2013/06/15

”好き”を考える時間

kawaranai

”好き”を考えた。

そうすると、自分の原点は学生時代の記憶に戻る。

学生時代から、狸小路8丁目のFABcafeにいくと、「なにかしたい!」と思えた。不思議なこの気持ちは今も生まれてしまう。

学生時代に仲間とここで会議をしたこと、大人になってもここでたくさんの人とおしゃべりしたことは忘れない。

変わらずに、「そこにある」という空間に、多くの人が行き交い、たくさんの記憶が記録されていく。

カフェという場所はそういう場所なんだな。そういう場所が好きなんだなと思う。

コメントをどうぞ