月別アーカイブ: 3月, 2014

どぶろく体験やってきました!

みなさま、こんにちは。 すっかり、日が長くなりましたね。 春ももうすぐ近くまで来ているってことですね。 畑作業が待ち遠しい今日この頃です。 そんな中、酒好きドリ農部、とうとうやってしまいました。 どぶろく、作ってしまいました~♪ 伺ったのは、長沼町の阪農場さん(http://sakafarm.com/index.html)。 先生は、阪正光(せいこう)杜氏。 阪さんでは、2006年よりどぶろく作りを始められて、今年で8年目。 「60の手習い」という言葉があるけれど、58歳でどぶろく作りを始められたそうです。 「どぶろく作りは奥が深い。完璧なものを求めているが、なかなか難しいと感じている。」と阪さん。 長沼町は、グリーンツーリズムの一環として、国からどぶろく特区の認定を受けています。 現在、長沼町には5軒のどぶろく製造所がありますが、年に数回集まって利き酒会をするなど、みなさん技術向上に余念がないそうです。 軽快で面白い阪さんのお話を聞いているうちに、どぶろく作りスタートです!! 今回は「ほしのゆめ 北のかがやき」というお米を使います。 お米は90%精米。(10%分を研いて削った状態) まず、3kgのお米をもむように手で洗います。(3回くらい) 「寒いからお湯使っていいよ。」と、優しい阪さん。 お酒用の炊飯は、食べるご飯を炊くより1割水を減らして、その分、お酒を足して炊くのがポイント。 「芯が残らないように」との思いを込めたおまじないのようなものなんだそうです。 ガス釜でご飯を炊き(30~35分)、蒸らします(20分)。 ご飯を炊いている間にお米以外の仕込みをおこないます。 寸胴なべをアルコール消毒し、 乾燥麹(ほんのり甘い←麹ももちろん味見)1.3kgをみんなで手分けして鍋に入れます。 次に、水を入れて、清酒用の酵母、乳酸の順に入れ、仕込みOK!! ちなみに、水をいれる際の物差し系の測る道具はすべて手作りとのことです。様々な工夫があるのですね。 とここで、急に台帳に数字を書き出す阪さん。 「お酒作りはすべて記録が大事」 国税、酒税、諸々の税金、原材料、卸し、販売、売上、在庫管理、などなど すべてを細かく記録しなくてはならないそうです。 お酒造りのルールは厳しいのですね。 どぶろく特区を始める際の説明会には町内の農家さんが大勢参加されたそうですが、 このような厳しい管理をするのが大変と思われたのか、 実際にどぶろく造りを始めたのは5軒だけだったようです。 普段の農作業に加えて厳しい酒造の管理もされているみなさんの熱意はすごいと思いました。 お米の炊きあがりを待っている間、阪さんの農場についてもたくさんお話を伺いました。 阪さんのお父さんの代には雑貨店を営みながらの半農半商だったそうですが、 阪さんが継がれてから農業に本腰をいれはじめ、家族総出の大変な努力の甲斐もあり、 当時4.8haだった農地も今では28haまで広がりました。 特にお米の無料配達は長沼近郊の南空知だけでなく、札幌や苫小牧、さらには帯広市まで毎週行っているとのことで、 … 続きを読む

3件のコメント