IMG_5979-

そして、もちろん2011年現在も噴火を続けています。

で、島という名前はついているものの、

桜島の大部分を構成しているのは、”御岳”とよばれる、山。

さまざまな岳によって構成されています。

-

写真-

無言の案内人、久保学長に連れられたのは、

霧島屋久国立公園 知林ヶ島!

左京学長の手のひらにいるくまお。

後ろに見える島に向かいます!!

-

IMG_6023-

鹿児島湾に浮かぶ周囲3キロ、面積60haのこの知林ヶ島。

大潮や中潮の干潮時に出現する約800メートルの

砂州で本土側と結ばれます。

-

IMG_6036-

お昼ご飯は”麺”とヒントをくれ、向かったのは、

”流しソーメン”ではなく、、”ソーメン流し”!!

-

IMG_6057-

IMG_6048-

IMG_6049-

まさに地元以外の人間にとっては珍百景。

家庭用、流しソーメンの機械がずらっと、100台以上あります。

そして、そして、このソーメン流し屋さんは、

指宿市(いぶすきし)が運営されているという、、。

しっかりと、食べログにも掲載されているので、

夏に鹿児島行かれるかた、是非とも行っていただきたい!

札幌人には圧巻でした。

-

IMG_6065-

IMG_6080-

IMG_6137-

サクラ島大学 さくらちゃん。

また、札幌に来てね☆まってます☆

-

IMG_6138-

ひろしま人大学 真奈ちゃん。

たくさんおしゃべりできて楽しかった。今度はひろしまに行かないとだね!!

-

IMG_6122-

一行は8/28に行なわれる、音楽イベント・グッドネイバーズジャンボリー

会場となる「かわなべ森の学校」へ。

「良き隣人」たちと楽しむ、鹿児島の新しいカルチャーとライフスタイル

というコンセプト。

ここで8月のサクラ島大学の授業も実施されます。

100年前の校舎は畳張りになっていて、

みんなでゴロゴロ。心地のイイ時間でした。

北海道は大きいなと思っていたけど、

鹿児島も大きかった。

心も空も緑も。

-

IMG_6155-

かわなべの森でひろしま人大学メンバーと、

シブ大左京さんとお別れ。

携帯(iphone)は圏外キャンプのロッジにて焼き肉を食べて、

SUN三セレクトの鹿児島の美味しいワインと焼酎を片手に、

私は途中で壊れ、みんなから「小さいおっさん」とよばれるしまつ、、、。

楽しい一日がお腹いっぱい、気持ちいっぱいでした。

2011/08/03

祝・サクラ島大学開校

IMG_5852

4:30に起きて、

5:30に家を出て、

7:00の飛行機に乗って、

10:00過ぎに羽田で乗り換えて、

12:00頃に南国の鹿児島へ。

出迎てくれたのは、雲を冠みたいにかぶったサクラ島。

ワクワクとドキドキをお土産に、

開校式の会場、「鹿児島県民教育文化研究所」へ。

IMG_5856

-

IMG_5858

-

会場には笑顔がたくさん溢れていて、

「はじめまして。」の挨拶がとても嬉しかった。

姉妹校のメンバーもそれぞれのリズムで集まり。

「ひさしぶり。」の挨拶が少しこちょばしい。

-

IMG_5871

-

久保学長の想いを暑い教室で受け取って、

職員、スタッフの方の挨拶に心ワクワクし、

サクラ島大学が開校した。

-

IMG_5876-

はじまりの授業

「学ぶ」のまえに、考える。よりよく学ぶこと。~働き方研究家のお話を手がかりに~】

西村佳哲さんの言葉はいちいち心に刺さって、

ピンポイントだった。

考える機会、そして考えを言葉にする機会をもらった授業でした。

-

IMG_5893

-

北と南で離れているけど、

年齢が近い私たち(久保くんが私の一歳上)は

時々、電話で風を送り合ってた。

その風がね、サクラ島の雲を吹き消して、

とってもいい天気になった。

===

開校式後は授業、そして打ち上げ、次の日は鹿児島を堪能した

2泊3日を過ごしました。

アツイなぁ南国。

つれづれはつづきます。

サクラ島大学 開校 おめでとうございます。

みなさんに会えてとっても笑顔になりました。

とっても楽しい時間でした。

きっとそれは、これから作られる授業でも

同じ様に笑顔やたくさんの感情が生まれるんでしょうね。

また、再会できることを願って。

まずは、たくさんの

「おめでとう。」と「ありがとう。」