月別アーカイブ: 2月, 2011

朝一の朝市!札幌市中央卸売市場へ

AM6:00。 まだ夜が明けきらない中、 札幌市中央卸売市場に部員さんがぞくぞくと集まってきました。 今回の部活は 「セリから見ちゃう!!美味しさの中継地点~中央卸売市場見学会~」と題し、 農家さんが大切に育てた野菜が どうやって皆さんの食卓に届くのかを見に行きました。 広さは札幌ドームの2.5倍! 建物の中には、包丁屋さん、はり・灸、床屋、セブンイレブンなどなどもあり、 まるで一つの町のよう。 その中で1日約1700トンの生産物が取り引きされているそうです。 実際に卸売市場の生産物の流れは↓ 出荷者(生産者)→卸業者→中卸業者→買出人・売買参加者→消費者 ↑このようになっています。 卸売業者とは、国内や海外から生産物を買い、セリの準備をする人。 毎日セリの前に、商品の品質チェック、衛生管理などを行います。 中卸業者とは、セリに参加して小売(スーパーなど)業者に売る人。 各地への配送業務なども行います。 そして、買出人・売買参加者とは、小売業者(スーパーや個人の八百屋さん)。 セリの資格を持っている個人の八百屋さん・魚屋さんは、 中卸業者を介さないでも直接参加できるそうです。 まずは、水産棟から見学スタート。 水産のセリはAM5:30から始まっています。 昔はもっと早くから行われていたそうで、 現在もAM2:00入りしている方もいらっしゃるのだとか!!!ひえ~頭が下がります 一般の人は1階の市場に出入りできませんので 2階の見学者コースから様子を拝見。 帽子の種類やナンバーで、業者の形態を見分けます。 ↑これがその帽子。 今まさに、セリが行われています 一方、青果の市場はAM6:30スタート。 ずらーっと野菜や果物が並んでいる様子は圧巻です。 場内には、小さなストーブがちらほら。 ストーブに当たれるのは、ベテランのセリ人だそうです。縦社会!(笑 季節によって市場の色も様変わりするそう。 一面がじゃがいもーーーーーー、たまねぎーーーーーー ってこともあるようです。その様子もぜひ見てみたいですよね。 案内のお姉さんがセリの流れについて説明してくれました。

2件のコメント

2月の部活の詳細を発表!!

さてさて、2月の部活の詳細を発表します!! いつも活動している「美味しさの出発点」が畑や海ならば、、、 中央卸売市場は「美味しさの中継地点」かもしれない。。。 ということで、 今回は札幌市中央区にある中央卸売市場の見学ツアーを企画しました。 もちろん直売所なども「中継地点」だと思いますが、 今回はセリから見学して、 「農家さんが大切に育てた野菜がどうやって皆さんの食卓に届くのか」 を見てみたい!と思いませんか?? 2月19日(土)朝6:00  現地集合(札幌市中央卸売市場 管理センター前) 「セリから見ちゃう!!美味しさの中継地点~中央卸売市場見学会~」 <<<限定15名(先着順)>>><<<今回の部費はタダです>>> 6:00 現地集合 *お車でお越しの方は、事前に部長まで連絡をください。 あんまり車を停めるとこができないのです。。。 〜今回は団体扱いということで、ガイドさんの説明のもと見学します。〜 鮮魚のセリ、野菜のセリ、施設見学、、、など盛りだくさんです。 8:30 終了(予定)→各自解散 *この後スタッフ達は、どこかで朝食をとろうと計画中。。。 と、、、、いうことで。 少しだけ朝が早くて大変ですが、こんな機会でもなければなかなか行かないと思うので ぜひふるってご参加ください!!!! お申し込みはコチラから ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ http://densuke.biz/list?cd=HCB2p9QvMXBSJKyg パスワード→dorinobu より詳しくはコチラから、ご確認ください。 札幌市中央卸売市場 URL:http://www.sapporo-market.gr.jp ちなみに、、、裏企画。こちらも気になる人がいましたら、ご連絡ください。。。 2月18日(金)深夜12:00~ タイトル:もし、寝ないでセリを見に行ったらどうなるのか?@部長自宅

コメントをどうぞ

越冬キャベツ掘って来ました!そして売りました!!

みなさーんお元気ですかー? 今年最初の部活「越冬キャベツを掘ろう!」の報告で〜す! 今回は久々の外での畑仕事、そして倶知安町まで移動ということで早朝の集合、出発。 朝イチでハプニングがあり、部員さんをバス内でお待たせしちゃいました。ごめんなさい。 今回は時間もあるということでバスの中で自己紹介タイム。 好きな野菜を聞いたりしているうちに小樽を過ぎ、 気がつくと赤井川あたりから吹雪になって来ました… おー これは野外活動が厳しい状況になってきたか!? しかし、そこは普段の行いが良いドリ農部(の一部)。 倶知安に着いたら快晴!羊蹄山がおみごとでございます。 いよいよ梅松農園さんに到着〜 ぬくいバスの中から、防寒をしっかりして イケメンな梅松ブラザーズに導かれキャベツのある畑へ向かいます。 「あのポールのあたりにキャベツがあるよ」との指示により スコップで雪山を崩し、進む!! 部員一同、越冬キャベツってどういう状態で埋まっているのかよくわかっていなかったのですが 収穫したキャベツを集めて雪の中に埋まっている状態、なのですね。 畑一面にキャベツがゴロゴロあって、それをひとつひとつ見つけるのでは… と大半の人が想像していたようです(^o^;) 雪をかき分け進んだ後は埋まっているであろう場所をひたすら下へ掘り起こします。 地面の上にあるキャベツを掘り当てるわけですから、だいたい2メートルほど下まで。 これまた大変な作業。交代交代、人海戦術でひたすら掘ります!! これが越冬キャベツ掘りなのだ〜!! まだか、まだキャベツは出て来ないのか!? 「ちかれた…」 挫けそうになりつつ ついに キャベツ発見!! やったー!! 疲れかけた皆も一気に活気を取り戻した瞬間です!! 場所を見つけたらあとは手作業でキャベツ掘り。 どんどん収穫して行きます♪ そしてこんなに山積みになるまで 約80個のキャベツを収穫する事が出来ましたー!!!! これを今度は商品になるよう、茎の部分を切ったり、外側の色の悪い葉を取る作業。 この時に堀たてのキャベツをバリバリと食べたのですが まぁ、その美味しいこと!!とにかく甘い!! 感動して食べていると梅松さんが一言。 「これはね、今掘って食べるからまた美味しいんだよ。 汗かいて掘ったキャベツをその場で食べるのと … 続きを読む

2件のコメント