月別アーカイブ: 1月, 2012

真面目なドリ農部+DNB48選手権とは!?

あれよ、あれよ、という間に 1月も折り返しましたよー。ドリ農部のチーママこと“ちる”でございます。 大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます☆ 本年もドリ農部をよろしくお願い申し上げます! さて、2011年12月の部活は 『福島と北海道で、これからの生き方を考える。まじめなドリ農部』と題して、 札幌オオドオリ大学の授業と合同開催しました。 2011年3月11日に起こった東日本大震災。 そして、福島第1原発事故。 非難を余儀なくされ、住まいを北海道に移された二人の生産者が今回の先生です。 安斎さんは福島県で果樹園を営む4代目。 農場は原発から50~60km圏内。 ちょうど東京で仕事をしていた時に被災した安斎さんは、 東京や九州まで、各地を転々としながら避難生活を送ることとなりました。 自然栽培を目指し始めた頃だったため、 「今の場所で果たして農業ができるのか」 そんな不安があったそうです。 農業の中でも、果樹を作るのは非常に時間と手間がかかります。 1代では築くことができないのが果樹。 100年以上をかけて、おじいさんの代から大切に大切に育てられた樹木たちから おいしいモモやナシ、リンゴを採ることができるのです。 手塩にかけて育てた果物たちを手放して 移住しなければならないことは、どんなに辛いことでしょうか。 他の土地に移り住んだとしても、すぐに果樹園を再開できるわけではありません。 「何から伝えてよいのか分かりません」 安斎さんの口からは何度もこの言葉が出てきました。 農業を仕事にするうえで、自然災害は覚悟をしなくてはなりませんが、 今回の問題は全く異質なるもの。 目に見えない“放射能”との戦いです。 それは、まるで映画の中の出来事のようにリアリティーがないのだそうです。 しかし安斎さんは、そんな絶望ともいえる中でも希望を持って北海道に移住し、 新しい生活をスタートさせ、 『アタリマエノ タベモノプロジェクト』という活動も行っています。 http://www.atatabe.com/ そして、もう一人の先生は 福島県飯舘村で肉牛の飼養を行っている生産者の菅野さんです。 飯舘村では“までいライフ宣言”というスローライフへの 取り組みを積極的に行っていました。 “までい”とは福島の方言で、 「両手でゆっくり丁寧に物事をする」という意味だそうです。 … 続きを読む

コメントをどうぞ