札幌オオドオリ大学

  1. Home
  2. ドリ大について
  3. 参加方法
  4. 授業・レポート
  5. 先生
  6. キャンパスガイド
  7. 支援サポーター

授業詳細

【体育】

蹴りたい人、集まれ!
玉けりザ・フューチャー

2013年01月14日(月) 14時00分 ~ 16時30分    教室:北海高校体育館
  • 授業情報
  • レポートUP
  • フォトレポートUP
  • コメント・トラックバック
※1:本授業は2013年1月10日(木)24時までの先着となります。
※2:本授業はスポーツ保険としてお一人500円程度いただきます。
※3:体育館にて授業となるため、上靴・外靴袋をご持参ください。また、動きやすい格好でご参加ください。
※4:授業へは公共交通機関をお使いください。
「ボールを蹴る」って行為、最近したことありますか?
サッカーやフットサルをやっている人は別として、
日頃はなかなかボールに触れる機会ってないですよね。

サッカーのリフティングってあるじゃないですか。
足の甲やヒザや胸を使って、サッカー選手がボールを自由に操るアレ。
サッカーの基本テクですが、
これができたら楽しいし、ちょっとかっこいいですよ。

そこで「何年ぶりかでボールを蹴ってみましょうよ!」というわけで、
ドリ大2013年のオープニングは、誰にでもできるリフティング授業やります!

先生は、元コンサドーレ札幌の曽田雄志さんとプロのサッカー選手のみなさん。
リフティングの基本を学んで、みんなで実際にレッツ・リフティング!
サッカーのおもしろ話を聞いたり、ミニゲームで盛り上がったりもします。

「そんなことできるわけないじゃない…」「あれはサッカー選手だけのワザ…」
なんて言わないで、女子も男子もちょっと遊びに来ませんか?
年末年始の食べ過ぎ、ストレス、運動不足をキックする、
「玉けり」授業でスカッと楽しい1年を始めましょう!

※北海高校サッカー部のみなさんのサポートもあります!

(授業コーディネーター:高崎 克秋)

曽田 雄志 / 北海道教育大学専任講師・NPO法人札幌オオドオリ大学理事

1978年札幌生まれ。 札幌南高等学校卒業後、1997年筑波大学入学。 2001年コンサドーレ札幌に入団。当初はFW、後にDFとして活躍。「ミスター札幌」「ミスターコンサドーレ」と称された。2009年現役引退。2010年コンサドーレ札幌アドバイサリースタッフに就任。2011年スポーツを中心とした様々な文化活動を通じて、地域活性化活動を北海道から発信する「EN project Japan」設立。東日本大震災で被害にあった方々のサポートを行っている。2013年10月 一般社団法人A-bank北海道設立、代表理事就任、2014年オオドオリ大学理事就任、2014年2月北海道教育大学岩見沢校芸術・スポーツビジネス専攻講師就任。

今回の教室:北海高校体育館

住所:札幌市豊平区旭町4丁目1-41
*地下鉄東豊線「学園前」駅直結
地図を見る

<当日の連絡先について>
電話:070-5067-5320

①授業当日午前10時以降にご連絡頂きますよう、お願いいたします。
②場所についてのお問合せや、やむを得ない場合の当日キャンセルのご連絡の場合のみ、おかけ頂きますよう、お願いいたします。

レポートタイトル:弾むボールには、習うよろこびと教えるひらめきが詰まっていました

 2013年最初のドリ大授業は体育。
しかも「何年ぶりかでボールを蹴ってみましょうよ!」ということで、練習すれば誰にでもできるというリフティングに挑戦です。
 教室となった北海高校体育館には、就学前の若きファンタジスタから、Jリーグ以前のことを語りたくなっちゃう世代まで、30名近い生徒が集まりました。
 胸にはそれぞれの「愛称」と「目標リフティング回数」を明記。
いけるかなぁ…の5回もいれば、いくぞ!の30回もいますが、やる気はみんな同じく満タンです。
 だって今日の先生の豪華ラインナップときたら、昨年からの蹴球授業でおなじみの“ミスターコンサドーレ”曽田雄志さんに、コンサドーレ札幌で現役バリバリの曳地裕哉選手と前貴之選手、そして全道高校トップクラスの北海高校サッカー部部員の皆さんなんです。
この強力布陣とあれば、もう目標達成間違いないっしょ!

 授業はまず三つの班に分かれて、身体と頭のウォーミングアップからスタート。
ペアからパスしてもらったボールを、指示される内容と逆の動作で返します。
たとえば「右」と言われれば左足でキック、「ヘディング」と言われれば両手でキャッチ、「キャッチ」と言われれば…という具合です。
普段ボールをほとんど触ることのない人にとってはもう、このウォーミングアップから全力モード。
逆の動作をする…という以前に、狙った方向にボールを返すことすら難しいのです。
自分の身体なのにこんなにも思い通りにならないなんて?と驚愕しつつ、まだまだこれから!と懸命に身体を動かします。

 そしていよいよ本日のメイン、リフティングに挑戦です。
[足首を伸ばし気味に固める] [ボールがある程度落ちてきたところで蹴る] など基本の動きの手本とコツを教わりながら、さあ練習。
わかったつもりでやってみるけど、あれ?なんか!違う!?
 先生たちも「あぁ惜しい?」「そう、その感じ」「良くなってきてますよ!」と、褒めて伸ばす教育方針のもと我慢強く見てくれます。

 火がついた身体も心も、もう汗だく。
夢中で格闘するうちに時間もあっという間に過ぎ、発表の時刻になりました。
 各班3人ずつが代表となり、その合計リフティング回数で班ごとの順位を決定します。
 全員がぐるりと取り囲んだ輪の中心で「いち、にぃ、さん…」とみんなのカウントと声援を受けながらの実技。練習時にはクリアしていた回数が、発表ではできなくて残念しきりの表情も多かったのですが、でもそのチャレンジマインドに大きな大きな拍手が贈られました。

 休憩後、続いてはシュート実習。
ゴールに見たてたマットレスに向かって、各自シュートすることで[枠をとらえる]ことの難しさを痛感します。
 でも、蹴るって気持ちイイかも!

 さらにこの後は、豪華な先生たちによるミニゲームの開催。
ボールを自在に操る個人技はもちろん、攻防の駆け引きや、即席チームにして見事な連携の数々、などを真近で見ることができて一同大興奮となりました。

 「誰かの特技でしょ」と、ちょっと遠くのことのように思っていたリフティングに、ついついムキになって挑んだ生徒たち。
言葉・動き・眼差しで、力を貸してくれた先生たち。
 目標回数に届く/届かないはあっても、「汗をかくっていいね」「楽しー!」「相手に届くように伝えるって大変だけど、発見もある」と生徒も先生もそれぞれ感じながら、連日の真冬日を忘れるような暑い熱い時間を共有しました。

 最後に、曽田先生の講評からの一句を。

 『最初照れ 汗ばむ頃には 超笑顔』


(授業レポーター:平川 敦子 [ ヒャッカム-hyac-come-HIRAKAWA Atsuko ランニング作戦室 ]

※写真をクリックすると拡大します。


 

この授業への皆さんからのコメント

1. 目標回数の達成こそなりませんでしたが、10数年ぶりにサッカーボールを蹴る事が出来、とても楽しかったです。
サッカー選手ってすげぇなぁと、改めて思いました。
(自分が通ってた以外の学校に入るというのがとても新鮮で、本来の趣旨とは関係ない部分で「おお~」となっておりました)
ありがとうございました。
2013年01月30日(水) 02時02分(サブロウ)
ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

去る1月14日(月・祝)、北海高校体育館にオオドオリ大学主催のリフティング教室に行ってきた。「蹴りたい人、集まれ!玉けりザ・フューチャー」http://odori.univnet.jp/subjects/detail/128結論:凄く、楽しかった。発見:サッカーボールは硬くて重くて痛い。   思って
2013年01月31日(木) 01時45分【alovelog】
去る1月14日(月・祝)、北海高校体育館にオオドオリ大学主催のリフティング教室に行ってきた。「蹴りたい人、集まれ!玉けりザ・フューチャー」http://odori.univnet.jp/subjects/detail/128結論:凄く、楽しかった。発見:サッカーボールは硬くて重くて痛い。   思って
2013年01月29日(火) 04時12分【alovelog】
去る1月14日(月・祝)、北海高校体育館にオオドオリ大学主催のリフティング教室に行ってきた。「蹴りたい人、集まれ!玉けりザ・フューチャー」http://odori.univnet.jp/subjects/detail/128結論:凄く、楽しかった。発見:サッカーボールは硬くて重くて痛い。   思って
2013年01月29日(火) 04時10分【alovelog】

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://odori.univnet.jp/subjects/trackback/128/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。


レポートUP
カテゴリ:【体育】
定 員 :30人
参加対象:ボールを蹴りたい方、 リフティングできない方、 サッカーに興味があるけどやったことが無い方、 サッカーの試合を見たことが無い方、 サッカーボールに触れたことが無い方、 なんか蹴ってみたい方、 運動音痴の方など