月別アーカイブ: 11月, 2012

12月の部活のお知らせ。

少し早いですが、今年最後になる部活のお知らせです。 今年最後の部活は久々のバスツアー! 8月にお豆授業をしてくれたべにや長谷川商店の長谷川さんが主催の「おかんの会」に、みんなで参加します!! この会、地元岩見沢の方はもちろん、東京や新潟からも団体ツアーが来る、なかなかドデカイイベントで いろんな人と交流出来るチャンスでもあります。 忘年会がわりにぱーーっと盛り上がっちゃいましょう!! (バスツアーだからお酒OKだしね☆) ————– 地元に伝わる名物料理。 おばあちゃん、おかあさんの手料理や漬物におやつ。 知恵と工夫と愛情がいっぱいの「我が家料理』。 懐かしく、また今では新しくもある料理たちを食べに行きませんか!? ただ食べにいくだけじゃない、こちらからも料理を持参して食べてもらいましょう。 あなたには当たり前の料理もおばあちゃんには珍しいものかもしれません。 レシピを教えてもらったり、教えたり。 知っているようで意外と知らない隣町の名産や名物料理、そして市場には並ばない「在来種」の野菜達も勢揃いします。 わいわい話してぱくぱく食べて、楽しく学んで交流しましょう!! ☆特別開催!農学博士 加藤淳先生のお豆講座もあります!! 【日時】12月15日(土)11:00~15:00 【場所】岩見沢市4条2丁目4−1 ナカノタナⅡ 【会費】2,000円(参加費、バス代含む)→料理持ち込みの場合の料金です。持ち込み不可の方はプラス500円かかります。 【申込】部員さんにメールでお知らせしています。 【締切】12月3日(月)10:00 ※注意!!締切後のキャンセルは同額のキャンセル料(振込)が発生します。ご了承ください。 ☆Facebookですでに参加表明していただいている方もお手数ですが、コチラからもお申し込みください。 【札幌からのタイムスケジュール】 8:45 札幌市民ホール(NHK側)集合 9:00 出発 10:30 会場到着 11:00 特別講座『北海道産の小豆の栄養性と健康機能性について〜小豆を食べていつまでも元気に、美しく〜』(参加自由) 12:00~15:00 おかんの会参加、いっぱい食べて交流しよう!! 15:30 出発 17:00 札幌到着 ☆いつもの部活のように「ランチ持ち寄り」形式です!是非「手作り料理」をお持ちください。(特別な料理の必要も沢山作る必要もありません。いつも食べている料理を2、3人でシェア出来るくらいの量で結構です!) ☆ドリ農部員限定!きたべじさんから参加者全員へ野菜のプレゼントあり! ■主催者からのメッセージ これまで北海道遠軽町で地元の豆料理、家庭料理や郷土料理など「おかん料理」と称して持ち寄り会を開いてまいりました。漬物などの副菜からメインディッシュまでバラエティに富んだ一品を持ち寄っての催しです。 第6回目の今回から開催地を転々とする「キャラバンスタイル」に変え、かつての炭鉱の街・岩見沢で開催することになりました。その執行部隊として2012年2月豆くう人々岩見沢を立ち上げ、12月の開催に向けて活動をキックオフ。12月のおかん料理を楽しむ会の準備はもとより、在来の豆や作物の栽培、郷土料理の伝承をになうサークルとして始動しました。 今ここでしか味わえない岩見沢ならではの食と人に密着した催しになるよう、老若男女のみなさま、自慢の一品を持ち寄ってぜひご参加ください。 べにや長谷川商店 長谷川 清美 … 続きを読む

コメントをどうぞ

モンサントの不自然な食べ物

是非たくさんのかたに見て頂きたいので告知させていただきます!! みなさん、「遺伝子組み換え(作物)」という言葉は聞いた事があると思います。 遺伝子組み換えとは、何か? 何故そんなことをする必要があるのか? 「遺伝子組み換え作物を植えて、ラウンドアップ(除草剤)を使えば、雑草だけを殺して作物だけを育てる事が出来る」ーーーー 一件「良い事づくめ」に見せかけた裏で、何が行われていようとしているのか? そこまで知っている方はいらっしゃるでしょうか? 「モンサントの不自然な食べ物」→http://www.uplink.co.jp/ monsanto/ は、世界の遺伝子組み換え作物の90%を占める巨大多国籍企業・モンサント社の歴史と 彼らの主張を多くの取材と資料により検証していくドキュメンタリー映画です。 札幌での劇場公開は決まってませんが、「オーガニックカフェ知恵の樹」さんが主催で自主上映が決まりました。 【日時】11月17日(土) 開場18:00  開始18:15 【場所】西岡福住地区センター(札幌市豊平区西岡4条9丁目) 【料金】前売り 1,300円   当日1,500円 【詳細・申し込み】http://ameblo.jp/ noahnoahgreen5130/ entry-11376928528.html (チケットの取り置きも可能なようですのでお申し込みの時にお伝えください。 また、当日行かれるかたは3名限定ですが部活後に紀國と車乗り合わせで行く事も可能です。希望の方はご一報ください。) 遺伝子組み換え作物のことを知らずに、既に我々は遺伝子組み換え作物を口にしています。 口にすることは認めたと同じこと。 遺伝子組み換え作物を認めたということは、モンサントの「食料の世界支配」を認めたことにもなるのです。 「遺伝子組み換えって?安全なものなの?世界で何が行われているの?食べないためにはどうしたらいいの?」 まず、「知ること」から始めましょう! 興味のあるかたはこちらも 【監督のインタビュー】http://www.webdice.jp/dice/ detail/3628/ モンサント社との闘いに勝つためには、私たち市民が食料などの消費しているものに対して常に意識を高めること、そして有機農作物を産地直送で買う方法があ ります。日本には提携という素晴らしいシステムがあり、素晴らしいモデルとして世界の人たちにインスピレーションを与え続けています。生産者と消費者の密 接な関係こそがアグロビジネスの罠に陥らずに威厳を持って農業を続けていくことのできる方法なのです。

コメントをどうぞ