札幌オオドオリ大学

  1. Home
  2. ドリ大について
  3. 参加方法
  4. 授業・レポート
  5. 先生
  6. キャンパスガイド
  7. 支援サポーター

授業詳細

【音楽】

身体で音楽を聴こう!〜クラブ初体験〜

2013年12月19日(木) 18時00分 ~ 19時30分    教室: DUCE(デュース)
  • 授業情報
  • レポートUP
  • フォトレポートUP
  • コメント・トラックバック
※1:本授業の抽選は2013年12月12日(木)に行います。(抽選予約受付は12月11日(水)24時までとなります。)
※2:抽選後、定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は2013年12月17日(火)24時まで先着順でお申し込みを受付いたします。
※3:参加にはドリンク代の実費(500円)がかかります。好きなドリンクを飲みながらの授業です。費用は各自ご負担ください。
※4:大きな音を聴く授業です。予めご了承下さい。
音楽体験は時代とともに変化して来ました。

携帯プレイヤーからヘッドフォン、イヤフォンで聴く人が多くなっている中、
スピーカーから大きな音で音楽を鑑賞する機会は少なくなりつつあります。
もちろん常時大音量の中にいれば、健康に影響があるかもしれませんが、
身体が震えるほどの音は、
時として心も震わせるほど新鮮な感動をもたらすことがあります。
大好きな音楽を爆音で聞きながら、
プロのDJのテクニックやクラブの雰囲気をちょっとだけ覗いてみませんか?

(授業コーディネーター:坂田 太郎)

DJ TAMA a.k.a. SPC FINEST / DJ

札幌を拠点に世界中で活躍を続けるプロフェッショナルDJ。 1992年に活動をスタート。1999年にはDJコンテストで日本チャンピオンに輝き、2006年にはファースト・アルバムをリリース。札幌在住ながら日本全国はもとよりアジア各国でもDJツアーを敢行し、メジャー・アーティストのリミックス作成、楽曲プロデュース、独自レーベルの立ち上げなど活動は多岐にわたる。2013年11月20日リリース、日本を代表するラッパー「Zeebra」のニュー・アルバム「25 To Llife」より先行配信曲「Young Soldier」をプロデュース。DJプレイする楽曲はHip Hopに留まらず、ハウス、ロック、テクノ、アニメソングまで多彩。 <MORE INFO> http://www.djtama.com http://twitter.com/spcfinest https://www.facebook.com/spcfinest http://ameblo.jp/spcfinest

今回の教室: DUCE(デュース)

住所:札幌市中央区南8条西4丁目422 オリエンタルホテルB1F
TEL:011-596-8386
FAX:011-596-8363

地下鉄南北線「中島公園駅」下車 2番出口から徒歩5分。
2番出口から右に進み、セブンイレブンを右折し、ZeppSapporoの横を通過するとオリエンタルホテルが正面に見えてきます。ホテルのエントランスを通り過ぎ、ホテルの角右側にDUCEの入り口があります。
※ホテルのエントランスからは入場いただけませんのでご注意ください。
(お問合せは所在場所についてのみ、お願い致します。授業内容につきましては、札幌オオドオリ大学までお尋ねください。)
地図を見る

2011年札幌に誕生したライヴ&クラヴ・スペース"DUCE[デュース]"。中島公園からすぐ近くのホテルの地下に広がる空間は、大きめのバーカウンターのあるラウンジスペースと、天井高のあるステージとリラックススペースもある広めのメインフロアで構成され、無限の可能性を感じさせます。
ここで音楽を中心としたアート/ファッション/パフォーマンス/映像などが個性的でユニークな人々と交じり合い、札幌の次なるスタンダードを提案し、北海道の新しい文化が創造されています。
全館から各フロア単位まで、お客様の自由な発想でのご利用が可能です。

レポートタイトル:音楽のある場所

学生の頃クラブが流行っていて、イベントがなくてもクラブに行く人が大勢いた。
私も流行にのってクラブにいったことはあるが、どうやって踊ればよいかわからず気づけば遠のいた。

フェスでクラブ音楽を聴くことがあってもイベント以外でクラブにいくこと全くなくなった。

これは私の経験ですが、同じような人たくさんいるのではないでしょうか?

この授業が行われるにあたって、数少ないクラブ体験を思い出してみた。
すごいDJって何がすごいの?あのキュッキュってやつは何の効果があるの?・・・・知らない。

クラブ音楽については少し知っていても、クラブにいるDJに関して全く知らないことに気づいたのです。
新たな面が知りたい!と思い参加することにしました。

会場は2011年札幌に誕生したライヴ&クラヴ・スペース"DUCE[デュース]。
先生は札幌を拠点に世界中で活躍を続けるDJ TAMAさんです。
まずはTAMAさんのDJプレイでスタート!!!

その後、コーディネーターの坂田さんと対談形式でクラブ・クラブ音楽について話していきます。
まず生徒の皆さんの音楽のかかわり方について調査。
どんな風に音楽を聴く?に対しては、やはり携帯プレーヤーからが圧倒的に多かったです。

家や通勤中に聞くことが主流になっている音楽ですが、そういう時は大音量で聴けないから、クラブで音楽を聴くことはとっても貴重な時間になると熱く語るお二人!
あと印象的だったのは、世の中的に“出会いがない”と人はいうけど、『クラブには出会いがある、コミュニティがある』ということ。
お二人もクラブを通じていろんな出会いをしたようです。
時間がなくて聞けなかったけど、出会いについても詳しく聞いてみたかった~!

一通りクラブについて語ったところで、DJの周辺機器説明です。
右からCDJ・ターンテーブル・ミキサー・パソコンが置いてあるそう。
DJ=ターンテーブルのイメージでしたが、ターンテーブルだけじゃないんですね!!!

次に技術について。
次の曲と次の曲のつなぐ時の技術を披露くれました。
ただなんとなく気分・またはカッコいいからキュッキュとやっているのかと思ってた仕草でしたが、
二つの曲をだだかけてるだけではなく、テンポをここだというとこで合わせる曲を変えているそうです!

こんな理由でやっていたのか、繋ぎ目のときのあの仕草!!!
すいません、今までそんな風に思っててすいません!と15年分ぐらい謝りたい気分になりました。


携帯プレイヤーでシャッフルしたときに繋ぎ目の良さに、興奮することありませんか?
わかりやすく言うと、これをDJが作り出すってことです!とのこと。
坂田さん本当わかりやすいです。

テンションが上がってきたとこで、
お待ちかね!今回は分かりやすいように先生がJ-POPで生披露!(貴重です)

多分来た人にしかわかりませんが・・・
何度も繰り返すポリリズム~アジアの純真からのボンバヘット~そしてまた繰り返すそんなんじゃないよ楽しいだけ♪
という感じで、全く違うJ-POPが見事に繋がったり、違和感なく繰り返されていくのです!!!

今までなんとなく見てきた光景。改めて考えてみるとすごいんだなぁ~と実感。
これから繋がりばっかり気になりそうです。

これってレコードでしか出来ないイメージですよね。
しかしCDJでCDでスクラッチが出来る様になったそうです!
それどころかさらにパソコン・USBでもできるらしい!!

でも、アナログがいいから先生はやらないそうです。
繋ぐ事に関しても今は機械がやってくれるけど、アナログでやる個性がいいそうです。
では何故アナログがいいのか?次の実験に入ります。
(もはや音楽が科学のようになってきています。)

マイケルジャクソンのスリラーでアナログ・CD・MP3の違いの聞き分けを実施!

・・・私はそこまで音に詳しくないのでCDとMP3の違いはわかりませんでしたが、
レコードはやはり機械のシャカシャカ?感がなくクリアに聞こえるような気がして違ったと思います!
アナログでやる個性・・・もちろん技術面もあると思いますが、音へのこだわりも知ることができました。

そして次はサンプリングのお話。
サンプリングとは、過去の曲や音源の一部を引用し、再構築して新たな楽曲を製作する音楽製作法・表現技法のことだそうですが、
電気グループの「Shangri-La」も実はサンプリングから出来ているのです!
元の曲を聴いても最初はピンとこなかったのですが、リズムを変えて音を入れてどんどん変わっていくのです!!!
すごい!!!
正直DJって何が楽しいのかわからなかったけど、これはのめり込むのはわかる!というぐらいの衝撃!!
もう1曲聴きましたが、もっとサンプリング聴いてみたいなぁ~。とっても楽しかったです。

最後に一通り学んだことで、また先生のDJプレイを披露してもらいました!!!
きっとみんな最初に聞いたときと違う目と耳で感じることが出来ましたよね?

質問タイムを経て授業は終了~!!!

その後同会場にてオオドオリ大学の忘年会が行われ、コーディネーターの坂田さんがDJになりイベントが続きました。
クラブの踊り方ではなかったと思いますが、汗だくで翌日筋肉痛になるぐらい踊りまくりました。

クラブって楽しいですね。次は自信をもってクラブに行ける踊り方教えてください。笑

(授業レポーター:金田 はずみ)

※写真をクリックすると拡大します。


 

この授業への皆さんからのコメント

1. 生まれて初めての「クラブ」でした。

興味があっても足を踏み入れることができず、これはいい機会!と思って参加しました。

普段はiPhoneやPCのデジタル音源で聞いていましたが、「レコード」「CD」「MP3」の音源の聴き比べでそれぞれの音の違いが自分でわかり、アナログのマイルドさに感動しました。

実際にDJ TAMAさんによる「DJは何やってるか」はなるほど!と感動しました。
サンプリングとは何か?では基の音源を知れ、機材の操作を間近で見ることもできて、参加できて本当に良かったです。

クラブには一人で行ってもいい様なので、勇気を出してみようと思いました。

普段はイヤフォンとヘッドフォンで楽しんでいましたが、全身でのりのりで聞くのはもっと楽しいです。

ありがとうございました。
2013年12月19日(木) 20時37分(いしえみ)
2. いしえみさん、コメントありがとうございます!是非ともクラブに音楽を楽しみに行ってみてくださいね☆
2014年01月14日(火) 22時06分(カンリ)
3. いしえみさんこんばんは!

授業は思ったよりマニアックになってしまい、
うまく伝わるかどうか不安でしたが、
楽しんでくれたようでほっとしました。

講師のDJ Tamaさんが言っていたように、
クラブは音楽を聴くだけではなく、人と出会い、
文化が生まれる場所でもあります。
慣れていない人にはいろんなハードルがあると思いますが、
興味があったらぜひ勇気を出して、出かけてみて下さい。
僕らが20年まえそうだったように。

次はダンスフロアで会いましょう!!
2014年01月20日(月) 20時08分(タロウ)
4. いしえみさん
来ていただきありがとうございました。
時間が短く掘り下げきれない話題も会ったりしたんですが、熱心に聞いてくださる方々ばかりで俺も凄く楽しかったです!
色々な場所で音楽を楽しめますのでドンドン出かけて行ってみてくださいね!
新しい発見や出会いが有ります!
2014年02月05日(水) 13時50分(DJ TAMA)
ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://odori.univnet.jp/subjects/trackback/176/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。


レポートUP
カテゴリ:【音楽】
定 員 :30人
参加対象:音楽が好きな方、クラブに行ったことが無いかた、クラブに興味がある方、大きな音で音楽を聴きたい方、クラブカルチャーについて知りたい方など。