月別アーカイブ: 4月, 2012

4月の部活と5月の部活について&豆班募集!

こんにちは!副部長雪子です。 ようやく春らしい陽気となってきましたが、今年は例年より雪解けも遅く、 ギリギリまで検討していたのですが畑仕事を始めるのはまだ難しいということで 4月の部活(4/28)についてはお休みとさせていただくことになりました。 連絡が遅くなり、申し訳ありません。 その代わり、というわけでは無いのですが 5月から、奇数月のみドリ農部の部活が月二回になります! 今までの第四土曜日の畑作業はいつも通り、 それに加え奇数月の第二土曜日は農・食に関するテーマでの講義、座学を行うことになりました。 初回5月は 「種と苗から始めよう!北海道の家庭菜園」として 自宅の庭やプランター、キッチン栽培まで、身近で簡単に出来る家庭菜園の講習です。 種苗会社にて北海道らしい特色のある農産物を生産している名人に、 栽培のコツ、育てる技術から美味しい食べ方までアドバイスいただきます。 「自分で出来るワザを知りたい!」という方は必聴の講座です! 野菜の苗(ひとり一ポット)のお土産付き!(なんの野菜かは当日のお楽しみ☆) 【講師紹介】 安達 英人(あだち ひでと)http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ns/shs/shokumeijin/list/adachi_hideto.htm 雪印種苗を経て現在は種苗・園芸資材会社(渡辺農事株式会社)に勤務。 北海道で栽培の少ない野菜について、栽培方法、特徴や食べ方を提案・紹介し、普及に努めている。 農家の方や野菜ソムリエの方を対象に、講習や現地指導を行う傍ら、テレビ番組のアドバイザーを務めたり雑誌に野菜の紹介記事を連載するなど、多方面で活動している。 「北海道フードマイスター」、「食の検定・食農3級」を取得。 北海道種苗協同組合所属。 渡辺農事(株)HP http://www.watanabenoji.com/ 【日時】 5月12日(土) 13:00~15:00(開場12:30) 【会場】札幌市中央区南1条西4丁目日之出ビル6階 IAY(アイエイワイ)内 【会費】1,000円(野菜苗付き!) 【定員】20名(定員になり次第締切ります。) そして5月からはいつものはるきちオーガニックファームさんでの畑作業も始まりますよ! 昨年は「桜島大根」にチャレンジしましたが 今年は「札幌大球」(キャベツ)「大根」「人参」「しょうが」をメインに作ります。 ん???札幌大球ってことは…!?漬け物? そうです!今年の目標は「材料から鰊漬けを作る!!」です。 自分たちで作って収穫した野菜と石狩の鰊を使って、冬に鰊漬けを作りますよ。 もしかしたら、鰊を釣るところからかも…(!?) 今月は、まずその野菜達の土作りから。 はるきちさんは「石狩堆肥」として、近隣のコーヒーショップから出るコーヒー殻、豆腐屋さんから出るおから、ケーキ屋さんから出る卵の殻、水産加工業者の魚の絞りかすなどを利用した堆肥作りに取り組んでいます。 その堆肥作りのお手伝いもさせていただきましょう! … 続きを読む

コメントをどうぞ

ほんとの親子丼を作ろう!3月の部活は鶏をつぶしていただく

こんにちは!ドリ農部のチーママことちるです。 ようやく雪もとけて春の陽射しも見え隠れしてきました。 桜の開花は例年より遅いようですね。 ドリ農部の畑始めも5月に持ち越しとなってしまいましたが、 新しい活動も始まりますのでお楽しみに! さて、3月の部活は『鶏をつぶしていただく』。 上士幌ツアーでは鹿の解体を生で見てきましたが、 自分達では経験していませんでした。 そこで今回は、「家畜を自分達でさばき、綺麗に食べきるまでを体験しよう」ということで、 長沼町にある『メノビレッジ長沼』さんに3月24日にお邪魔してきました。 メノビレッジ長沼さんは、CSA(地域で支えあう農業)と呼ばれる活動をしており、 自分達の畑で育てた有機栽培の野菜や平飼いの鶏の卵、手作りのパンなどを 参加する家庭に届けています。 ドリ農部とドリ大の合同授業の時に先生としてお話いただいた 福島県出身の菅野さんも、現在メノビレッジ長沼で農業を続けられています。 そのつながりの中で今回の部活が決まりました。 残念ながら、部活の日程と菅野さんの都合が合わなかったので 当日は再会できませんでしたが、 メノビレッジ長沼で野菜を育てたりパンを作って生活している 菱沼さんにレクチャーをしていただきました。 早速鶏舎に。 はじめて生まれたばかりの卵を手にするお子たち。 「あったかーい」 そして、何はともあれ自分でいただく鶏を捕まえるところからが勝負です! すばしっこい鶏を捕まえるのは一苦労。 あと少しのところでスルっと手から逃げ出してしまいます。 ようやく捕まえて胸に抱いてみると大人しくなりました。 鶏は温かくて、ずっしり重みがあって、 生きていることをしっかりと認識できます。 この生きている命を自分の手で絶つことが本当にできるのか。 次第に言葉も少なくなってきます。 鶏をしめるためには、いかにすばやく苦しみを与えないようにするかが大切です。 地域や農家によって、それぞれ方法は異なるようですが、 今回は頚動脈をすばやく、的確に切るという方法です。 レクチャーする菱沼さん。 切った瞬間に鶏がもがく姿も、 流れる血も、 命が消える瞬間ふっと鶏の体が軽くなる感覚も、 全て受けとってきました。 やはりこれは、見るだけではなく、 … 続きを読む

コメントをどうぞ

フリーフライトだよ!全員集合!~上士幌ツアー冬の陣~

【3日目】3月28日 糠平温泉中村屋→熱気球フリーフライト→然別湖コタン→札幌 ツアー三日目は選手を交代して、副部長が報告いたします! 三日目のメインイベントは「熱気球フリーフライト」。 前回の夏の上士幌ツアーでも熱気球は乗りましたが ロープで結ばれた状態で上下するだけでした。 今回は「風に乗って自由に飛ぶ」、本当に「フリーフライト」なのです!!!! もちろん、フライトするのは風を読み気球を自在に操る(まるでナウシカ!) 上士幌の熱気球チームの熟練パイロットさんであります。 うー、ワクワクします!! 早朝から雪原に出発です。 一番気になるのは天気ですが、朝の時点ではなんとか雪は降っていない模様。 気球はバルーンの部分が濡れてしまうと飛べない、そして 視界が悪くても飛べないということで雪が降っているとアウトなのです。 さぁ、天気が良いうちにフライトしましょう!! ごぉぉぉぉぉ。 バーナーと送風機でバルーンをふくらませます。 ふくらんだら、勝手に浮いてしまうので、それをみんなで押さえているうちに 速攻で乗り込みます!! いってきま〜す!!! わぁ、やっぱり夏とは高さも景色も違う!! 雪の十勝平野を上から望む。美しすぎです。。。 最初はあまり風も無く、おだやかなフライトでしたが 2組目が終わった頃から雪と風が出来て来ました… 急いで、急いで!! 気球にはチェイスカー(回収車)があり、飛んだ気球を追いかけ着陸地で回収します。 おぉ、ラストフライトはだいぶ遠くまで飛んだぞ、さぁ、みんなで追いかけよう〜〜〜☆ 民家と林の間の、せま〜い空間に見事着陸してました!! スゴい腕です。 全員乗り終わったので、後片付けも手伝いましょう。 まずはこの大きな気球の空気を抜いて、 折り畳んでいきます。 「きゃー、そこおさえて〜!」 こんな作業もみんなで行うと面白いから不思議(笑 チームのみなさんにも「これはなかなか貴重な体験だよ」と言われました。 確かに、イベント等での体験フライトではここまで手伝えませんよね。 上士幌の熱気球の歴史や、熱気球ってぶっちゃけいくらくらいかかるの!?といったお話も聞く事ができました。 競技としてのフライトもなかなか面白そう! お世話になったチームのみなさま、本当にありがとうございました!! さて、朝のイベントが終了したので … 続きを読む

コメントをどうぞ