ODENプロジェクト第1回畑作業終了

異例の蝦夷梅雨に見舞われた北海道。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。ドリ農部の暴君“ちる”です。


ODENプロジェクトも出鼻を挫かれ、畑作業の延期を余儀なくされましたが、
6月21日(土)に無事定植作業を終えました。


すでに部長・副部長の手でタマネギ、大豆などが定植されていましたが…




雑草が伸び放題!


こ、これは意外に大変な作業になりそうだぞ…
耕起作業チームと雑草取りチームに分かれて作業をスタートです。


今回のプロジェクトは「働かざるもの、食うべからず」がテーマです(笑)

バーバー紀國による毛刈りならぬ、草刈り(耕起)。



「ホク○ン」




初参戦の部員さんも、耕起にチャレンジです。




チーム雑草取りは、黙々と作業中。
これも美味しいおでんを食べるため!


一通り作業が終わったら畝作りに取り掛かります。
作物によって畝の幅や高さが異なるので、一畝一畝確認しながら進めます。



見よっ!この鍬さばき!!



んー。ちょっと腰が入ってない感じもしますが(笑)




今回、初めて作る野菜の一つ“こんにゃく芋”。
水はけが良い土地と、ある程度の気温が必要なので北海道向きではない作物ですが、
ここはチャレンジ精神だけは高いドリ農部。
通常、こんにゃく芋は種芋になるまでに3年の月日がかかります。

これは3年目の種芋。


芽が生える場所に水が溜まって腐らないように、斜め45度にして植えます。

こんな感じ。



大きく育てよー。


そして、こちらも初チャレンジの“やまと芋”。
これは後々ハンペンの材料になります。

こんな感じ。

写真がありませんが、カンピョウ作りのための“夕顔”も初参戦です。
最終的に、モチ巾着に使いますよー。


大きな夕顔“10貫目大丸かんぴょう”も育ててみましょう。

タネはこんな形をしています。


キャベツはロールキャベツ用に。

中のお肉も、スペシャルな予感☆


薬味も作っちゃいます。
生姜と山椒をイン!

こうなったら、ダシや調味料もこだわりたいですね…




大方の野菜を定植したところで一休み。

どうでしょう、この緑の暴君の哀愁漂う背中。



「こらーーーー!!!!」豆を食べにきた鳩を追う部長と部員。




鳩を追ったところで、午後からは恒例の豆まきに取り掛かります。
鞍掛豆、パンダ豆、青大豆…。
ゆで落花生のタネも一緒に育ててみることにしました。

大豆は豆腐にしてから、あげ+かんぴょう→モチ巾着に変身する予定。
もしかしたら、モチも自分たちでついちゃうかもしれません。


鳥に食べられないようにカバーをかけておきます。
そして、完成した畑ががこちら↓





Bifore


After









作業を終えて清々しい顔のショット!



7月には大根のタネまきと雑草取り、そのほか野菜のケアなどを行う予定です。
同時に、石狩市のノーザンノーサンですくすくと成長中の
ミニトマトとオクラの作業も行いますよー。
まだ参加を迷っているあなた!スペシャルなおでんを一緒につくりませんか!?



そして、畑以外の動きも見え始めてきました。
練り物づくりのための“魚班”に、美人な助っ人現る!?
そちらもお楽しみに!!!

ODENプロジェクト第1回畑作業終了 への1件のコメント

  1. 多田芳彦 より:

    ごくろうさまです。参加したいのですが、勤務の都合で参加できません。洞爺湖にこられることがありましたら是非財田キャンプ場にお寄りください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>