札幌オオドオリ大学

  1. Home
  2. ドリ大について
  3. 参加方法
  4. 授業・レポート
  5. 先生
  6. キャンパスガイド
  7. 支援サポーター

授業詳細

【芸術】

街で見つける『お~、あ~、へ~』-路上アート・ハンティング-

2017年02月19日(日) 14時30分 ~ 17時00分    教室:CLAHAS
  • 授業情報
  • レポート
  • フォトレポート
  • コメント・トラックバック
上記受付期間中、WEBフォームより抽選予約制で申し込みを受付いたします。抽選日は2月17日午後です
※抽選後にキャンセルが発生した場合は先着順で受付再開します。
※1回のお申し込みにつき、1名様のご入場となりますのでご了承ください。同じ方が同じ授業に2回申し込みは出来ません。
ドリ大と豊栄建設のコラボ授業第8弾。
教室は札幌駅前通りにオープンしたライフスタイル提案型ショップ「CLAHAS」。
この店内に先生をお迎えして、インタビューします。
キーワードは「北海道の暮らし」。道内で意欲的な取り組みをされている方をお招きし、道民ライフがちょっと豊かになるお話を伺います。

授業のテーマは「路上のアート」。
消火栓、ドアの取っ手、看板や張り紙、壁の汚れ...。町を歩いていると気になるモノがあります。
顔に見えたり、動物に見えたり、本来とは違うカタチに見えることはありませんか?
そんなものを集めて、アートとして鑑賞してみる授業です。
講師は「ミタテ」をテーマにアート・パフォーマンスをしている加賀城匡貴(かがじょう・まさき)さん。加賀城さんのお話をヒントに、路上アートのハンティングに出かけましょう。

この授業の模様は、毎週金曜日、午後6:00から放送中、
ドリ大とコラボレーションしている番組 hello! HOKKS の中でも放送されます。
ラジオでももう一度楽しんでください。


[授業のスケジュール]
2月19日(日)
14:00 受付開始
14:30 授業スタート~先生にインタビュー
○加賀城さんのプロフィール
今までの活動~展示やパフォーマンス
取材や制作について
○ミタテってどんなもの?
ミタテのタイプ
加賀城さんが見つけた路上アート
素材の見つけ方~鑑賞方法
○今までのワークショップ
小学生との活動~子供達のミタテ
のあとのフィールドワークについて

15:15 過ぎよりフィールドワーク
○外に出て、路上の素材を探してみよう
○エリアは駅前通りとチカホ
○スマホで写真を撮って、名前をつけてメールしてください

16:20 鑑賞会とディスカッション
○撮ってきた写真紹介と解説
○こんなものにも見えるかも?
○写真はドリ大HP、Facebookなどで公開

17:00 終了
(コーディネーター・柴田未江)

加賀城匡貴 / アーティスト

1975年札幌市生まれ。ボーンマス芸術大学映画&アニメーションコース出身。ステージパフォーマンス、写真、グラフィックなどで、ユーモアとアイデアにあふれた作品を発表。 高校時代、日本テレビ「欽ちゃんの仮装大賞」に出場するも不合格(審査員コメント「意外性があまりにも飛躍しすぎ」)。 海外留学・放浪、ラジオ番組制作を経て、1999年、アートプロジェクト「スケルツォ」をスタート。映像、音楽、ナレーションのセットでライブを行う。2012年、NHK Eテレにて「ミ・タ・テ」が放送される。同番組で、札幌ADC準グランプリ、東京TDC賞ノミネート。2013年、札幌市都市景観アドバイザー。2016年、500m美術館「ズレ展」に出展。 このほか、「おとどけアート」、「こどものための脳みそ遊び場」など、イベントやワークショップに取り組む。 著書に、「脳トレ! パッとブック(国語で脳トレ!、社会で脳トレ!、算数で脳トレ!、理科で脳トレ!)」(教育画劇)。

今回の教室:CLAHAS

住所:札幌市中央区 北3条西4丁目 日本生命札幌ビル2階
地図を見る

札幌駅前通り日本生命札幌ビル内のライフスタイル提案型ショップ

まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://odori.univnet.jp/subjects/trackback/304/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。


終了しました
カテゴリ:【芸術】
定 員 :15人
参加対象:アート、写真、まち歩きに興味のある方、お笑い、サブカルチャーが好きな方、北海道、札幌が好きな方