月別アーカイブ: 5月, 2011

生ハムとメロンなんて邪道じゃ!!~夕張メロンを味わう会開催~

札幌中央卸売市場の風物詩!? 夕張メロンの初セリが5月13日(金)に行われました。 メディアにもたっぷり取り上げられておりましたので、 みなさんもどこかで目にしたかもしれませんね! ドリ農部として競り落としたメロンをみなさんにも味わってもらおうと、 5月18日(水) KOGUMA にて『夕張メロンを味わう会 』を開催しました。 平日にも関わらず約20名の方々にご参加いただきました! まずはセリの様子をご紹介。 蔵重商店の渡会さんが現れると歓声が、 部長が現れるとなぜか会場から笑い声があがりました(笑 セリから少し時間が経過しているので、 当日のメロンはちょっぴり熟しすぎなご様子。 ということで、渡会さんのご好意により、 ドリ農部が競り落としたメロンの他に2玉をご提供いただきました!!! 横に並べてみると、表面の色に大分違いがあるのがわかります。 (黄色がかったのが初セリ当日のもの) 夕張メロンの種は大変貴重なため、金庫で厳重に保管され、 誰に種(もしくは苗)がいくつ渡ったかも記録されています。 それだけ貴重な夕張メロン。 いやがおうにも期待は高まります。 さあ!ついにメロン入刀です!!!! まあっっっっっ!!!!!なんておいしいそうなんでしょうか!!!!! 会場から歓声があがります。 『初物は東の方向を向いて笑顔で食べると良い』 といういわれがあるとの情報で、みんなで東を向いてパクリっ!! 甘くてみずみずしく、さわやか! 完熟メロンは、半分に切ってアイスクリームを投入! 夢のコラボレーションを実現させました☆ 夕張メロンは、夕張市農業協同組合の登録商標で、 この農協から出荷されるものだけが夕張メロンの名称を使用できます。 それぞれ特秀>秀>優>良 とランク付けされ出荷されるのです。 メロンはツル側より、お尻側(果頂部)の方が甘い。 昔はお土産によくメロンを買っていく 野球選手が来る7月が高値がつくシーズンだった・・・。 渡会さんからそんなメロンにまつわる驚きのお話をたっぷり伺い、 メロンだけでお腹がいっぱいになるという夢の会となりました(笑 ラストショットは部長の素敵な一枚☆ … 続きを読む

1件のコメント

夕張メロンの初競り体験記とメロンを味わう会のご案内

みなさんこんにちは。そろそろ道内産の野菜や果物が美味しい季節になってきましたね! ドリ農部も、先日、夕張メロンの初競りに行ってまいりましたのでご報告いたします。 ドリ農部の顧問でもある藏重商店の渡会部長にお声がけいただきまして、早朝から中央卸売市場に行ってまいりました。 ドキドキしながら競りの行われる場所に行ってみると、夕張メロンがずらりと並んでおります。 1時間前に行くと、思いのほか人は多くない感じです。 と、思っていたら、、 あれよあれよと人が増えてきて、我ら慣れていないドリ農部員はどんどん脇へおいやられてしまいました。。 競りの開始時刻も近づくとともに、場内の雰囲気も異様に高まってきます。 油断すると、ものすごい勢いに圧倒されてしまいます。 そして、競りが始まりました。開始して5秒くらいで渡会顧問が○○○万円で落札してます。すごーい! 何が行われているのかよくわからないかもしれませんが、藏重商店さんの番号「23番」に注目して聞いているとちょっとだけ状況がわかるかもしれませんので気になる人はよーく聞いてみてくださいね。中盤でドリ農部のメロンも渡会さんが競りおとしてくれています! メロンの上には誰が競り落したのかを表す「落札プレート」が置かれます。ドリ農部プレートがやや浮き気味です。 というわけで渡会さんからドリ農部用の夕張メロンをいただきました!ありがとうございます。 こんな高価なメロンをいただくのも恐悦至極なのですが、せっかくですので、このメロンをまちのみなさんと一緒に味わって、夕張メロンの美味しさや道産食材の魅力について語り合いたいと思います。 と、 いうことで、 緊急告知:夕張メロンを味わう会を開催します! 初競りにて競り落した夕張メロンをみなさんで味わいたいと思います。 現在調整中ですが、ご都合あえば渡会顧問にも来ていただいて競りの様子や夕張メロンについてお話いただいたりしながら、みんなで夕張メロンを食べたいと思います。 ドリ農部員だけじゃなく、ドリ大の関係者の皆様や、ドリ大やドリ農部にご興味のある方にたくさん来ていただきたく思います。 特に参加申し込みなどはありませんので当日おみやげなど持って会場にお越しいただければ幸いです。 あ、でも、メロンは2玉しかないので早い物勝ちですよー! 夕張メロンを味わう会 開催概要 日時: 5月18日(水) 19:30~ 場所: KOGUMA (南2条西3丁目) 夕張メロンを味わう会は入場無料としますが、募金箱にお気持ちをいただければ幸いです。会の開催に関わる諸経費を募金で賄うとともに、残ったお金は東日本大震災の義援金にしたいと思います。 みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

コメントをどうぞ

5月の部活は田植え!

みなさんこんにちは! 今月の部活の詳細が決定しましたのでお知らせします。 「越冬キャベツ掘り」、「大豆からの豆腐&味噌づくり」に続き 副部長の夢を叶えるシリーズ(笑)第三弾! 5月はなんと「田植え」!! 日本人の食の基本「お米」をつくり ドリ農部の基本「お酒」をつくるツアーです。 まずはみんなで外で遠足ランチをすませて 江別の米農家さんで田植え体験をしたあと、 そこの米で作られているお酒「すいせい」を飲み その「すいせい」が作られている小林酒造さんで酒蔵見学。 そして田植えの疲れを源泉かけ流しの温泉で落とします(^^)♪ 【スケジュール】 5月28日(土) 11:00 札幌市民ホール前集合 11:15 出発 川下公園にてランチ 13:00 江別市豊幌34(山本さん)着  作業開始 (作業前後に山本さんからお話をお聞きします)    14:00 作業終了 片付け、「すいせい」の試飲、出発準備 14:30 出発 15:00 栗山 小林酒造さん到着 見学開始 15:40 出発 16:00 長沼温泉着 17:00 出発 18:00 札幌着 【持ち物など】 お昼ごはん 汚れても良い服装、または着替え 足を拭くタオル お風呂セット ※田植えは裸足で行いますが、裸足で水田に入るのが嫌という方は捨てても良い靴下を履いて行っても良いそうです ※膝元までめくりあげられるズボン、または半ズボン着用をお勧めします ※温泉での入浴料は各自負担。入泉は自由ですので温泉に入らずに他施設で過ごすのも可です。 【会費】一人 2,000円(中学生以下は無料) 【締め切り】5月21日(土) 【参加方法】部員さんの別途メールでお知らせします。 【雨天の場合】 … 続きを読む

コメントをどうぞ

ドリ農部ユニフォーム販売しまっせ

みなさま! ドリ農部もいよいよシーズンイン! 本格的に農作業が始まりますよ〜 というわけで!! さらに ドリ農部も部員100名を越え、活動の場もかなり広がっています。 皆の一体感を更に盛り上げよう! というわけで!! ドリ農部ユニフォームを作る事にしましたー(わー!) まずはこれから大活躍するであろう、Tシャツから。 昨年はスタッフで来ていたピンクTシャツ これが部員さんからも好評でして 「私も着たい!」との声も沢山いただきました。 ついに制作・販売しちゃいますよー。 部長・副部長はプライベートでも着用。 なんと自然にこのどピンクを普段のファッションに取り入れているのでしょうか(笑 (※プライベートってのはうそです。マルシェでの着用です。) そして Tシャツを作ったときから「次は!」と言っていた 念願の「ツナギ」も作る事にしましたー!! ツナギのサンプル写真はコチラ。 このプリティー4人組(自分で言うな)は「豆班」の女子チームです。 某ホームセンターで見つけて試着したのですが 皆でテンション上がっちゃって大変でした〜(笑 このピンクツナギの胸元に「ドリ農部」ロゴを刺繍入れてもらっちゃいます。 ツナギはこのチーママのように着ていただくことも出来ますね! さてさて このユニフォーム、欲しいという方には販売いたします。 Tシャツは一枚1,000円 ツナギは一着3,000円です。 ご希望の方は下記の表からサイズを選んで お名前、メールアドレス、電話番号を明記の上 副部長 雪子までメールでお申し込みください。 メールアドレスはコチラ  yukihana@me.com 完全オーダーなので申込締め切りは5月15日(日)10時とさせていただきます。 お申し込みいただきましたらお振込先をお知らせいたしますので ご入金をお願いいたします。 Tシャツサイズ表 (グリーンの部分がキッズサイズ、ピンクの部分がレディスサイズ、ブルーの部分がメンズサイズ) ツナギのサイズは特に良く確認してくださいね! … 続きを読む

コメントをどうぞ

土から離れては生きられないのよ~畑始め2011~二の巻

土から離れては生きられないのよ~畑始め2011~一の巻からの続き・・ —————— 天候が思わしくないため、 急遽はるきちさんからのご紹介で ノーザンノーサンの岩城さんの農場へお邪魔しました。 岩城さんは2001年に新規就農され、 ミニトマト栽培と養鶏を営んでいらっしゃる農家さんです。 出迎えてくれたのは、 鶏の番犬を務める3匹のワンコ達! 番犬だけあって凛々しい出で立ちに、たじろぐ部員達(笑 農場では約300羽のボリスブラウンという鶏を平飼いしています。 卵はほぼ有精卵で『イコロラン』という名前で販売されています。 ※イコロとはアイヌ語で宝の意味 ここで注目したいのが、 飼育方法(平飼い)とエサ。 平飼いとは、 鶏が自由に地面の上を歩き回れるようにした飼い方で、 余分なストレスをかけないようにすることで 肉質や卵の質がよくなると考えられているそうです。 鶏の糞と、敷料などが合わさり、 鶏が歩いてそれらを踏むことによって堆肥が作られるので一石二鳥。 そして飼料や敷料は、 近隣地域の企業から出る、おから、ソバ粉、くず小麦、米ぬか、 豆腐やうどん、魚醤油の絞りかすなどを利用しています。 魚醤のカスの中には、 アミノ酸などが含まれるため鶏の成育に有効なのです。 奇しくも、ドリ農部の一週前に行われた札幌オオドオリ大学の交換留学では、 石狩市にある佐藤水産の魚醤工場を見学したばかりでした! http://koukan-ryugaku.com/ ミニトマトは、 キャロル10、イエローミミ、ピッコラカナリア、 イエローアイコ、シシリアンルージュ、、シンディスイートなどなど、 豊富な種類を栽培していらっしゃいます。 トマト栽培に効果を発揮するのが、 またもや魚醤のカス!! 魚醤カスに含まれる塩分によって、糖度が高くなる効果があるのだそうです。 トマトと卵は、佐藤水産のサーモンパークをはじめとする、 地元のお店(JAなど)で販売されています。 『地元から集まった飼料や肥料を使い、 野菜や鶏を育て、 … 続きを読む

コメントをどうぞ