「つくろう学科」は、まちのクリエイターが先生となり、生活の中に”創る”きっかけをつくります。

つくろう学科第2回札幌現代アートコレクター宅訪問ツアー

今回の授業レポートは、ケンメイがお送りいたします。

つくろう学科第2回目の授業は、「札幌現代アートコレクター宅訪問ツアー」。

授業コーディネーターは、前回の旭川ツアー同様ドゥヴィーニュ仁央さん。

またしても、ずいぶん大胆な授業を企画してしまいましたねぇ。

お宅訪問を授業にしてしまうとは恐れ入りました。

授業当日。

一行は大通西5丁目のビルB2Fにあるギャラリー「CAI02」に集合。

簡単な自己紹介の後、早速出発。

はじめに、「ギャラリー門馬」オーナー、大井恵子さんのお宅を訪問。

落ち葉舞う大通り公園を横切り、足早にマンションの中へ。

そこはモダンな住空間で、あまり生活が感じられない。

美術館やギャラリーとも違う、不思議な感覚。

大井さん曰く、作品は気に入ったら欲しくなってしまうのは当たり前。

迷ったら買わない。

洋服を選ぶように、常に見て歩くことが大切、と教えて頂きました。

こうみると、マンションの一室ということを忘れてしまいます。

次は、「アウラ・アソシエーツ都市建築設計」所長、山本謙一さんのお宅を訪問。

地下鉄で移動し、徒歩数分。閑静な住宅街に佇むコンクリートの邸宅。

もちろん、設計はご自身でされたそうです。

背の高い玄関ドアを開けると広がるのは、高さ4mの吹抜け空間。

20帖程ある空間には端聡さんの作品がドーンドーンドーンと並ぶ。

作品を飾る位置から、それを照らすライトに至るまでを全て端さんが手掛けたそう。

山本さんは、端さんご本人も認める最大の端コレクター。

ぱっと見、なんだこりゃ!?が引きがねなのだったのだそう。

現代アートについて建築家である山本さんは、

クリエイターとして創造性を刺激されるのだ、と話してくださいました。

アートが家にあることで、日常から抜け出す瞬間がある。

非日常とは旅を連想させ、そして作品と対話することにつながる。

コンクリート打ち放しの壁に飾られた作品。

感性・感覚で配置された作品たちは、「無造作に」かつ「計算されて」そこにあるようでした。

最後に向ったのは、「ト・オン・カフェ」オーナー、中村一典さんのお宅。

辺りが暗くなり始めた頃、徒歩で数十分のところに現れた、とあるマンション。

リビングに入るなり、いきなり目に飛び込んできたのは・・・

高幹雄さんが描いたダイニングテーブルの上に、森迫暁夫さんの作品が。

そして壁にも高さんの作品。

中村さんのお宅には、高さんの作品が溢れていました。

そもそも、高さんとは遊び仲間をきっかけのお付き合いだそう。

中村さんは、作家の人柄・センスを好きになってから作品を購入することが多いそうです。

だから、自然と札幌で活動している作家の作品が多い様子。

他の人と違う価値観を持つ事を楽しめる自分でありたい。

そう話す中村さんは、生活スタイルに積極的にアートを取り入れる楽しさを教えてくださいました。

作家と触れ合う機会があるのなら、その作品・作家ともっと知り合わないともったいないのだ。

アートコレクター宅を訪問するという今回の授業を通じて感じたこと。

それは、そこにアートがあることで生活もアートになるということ。

そして、気に入った作品を独り占めできるという贅沢。

美術館やギャラリーとは違って、好きな距離で好きな時間眺めていられる。

作家が生みの親なら、コレクターは育ての親といった感じかな。

作家から受け継いだ作品と、作者よりも長く生活を共にする訳だから。

最後になりましたが、今回の講師であり自邸を公開してくださった大井さま、山本さま、中村さま、

アーティストとしてディレクターとして様々な疑問にお答えいただいた端さま、

貴重な体験をありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>