札幌オオドオリ大学

  1. Home
  2. ドリ大について
  3. 参加方法
  4. 授業・レポート
  5. 先生
  6. キャンパスガイド
  7. 支援サポーター

授業詳細

【アート】

本郷新の時間に触れる ―目・手・耳で創造する彫刻の世界

2018年03月31日(土) 10時30分 ~ 12時30分    教室:本郷新記念札幌彫刻美術館本館・記念館
  • 授業情報
  • レポート
  • フォトレポート
  • コメント・トラックバック
※1:本授業では参加には展覧会観覧券が必要です。一般300円、65歳以上250円、高大生200円
※2:参加者の皆様には視覚障がい者のガイド役をお願いいたします。
※3:本授業の抽選は2018年3月23日(金)に行います。(抽選予約受付は3月22日(木)24時までとなります。)

※4:抽選後、定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は2018年3月29日(木)20時まで先着順でお申し込みを受付いたします。
見えない世界を想像したことがありますか?

もっと言うと、目が見えないのにアート作品を鑑賞できるの?

それができるんです。「見える見えない」プロジェクトは、見える見えないに関わらず、声を大にしてみんなでワイワイと作品を鑑賞してみようという取り組みです。前回は、その一環としてアートを鑑賞する視覚障がい者と晴眼者(障害を感じない人)が、触れることのできない絵を一緒に鑑賞をする取り組みを行いました。絵の世界を言葉でつむぎだすことを通して、たくさんの気づきと会話の楽しさがあります。
今回は触れます。
…が、完成品の彫刻を触るだけでなく、一歩踏み込んで、彫刻家本郷新が使っていたアトリエで、素材や道具に触れながら(!)、作家のキャラクターやバックグラウンド、その哲学を体感します。

目、手、耳で本郷新を想像し、それぞれの物語をみんなで創造しましょう。

[授業スケジュール] 
10:00-受付開始(記念館にお越しください)

【第1部】本郷新を知る
10:30-11:15 場所:記念館
オリエンテーション
本郷新について&道具と素材にふれる時間です。

【第2部】作品にふれる、作品を見る
11:30-12:15 場所:本館
本館で開催中の展覧会「コレクション展 ふれる彫刻 手でみるアート」を自由に鑑賞します。

【おわりに】
時間:12:15-12:30
感想をみんなで自由におしゃべりする時間です。

(コーディネーター:冨田哲司)

本郷新記念札幌彫刻美術館 学芸員 山田のぞみ
公益社団法人札幌市視覚障害者福祉協会 小宮康生

主催:本郷新記念札幌彫刻美術館(札幌市芸術文化財団)、特定非営利活動法人札幌オオドオリ大学

今回の教室:本郷新記念札幌彫刻美術館本館・記念館

住所:〒064-0954 札幌市中央区宮の森4条12丁目   
お問い合わせ 011-642-5709

・地下鉄東西線「西28丁目駅」よりタクシーで約5分
・地下鉄東西線「西28丁目駅」2番出口バスターミナル2番のりばから
 ジェイ・アール北海道バス山の手線〈循環西20(神宮前先回り)〉乗車(約5分)、
 「彫刻美術館入口」下車、山方向に徒歩約10分 

地図を見る

札幌市中央区宮の森の閑静な住宅街のなかにある小さな美術館です。戦後日本を代表する札幌生まれの彫刻家・本郷新(1905-1980)の彫刻・絵画など1,800点余りの作品を所蔵しています。本館(設計:田上義也)では、さまざまな視点から本郷新の芸術を紹介するコレクション展や、彫刻に関する企画展を開催しています。隣接する記念館(設計:上遠野徹)は、かつて本郷新がアトリエ・ギャラリーとして建てた邸宅です。本郷新の彫刻・絵画作品のほか、全国各地に設置された本郷新の野外彫刻の石膏原型、制作道具や家具類を常設展示しており、かつての邸宅の雰囲気を味わいながら、本郷の彫刻とその制作の息吹にふれることができます。2階の窓からは札幌市街の眺望を楽しむことができます。

まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://odori.univnet.jp/subjects/trackback/323/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。


終了しました
カテゴリ:【アート】
定 員 :5人
参加対象:アート鑑賞が好きなかた、ちょっと深めたいかた、ユニバーサル、障害について考えているかた、サポートなど福祉分野に興味のあるかた