札幌オオドオリ大学

  1. Home
  2. ドリ大について
  3. 参加方法
  4. 授業・レポート
  5. 先生
  6. キャンパスガイド
  7. 支援サポーター

授業詳細

【音楽】

ヴァレンタインデイに贈る『愛のオペラ講座』

2015年02月14日(土) 14時00分 ~ 15時30分    教室:みべ音楽院
  • 授業情報
  • レポートUP
  • フォトレポートUP
  • コメント・トラックバック
※1:本授業の抽選は2015年2月6日(金)に行います。(抽選予約受付は2月5日(木)24時までとなります。)
※2:抽選後、定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は2015年2月13日(金)20時まで先着順でお申し込みを受付いたします。
※3:本授業は資料代(500円)をお支払いいただきます。
ドリ大初登場?オペラってなあに?という方おすすめの音楽鑑賞の授業です。
オペラってよく聞くけどつまりどういうものなの?
ミュージカルとの違いは?
なんであんなにチケットが高いの?
オペラ歌手と声楽家ってどう違うの?
アリアって?などなどオペラに関する様々な疑問をクイズ形式で楽しく解説します。

オペラの事が少しわかったところで、実際の作品としてヴェルディのオペラ「椿姫」から抜粋でごらんいただきます。
お話のあらすじや見どころ、知っておくと、より楽しめるまめ知識などもお教えしますね。
ところで会場は北海道二期会(オペラ団体)がふだんオペラの稽古に使っている場所!オペラが作られる場所での授業になります。
ホールで観るオペラを目の前で観るチャンス!
人間の声ってこんなにすごいんだ!とびっくりするかも!
オペラの永遠のテーマは【愛】ヴァレンタインデイにぴったりのこの授業を受けてオペラに詳しくなってみませんか?

(授業コーディネーター:延与 幸恵)

延与 幸恵 / ソプラノ

北海道教育大学札幌分校音楽科卒業。札幌市新人音楽会、日演連新人推薦演奏会 など数多くの演奏会に出演。オペラではドニゼッティ作曲『愛の妙薬』の主役アディーナを始め「ショパン」フローラ、『カルメン』フラスキータ、「ヘンゼルとグレーテル」のグレーテル及びゲルトルート、『椿姫』ヴィオレッタ、『ラ・ボエーム』ムゼッタ等数多くの公演に出演。2009年、2013年札幌においてソロリサイタル開催。北海道二期会会員(室内オペラ部常任理事)

石田晃大 / テノール

北海道教育大学大学院教育学研究科(旭川校)教科教育専攻音楽教育専修修了。 オペラではプッチーニの作品に多く出演し、「外套」ルイージ、「ラ・ボエーム」ロドルフォ、「蝶々夫人」ピンカートン、「トゥーランドット」カラフ、「ジャンニ・スキッキ」リヌッチオ、ゲラルドなどを歌う。 札幌市民芸術祭新人音楽会,若手演奏家によるコンサートin北ひろしま等に出演。 声楽を長内勲、西島厚、石田久大、杉江光の各氏に師事。 Musicant(むじかんと)メンバー。 札幌市立もみじの丘小学校教諭。

山神 壮平 / ピアノ

釧路北陽高等学校、札幌大谷大学音楽学部音楽学科ピアノ演奏クラス卒業。 第25回JPTAピアノオーディションD部門全国大会入賞。 札幌市民芸術祭奨励賞、釧路市教育長賞を受賞。 kitaraのサマーコンサート、三岸好太郎美術館ミニリサイタル、JRタワーそらのコンサート等に出演の他、 自主企画でピアノリサイタル等を企画•開催。 北海道二期会公演オペラ『ショパン』や、旭川オペラ劇場公演オペラ『椿姫』のピアニストを務める。 リスト音楽院セミナーにてラントシュ・I、ファルヴァイ・S各氏に師事。 浅井典子、黒山映、室内楽を岡本孝慈、谷本聡子、菊地秀夫の各氏に師事。

今回の教室:みべ音楽院

住所:札幌市中央区大通西14丁目

授業内容のお問い合わせは、ドリ大にお願い致します

レポートタイトル:それは格調高き、色恋沙汰

音でのリポートはコチラ♪

オペラと聞いて、みなさんは何を思うでしょう。
一度は耳にしたことがあるメロディラインかもしれないし、華やかな舞台かもしれない。「オペラ座の怪人」を思い出す人もいそう。
いずれにしても、オペラは、日常生活のなかにあたりまえにあるものではないような気がします。

札幌のあちこちで、愛の悲喜こもごもが発生したであろうバレンタインデーの午後、オペラが学べる授業の幕は開きました。



【第一幕:オペラって何だろう?】
前半は、ソプラノ歌手・延与幸恵先生の講義。オペラの基礎知識と豆知識を、クイズ形式で学びました。

◎オペラの意味は?
オペラ(opera)とは、もとはイタリア語で「作品」のこと。歌・オーケストラ・衣裳・道具・照明など、さまざまな“芸術”から成る一つの作品だから、そう呼ばれ、現在のオペラを指すようになったのだとか。

◎オペラは使い捨て?
壮大な舞台芸術・オペラですが、初期の頃は、たった一度しか披露されなかったとのことです。理由はカンタン。王侯貴族の娯楽だったから。彼らは、せっかくつくったから使い回そうなどとケチなことは考えない。宮廷音楽家に次々と新しい作品をつくらせ、上演が終わったら惜しげもなく捨てていったそうです。

◎残った作品には理由がある
捨てたわけではないのに消えていったオペラも数多くある。現在も新しい作品が生まれては消えていっているらしいです。
では、消えずに残る理由は? 一つは、メロディがよいこと。もう一つが、歌い手にとって歌いやすいこと。歌うための曲なのに、歌いづらいってあるの?と思ってしまいますが、あるらしいです。そうだとしたら、それは敬遠され、結果的に消えてしまうのも納得です。
ところで。オペラに「原語で歌う」というルールはありませんが、原語がいちばん歌いやすいそうです。

◎二つの歌唱様式:レチタティーボとアリア
オペラの主体は、歌唱。イタリア語の「語る」が語源であるレチタティーボは、会話を表現するもの。話し言葉に近い歌い方です。一方、アリアは、登場人物の感情を表現し、メロディにのせた一般的な歌い方になります。

◎オペラとミュージカルの違いって?
オペラとよく似た舞台芸術に、ミュージカルがあります。何が違うのでしょうか。
まず、オペラは構成の7割を歌が占めるのに対して、ミュージカルはダンス・芝居の割合が多くなります。ちなみに、この中間ぐらいのバランスのものがオペレッタです。
次に、オペラではマイクを使いません。マイクを使うミュージカルとの大きな違いです。オペラが上演されるような大きなホール全体に声を響かせる必要があるため、独特の発声法になるとのこと。


最後に、延与先生のお言葉を。
「オペラの構成は、amore(アモーレ・愛)があって、morte(モルテ・死)があって、最終的にfelice(フェリーチェ・幸福)か infelice(インフェリーチェ・不幸)のどちらかになるという形です」。


◎第二幕:オペラを聴いてみよう!
後半は、いよいよ生オペラ! ふだん稽古をしているというビルの一室が、つかのま、ステージになりました。

演目:椿姫(ヴェルディ作曲)
キャスト:ヴィオレッタ/延与幸恵さん(ソプラノ)、アルフレード/石田晃大さん(テノール)
ピアノ:山神壮平さん

どんなお話かというと、延与先生の解説によれば…
「銀座のナンバーワンホステス・ヴィオレッタに、地方都市の市議の息子・アルフレードが恋をして、すったもんだの末、愛し合うけど、もろもろあって、ヴィオレッタが身を引いて別れるけど、最終的にアルフレードが彼女のもとに戻り、再会するものの、病におかされたヴィオレッタが亡くなってしまう」話らしいです。

オペラって、とても上品そうですが、わりと下世話なお話も多いとのことです。時代がどれだけ移り変わっても、人というのは変わらないのですね、きっと。


ざっくりとしたあらすじを知ってから聴いてみると、イタリア語の歌詞はまったくわからないにも関わらず、ヴィオレッタとアルフレードの思いが伝わってくるから不思議。あらすじを読んでおく、これは、オペラ鑑賞をより楽しくするコツらしいです。


オペラを聴いた感想は、ひとことで言うと、すごい!!!
ヴィオレッタとアルフレードが歌うと、場の空気がふるえるのです。空気の振動がガンガン伝わってくる。その迫力たるや。音響が整ったホールで、椿姫の全幕を観てみたいと思ったのでした。

ところで。ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で上演されたオペラ作品が、映画館で観られるらしいです。オペラハウスやコンサートホールよりなじみがある映画館で、世界トップクラスのオペラが鑑賞できるというのですから、オペラデビューにいいかもしれません。


(レポーター:一條 亜紀枝)

※写真をクリックすると拡大します。


 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://odori.univnet.jp/subjects/trackback/231/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。


レポートUP
カテゴリ:【音楽】
定 員 :20人
参加対象:オペラを鑑賞したことがないかた、音楽が好きなかた、歌が好きなかた、一度はオペラを鑑賞してみたいなと思っていたかたなど