月別アーカイブ: 3月, 2011

手前味噌ではございますが・・はるきちさんの大豆で味噌作り!

みなさまこんにちは。 ドリ農部のチーママこと“ちる”です。 3月17日の部活は、日本の代表的調味料。 味噌作りを行いました。 味噌の種類は数あれど、今回作ったのは黒! 小林さんを講師にお迎えし、いざスタートです。 材料は、 ・大豆・・・1kg(今回は黒大豆を使用) ・米麹・・・1kg ・塩・・・500g ・焼酎・・・少々 以上! 本当にこれだけです。 ささ。早速豆を煮ますよ。 1日水につけておいた大豆を、 豆の体積の3倍ほどの水を入れた大き目のお鍋で煮ます。 (沸騰するまで強火、沸騰した後は弱火~中火) 親指と小指でつまんでつぶれる柔らかさになるまで、 ひたすら煮る・・煮る・・煮る・・ (ふきこぼれに注意しましょう) ささ。豆が煮えましたら、潰していきますよ。 本来なら豆を冷ましてから潰していきますが、 今回は冷ましながら潰すという強行にでました(笑 ここで登場するのが、お酒のボトル。 豆を潰すのにとっても重宝するんです☆ 実は無類のお酒好きが集まるドリ農部。 「潰す道具が足りない~」のをいいことに、 シャンパン一本開けて作業に臨んでおります(笑 大まかに潰していったら、 お菓子作りのめん棒で細かく潰していくのも良いようです。 ささ。豆が人肌くらいに冷めたら、 米麹と塩(20gを別に残しておく)を混ぜたものを豆に投入しますよ!! まんべんなく混ぜ合わせ、耳たぶくらいの固さにします。 ここからが、本日のメインイベント!! ハンバーグを作る要領で空気を抜きながら一まとめにした味噌のタネを、 大き目のボウルに・・・ 打つべし! 打つべし!! 打つべし!!! こうやって普段の鬱憤を、味噌と一緒に叩きつけます。 … 続きを読む

コメントをどうぞ

明日からスタート!命をつなぐチャリティ・マルシェ

3月11日。14時26分。 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震発生。 マグニチュード9.0の揺れと大きな津波が 日本中の町と人の心に 大きな爪あとを残しました。 発生から10日。 今なお余震は続き、 不安な日々を送られていることでしょう。 これからの毎日が復興へ向けての戦いです。 そんな中、北海道の生産者も立ち上がりました。 生産者である農家の思いに、消費者の思いを重ね合わせ、 北海道からたくさんの応援したい気持ちを被災地に届けたい。 「命をつなぐ」マルシェが開催されます。 ——————— ●概要 北海道の農家が生産物を提供し、ボランティアスタッフと共に、 「北のめぐみ愛食フェア」内ブースにて一般消費者向けに販売、 売上金全額を日本赤十字社を通じて、被災地に届けます。 ●協力 「北のめぐみ愛食フェア」 ※札幌駅前通地下歩行空間で3/13~31の期間開催されている「北のめぐみ愛食フェア」主催者側のご厚意により1ブースお借りできることになったため、今回は出店名・出品品目等「北のめぐみ愛食フェア」のルールに沿って開催します。 ●開催場所 「北のめぐみ愛食フェア」内「命をつなぐチャリティ・ファーム」ブース (札幌駅前通地下歩行空間 北2条通と北3条通の間の東側の通路) ●開催日時 3月22日(火)・23日(水)・24日(木)の3日間 11:00~19:00 ↓命をつなぐマルシェ事務局情報 http://n-style.haj.co.jp/ ↓命をつなぐマルシェブログ http://ameblo.jp/charity-marche ———————– ドリ農部でお世話になっている はるきちオーガニックファームさんも出店されます。 北海道に暮らす私達も、 毎日の食べることから 震災地の方々を応援していきませんか。 報告は、ドリ農部のチーママことちるでした。

コメントをどうぞ

東北地方太平洋沖地震の被災者義援金を募金してきました。

こんにちは。部長の紀國です。 先週発生した東北地方太平洋沖地震において被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 また不幸にも亡くなられた方におかれましては心よりごお悔やみ申し上げます。 ちょうど震災が発生した時にドリ農部はサッポロ・ファクトリーの「稚内マルシェ」に出店していたのですが、稚内の街にいき隊のみなさんがいち早く募金活動を始められていたことに感銘を受けまして、ドリ農部もマルシェでの売上の一部(売上から仕入を引いた全額)を義援金として募金することとしました。 また、先日開催した味噌作りワークショップに参加した部員さんから義援金を募りまして、さらにはるきちオーガニックファームさんからは当日の味噌の売上の全額を寄付いただきました。 これらのお金を本日、札幌市の義援金窓口へ募金してきましたのでご報告いたします。  ● 稚内マルシェでの売上の一部  ● 部活で募った募金  ● はるきちオーガニックファームさんの味噌の売上全額  ● 合計:16,371円 ささかな額ではありますが、被災地の支援や復興に少しでも役にたってもらえればと願うばかりです。 以下、札幌市のWebサイトより転載します。 札幌市では、今回の地震や津波で被災した皆さんのために、義援金の取りまとめを行います。 義援金は、日本赤十字社札幌市地区本部(本部長:上田文雄札幌市長)との協力の下、下記の窓口で受け入れます。 受け入れた義援金は、日本赤十字社を通じて被災した皆さんの支援や災害復興に役立てられます。

コメントをどうぞ

味噌作りワークショップは予定通り開催します

みなさまこんにちは。部長の紀國です。 さて、前日の告知で大変恐縮ですが、明日に予定してました味噌作りワークショップを予定どおり開催いたしますので 改めて告知いたします。 === 日程: 3月17日(木)19時半スタート@Life stock(中央区大通西23 丁目1-2. TEL 011-631-1233) 参加費: 2,000円 人数:10名程度(MAX14名) 持ち物: 味噌お持ち帰り用のタッパ(長期保存できるもの)、ビール瓶などの豆をつぶせそうなアイテム 概要: ・ 味噌作りレクチャー(先生:はるきちオーガニックファーム代表 小林卓也さん) ・ 作ったお味噌は1人につき5~600gくらい持ち帰りできます! ・ ワークショップ終了後は豆の煮汁を利用しての鍋料理がつきます。(飲み物は別途自腹で) ・ あとなんかマップ隊のひらたま隊長が戦利品で手料理ふるまう サブ企画: ・18時から豆を煮るのをただ眺めるだけというサブ企画も開催します!お時間に余裕がある方は是非。 申し込み: 伝助にてお申し込みください。 → http://densuke.biz/list?cd=aXJbeWntH5U9bb3y → パスワード: 部員さんに個別にメーリングリストにてご案内しています。 → メールが届いてないぞ!という方はキノクニまでご連絡くださいませ。090-8908-2418 ==== みなさんの参加を心よりお待ちしておりますので たくさんのご参加のほど、よろしくお願いします。

コメントをどうぞ

函館ツアーは延期します。

みなさまこんにちは。 11日に発生した震災で日本全国が大変なことになってしまいました。 被災された皆様につきましては心よりお見舞い申し上げます。 この度、いろいろな状況を鑑みまして、月末に予定していました函館昆布ツアーを延期することにしましたのでご報告いたします。 以下、今回の企画を担当してくれていた小林元さんのメールを転載します。 ======== 震災後、函館・椴法華地区で企画のコーディネートをして下さっていたオーガニックケルプの吉川さんとお話しました。 椴法華地区では被害は少なかったようですが、 時折出る津波警報により海岸での作業に規制がかかるなど、 影響が出始めているとの事でした。 現在昆布の収穫期という事もあり、収穫しないといけないのだけど そういう規制がかかってたりすので、TVやラジオで情報収集しながら 仕事を慎重に進めているとのことです。 そこで、今回のドリ農部ツアーですが 吉川さん達の仕事・作業の支障になる可能性や ドリ農部部員の安全面も考えて、少しだけ「延期」しようと スタッフ間でも話し合いを進めて決定致しました。 来月にはガゴメ昆布、夏には天然の昆布もあるとのことなので 必ず次回は実現したいと思います。「ドリ昆布チーム」を募集しようかな。。。 本当に今、日本はかつてない大規模な災害に直面しています。 被災地では、甚大な被害を受け未だ多数の行方不明者がいる状態が続いています。 多くの人たちが不安を抱えている今、ドリ農部として、オオドオリ大学として、 また、僕個人としても会社としても、何ができるのかを考えて実行しています。 部員のみなさんもそう思っている方も多いのではないでしょうか。 「ドリ農部として」は部長からアナウンスがあると思います。 今回の函館ツアーは残念ながら延期になりましたが、 申し込んでいた方、迷っていた方、、、次回は必ず。 まずは、みんなでこの危機を乗り越えていきましょう。 ========

コメントをどうぞ